カテゴリー「 - 自転車 - 練習」の14件の記事

2020/09/22

★ZWIFT ソロライド - Watopia - Tour of Fire and Ice - Alpe du Zwift タイムアタック

今日は帰宅時頃から雨予報だったので、
MTB夜練はせずに帰宅。


代わりにZwift。
特に出たいイベントも無く、ワークアウトな気分でも無いのでソロライド。


コースはWatopiaの「TOUR OF FIRE AND ICE」(距離 : 25.5km 獲得標高 : 1,161m)
最後に"Alpe du Zwift"(距離 : 12km 平均勾配 : 8.5%) を登るコース。
Watopiatouroffireandice3 
前半 13kmは軽い登りもあり、ウォーミングアップとして走る。


で、"Alpe du Zwift"に突入。
FTP 258w超えを目途に走るものの、パワーはFTPあたりでうろうろ。
それでも垂れずにパワーを維持し、平均パワーは256w(3.8w/kg)
Watopiatouroffireandice2


タイムは7/31に記録した54:42を3:23縮める 自己ベストの 51:19
Watopiatouroffireandice1


目標としている50分切りの壁は超えられず・・・
(最近"越えられず・・・"が多い・・・。)


"Alpe du Zwift"のタイムを1.5倍すると、ほぼ"富士ヒルクライム"のタイムになるそうなので、
今の実力だと1時間17分程度なのかな?


| | コメント (0)

2020/09/19

★渋沢丘陵→足柄峠 往復→寄→三廻部

今日は足柄峠のタイムアタック。
ウォーミングアップは渋沢駅側から渋沢丘陵(距離 : 500m 平均勾配 : 15%)を登り、足柄峠を登ります。

"足柄峠"(距離 : 11km 獲得標高 : 700m 平均斜度 5% 最大斜度 15%)

登坂は基本、260w(3.8w/kg)程度で走るが、
平坦区間は3w/kg程度まで落ちる。

残り3kmあたりで、ずーーーーっとやっている道路工事があり、
交互通行用の信号に20秒程度引っかかる。

登って行くと、地蔵堂を超えた辺りから前を走っていた前走者(知らない人)が微妙に遅くなる。
タイミングを見ながら4.4w/kgで抜く。

自己ベスト 45分を4分程 短縮し、41分で登頂。

クリアなら40分代は狙える。
Dsc_1544

その後、静岡県 小山町へ降り、コンビニで補給。
途中にラピュタが入ってそうな雲。
Dsc_1545 Dsc_1546
足柄峠を静岡側から登り、神奈川の南足柄へ戻る。

峠の麓の「パンデオーロ」でパンを食べ、秦野に向けて走る。
パンデオーロのパンは美味い!
甘いパンも数種類あるので、エネルギー補給にも持って来い!
Dsc_1547 Dsc_1548
Dsc_1549 Dsc_1550

途中、松田町の寄を登り、ゴルフ場の間を抜ける高斜度区間を登り、
秦野に戻る。

ヤビツも足柄も自己ベストを更新したので、
確実に去年より速くなってる。

| | コメント (0)

2020/09/13

★足柄峠→明神・三国山→山中湖→明神・三国山→道の駅 山北→雨 直撃→帰宅

8/13に上り切れなかった"明神・三国峠"を再び目指します。
(8/13の記録は https://www.strava.com/activities/3905283848 )

ルートは前回同様
"足柄峠"(距離 : 11km 獲得標高 : 700m 平均斜度 5% 最大斜度 15%)

"明神・三国峠"(距離 : 6km 獲得標高 : 684m 平均斜度 10% 最大斜度 : 20%)

"山中湖"(ゴール 折り返し地点)
の、予定。

足柄峠では足を残すために230w(3.4w/kg)を越えない様に気を付けながら登る。
路面がウェットだったのだが、斜度のキツイ場所で立ち漕ぎをすると、
後輪がスリップして失速・・・。
あやうくコケそうになる。
Dsc_1531
補給として持参して来たアミノバイタル ガッツギア、かし原 羊羹、アミノ酸パウダーを摂る。

静岡側に抜ける道は濃い霧
Dsc_1532

足柄峠を越えて、小山町に入ったらコンビニで休憩。
軽くおにぎりを食べたりして体力回復。
(前回はノンストップ)
Dsc_1533
"ZONE"の青は薄いカルピスソーダ味

で、明神・三国峠
相変らず斜度 10%を越える坂が延々と続く。
足を休ませられるのは斜度が8~9%程度の部分しか無い。

18%以上の斜度も登場。
Dsc_1538
(帰りの下りにある斜度看板・・・。急過ぎやろ・・・)

しかも、急斜度でのウェット路面ではスリップするので立ち漕ぎ出来ない・・・。
しかし、
前回より足は十分に残っているのでシッティングで250w(3.7w/kg)程度を出しながら登る。
で、登り切る。

今回のホイールは「シャマル ウルトラ」にしたのだが、
「登るのが楽になったか?」
と、言うと、
「よく判らない。ただ、前回と同様にキツイ・・」
と、言う感想。

山中湖に向かい、
コンビニ飯を食べて、明神・三国峠を戻る。
Dsc_1536
コンビニでは山梨県産 シャインマスカットサンドとフルーツサンド。
他に、Wクリームパン、アクエリアス(1L)
持参のinバー プロテイン、アミノ酸パウダーを摂る。

途中、「道の駅 山北」に寄り、お土産を買う。
Dsc_1539
桜桃ジャムとブルーベリージャム。

その後、"渋沢丘陵"の渋沢駅へ抜ける側へ行こうとしたが、
"道の駅 山北"を出てしばらくしたら、普通に雨・・・。

そこから、最短距離で帰宅する。

後から、STRAVAを見ると、
明神・三国山を登る前だったんで、
パワー 抑え目に走ったつもりの足柄峠で自己ベストって・・・何故❔🤔
来週は足柄峠タイムアタックか‼️
Route_200916

| | コメント (0)

2020/08/17

★ヤビツ アタック

今日は2日酔いで完璧に寝坊・・・。
「ヤビツに行くのは平日のみ」
と決めているので、今日は絶好のヤビツ日和だったのに・・・。

と、昼過ぎまでダラダラ。
お腹の調子も悪く、どーしたものか・・・。

と、思っていましたが、
午後になると空が曇って来る。
気温は30℃前後だが、直射日光が無いだけマシな気がしてきて、
16:00発で、やっぱりヤビツに行く。
1

今回は自身最軽量ホイール「シャマル ウルトラ」に換装し、
ジャージは「グロータック セパレートワンピース」で出撃。
ドリンクは何時もの「アミノバリュー」を薄めないやつ。

菩提-戸川公園付近でウォーミングアップと戸川公園の登り(距離 : 2km 平均斜度 : 5%)で高パワーを出しておく。
(平均 267w 4w/kg 5min)
zwiftをやっていて、ウォーミングアップ時にある程度、高いパワーを出しておくと、
その後のイベントレース等で調子が良い。
逆に、高いパワーが出せなかったら、調子が悪いと判る事を知る。

その後、名古木交差点まではユルユル回復走ペースで走り、
ボトルは2本 持ってきたので、スタート前に1本は飲み切っておく。
これは、登坂途中での水分補給回数を抑えるため。

そして、スタート!
蓑毛までは気温が高く、30℃程度。
が、調子は悪くないしオーバーヒートもしなさそう。
パワーも登坂では250-270w(3.6-4.0w/kg)辺りが維持出来る。
信号も工事による片側交互通行にも引っかからず、ラッキー。

名古木から蓑毛までは4.4kmで平均斜度は5%。
ただし、緩斜度区間が多いので、
初っ端に平均斜度 8%程度で1km。
終盤に平均斜度 10%程度で1.5kmのキツメの登坂がある。

蓑毛を超えると気温が下がってくる。
ここから距離4kmで6%の登坂になる。
パワー維持に集中して走る。
ここでもへばらない。

菜の花台を超えると、もうすぐゴール感があるが、
実際はここから3km程度あるので、集中。
平均斜度は6%なので、地味にキツイが足は緩めない。
ここから道幅が狭い区間が多いので、対向車に注意。
必ず左端に寄る。

ここまで来ると、さすがに疲れてくるが"気合"で走る。
ラスト1kmは300w前後で走る。

タイムは40:51。
昨年、9月に走った際のタイム 44:35 を 3:44 上回る自己ベスト!

さらには、28歳時に出した自己ベスト、42:22を13年振りに更新。

秋に再度挑戦だ!

 

| | コメント (0)

2020/08/15

★箱根旧道→大観山→箱根旧道→やまゆりライン(広域農道)→震生湖

「たまには、走った事の無い道を走ろう!」企画 第2弾
箱根旧道を登る。

狙いは、
"箱根旧道"(距離 : 10km 獲得標高 : 700m 平均斜度 6% 最大斜度 23%)

先日の"明神・三国峠"完走出来ず・・・。
の、教訓を生かし事前に調べる。

"カーブで10%を越える登坂があるが、それ以外は最大でも10%程度"
なルート。

実際、そんな感じ。
Photo_20200821221401

スタートは箱根湯本駅 付近の"さんまいはし"
Dsc_1456

スタート地点の段階で、20km程度 走っているので、"かし原 羊羹"と"アミノガッツ"を補給。

スタートから4kmは平均斜度 5%。
途中で平坦や下りもある。
スタートしてから直ぐにコンビニがあるのだが、6:00頃は開店していない・・。
道幅はあまり広くなく、車同士がすれ違う場合は気を遣う区間。
温泉街なので、人も居る。

最初の区間は左側に箱根新道の"須雲川IC"、
右側に"ホテルはつはな"の所まで。

ここから6km程度、平均斜度 10%程度の坂になる。

"須雲川IC"から、割と早々に左カーブ内側で斜度 20%のカーブがある。
大きい鳥居が目印("大天狗山神社")
Dsc_1469
斜度が緩くなる、センターライン付近を走りたい所ですが、
距離が短いので立ち漕ぎで乗り切る。
実際、帰りに鳥居の写真を撮るために、ここで停止していたのですが、
後ろに車が来ているのに、センターライン付近を走る自転車が2台いて、
クラクション鳴らされまくり・・・。
しかも、自転車はシッティングのままで、やる気が無いか実力不足。

これは、自転車も車も今年の6月に施行された"あおり運転罪"に該当するので注意。

<通行区分違反>
 歩車道の区別のある道路では車道を通行しなければならない。また、自転車は車道の左側端に寄って通行しなければならない。

その後、"七曲り"が登場しますが、
カーブは斜度が10%を越え、ストレート部は斜度 10%程度なので、
カーブを立ち漕ぎでやり過ごします。

"七曲り"が終わってから、カーブが少ないだけで2.5km程度 登坂は続きます。

登坂が終わっても"登り切った感"のある目印は無く、芦ノ湖まで下ります。

箱根旧道の完走目的だったため、登坂はフルインナーが大半でリアのロー側 3枚を多用。(30T)
斜度が10%を超える区間が短いのでダンシング(立ち漕ぎ)で乗り切る。

ずーーーーーーーーっと登り続ける訳ではないので、
斜度が緩くなる部分で休める人は休めます。

"7曲り"は直線部が斜度 10%程度。
カーブが左の場合は斜度が20%前後。
カーブは入る前から立ち漕ぎを推奨。

全体的に10%を越える斜度がずーーーーっと続かないので、走りにくくは無い。

旧道を超えると、芦ノ湖に到着。
最初は無視。

大観山に向かい。3-6%の斜度を5km登る。
生活道路では無いので、路面はそこまで良くは無い。
Dsc_1460

空がクリアであれば山頂の大観山で富士山が見える。
Dsc_1458

頂上の大観山でホットドッグを食べる。
20200815_074817192
8:00位だと、ラーメンやアイスのお店は開店していない。

車とバイクは、この時間でも一杯います。

食べたら芦ノ湖に戻り、写真を撮る。
Dsc_1466 Dsc_1461
Dsc_1465 Dsc_1463
来た道を戻って、箱根旧道で小田原に戻り、
コンビニで休憩し、"湘南ゴールドエナジー"やおにぎり、水、ドリンクを補給。
Dsc_1470
それから登坂があるものの、広域農道やまゆりライン経由で秦野に戻る。
Dsc_1471

箱根は"車が多い"と思っていたので敬遠していたのですが、
早朝であれば問題無し。

キツさも適度が良いので、良いコース

| | コメント (0)

2020/08/13

★足柄峠→明神・三国峠(*DNF)→丹沢湖→渋沢丘陵

「たまには、走った事の無い道を走ろう!」企画
5:10発で山中湖を目指します。

と、言っても「なるべく楽に」と言う考えは無く、
ルートは
"足柄峠"(距離 : 11km 獲得標高 : 700m 平均斜度 5% 最大斜度 15%)

"明神・三国峠"(距離 : 6km 獲得標高 : 684m 平均斜度 10% 最大斜度 : 20%)

"山中湖"(ゴール 折り返し地点)
の、予定。

"足柄峠"は何度も走っているので、サクサク登る・・・。
訳には行かず、斜度が11%を越えると鉄下駄ホイールではケイデンスが維持出来ない・・・。

ただ、タイムアタックでは無いので3w/kg程度で登り、
頂上で富士山をGET!
Dsc_1444 Dsc_1443
そのまま、御殿場線の足柄駅(静岡県)方面に下る。

そして問題の"明神・三国峠"
事前調査無しで、突っ込むべき峠では無いな・・・。

最初から斜度 10%を越える坂が延々と続く。
登り側には斜度看板があまり無いのだが、
下り側には斜度看板がたくさんあり、
13%,15%,18%・・・・と、
「ふざけんな!」級の斜度が続いていた事がわかる。
(サイコンに斜度が出ますが、途中で見るのをやめる・・・)

足を休められそうなのは、斜度 8%区間位で、
8%が緩い坂に見えてしまう「箱根ヒルクライム」現象を久々に味わう。

結局、残り1.5km位の地点で足が回らなくなりギブアップ。
今度、ここを登る時は自身最軽量の「シャマル ウルトラ」にしよう。
あとは、登る前に休憩しよう。

その後、結局 休憩もせずに丹沢湖に向かう。
Dsc_1445 Dsc_1446

右半分をクルッと回って、
「道の駅 山北」で休憩と昼食。
Dsc_1447Dsc_1449
Dsc_1448

丹沢湖の登坂(斜度 7%)は低パワーながら登りきる。
"明神・三国峠"から"丹沢湖"麓までの平坦区間で足は少し復活していた模様。

その後、R246をそのまま戻らず、"渋沢丘陵"の渋沢駅へ抜ける側を軽く登って帰宅。

久々に100km越え。
Photo_20200821221201

あと、急斜度を走って思い出したのが、
「鉄下駄ホイールだと斜度 11%を越えるとインナーローでもケイデンス 80rpm以上が維持できない」
事を思い出す。
急斜度の時はケイデンス60rpm以下まで落ちたので、
急斜度練でパワー上げと斜度への慣れを実施しないと!

| | コメント (0)

2020/02/24

★ヒルクライム 練習コース -2 弘法山(表) @秦野

秦野のヒルクライム練習はヤビツ峠では無い。

 

平日の仕事終わりに秦野で練習できるルートを紹介します。
仕事終わりの"夜練"のため、キャットアイのライト「Volt 800」が2台 以上の照度が必須です。

 

2回目は「弘法山(表)」

 

距離 : 1.4km
平均斜度 : 6%
獲得標高 : 80m

と、初心者向けに見える。

が、最初に10~14%程度の急斜面が登場し、それが300m程度続く。

この後の斜度は4%程度まで落ちるので、際序盤が踏ん張りどころです。

路面状況は大体 良いのですが、アスファルトの施工が良くないのか、ビックリする程 急に凸凹が登場するので注意が必要です。

頂上に駐車場があり、昼間だと登山客が道路を横断している事が多いので注意。

R246側がスタートの場合、そのまま(裏)まで抜けきってから再び戻って来るのが、ヤビツ向けのウォーミングアップとしては丁度良い。

| | コメント (0)

2019/07/03

★ヒルクライム 練習コース -1 弘法山(裏) @秦野

秦野のヒルクライム練習はヤビツ峠では無い。

平日の仕事終わりに秦野で練習できるルートを紹介します。
仕事終わりの"夜練"のため、キャットアイのライト「Volt 800」が2台 以上の照度が必須です。

1回目は「弘法山(裏)」

R246側を"表"とし、平塚側を"裏"としました。

Photo_20190703221101

距離は5.2km
獲得標高は238m
緩斜度区間が多いものの、10%超えの急斜度が散見されるコース。

車はあまり通りませんが、抜け道として常用している人がそこそこ居るので、
車とは必ず遭遇します。

上図の"2"の辺りから10~14%程度の斜度、その後右ヘアピンで10%程度、"4"の手前で10~15%程度の斜度があり、
どれも数100m程度の距離しか無いものの、急激に斜度が変化するので要注意。

ただ、坂の斜度がキツイとは言え、長くても500m程度なので急斜度に慣れていなくても何とかなるコース。
ただ、10%超えの登坂をあまり走らない人にとってはトルク不足に陥るレベル。

"4"~"5"の区間は下りですが、路面は極端に酷い凹凸が突然 現れるので気を抜かずに・・・。

特に、最後の4.5km付近から500m続く、「めん羊の里」登坂は15%前後あるので、
自転車に乗りながらの筋トレには持って来い。

| | コメント (0)

2018/07/15

★秦野ライド 戸川公園-白泉寺-ヤビツ峠

Temporary_file2043317614767608215今日は、7/29に開催される「東京ヒルクライムOKUTAMA」での走行ペースおよび自身の実力を見るために、

かなり久々に「ヤビツ峠」のタイムアタックを敢行しました。

8:30に国道246号の名古木をスタート!!

もう暑いです。

蓑毛まではほぼ日陰の無い坂なのは当然の事ながら、蓑毛通過後も日陰はあるのですが、体感気温は変化無し・・・。

途中、途中でボトルの水を頭と首に掛けながらの走行で、

結局、満タンだったボトル1本(500ml)は全て水掛に使用。


タイムは名古木~ヤビツ峠 山頂までで46分・・・。(サイコンは先週の走行で紛失したので、Stravaの走行データから)

ん~、手元の時計ではもっと早かったんですが、良く分かりません。
(8:31発で9:11着だったハズなのに・・・。)

 

 

 

ま、取り合えずサイコンを買って、もう少し涼しい9月か10月に再計測してみよう。

また、ヤビツに行く前にウォーミングUPとして、戸川公園、菩提付近を走行。

ヤビツ後も再び菩提を上って、戸川公園まで行って帰宅。

 

戸川公園もちょっとしたヒルクライム(距離 : 2km 平均斜度 : 4.5%)になっており、
ここもタイムアタックして5分11秒でした。

総走行距離は61.7km
獲得標高は1,701mでした。

暑いねι(´Д`υ)アセアセ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/08

★蓑毛(ヤビツ峠 入口)→宮ケ瀬湖→半原超え 神奈川県

今日は「クリテリウムとは何か?」を探しに「宮ケ瀬クリテリウム」の会場となる宮ケ瀬湖へ向かいました。

 

ヤビツ峠を越えて裏ヤビツを下るルートが一番近いと思い、

 

ヤビツを登り始めましたが、蓑毛にある電光掲示板で

 

「塩水橋より先 通行止め」

 

と表示されており、裏ヤビツはまだ通行止めの様。

今日の目的は宮ケ瀬なので蓑毛で折り返し、国道246号に向かう。

が、途中の凸凹でサイクルコンピューターが吹き飛ぶo(;△;)o

 

 

行ったり来たりしながら周辺を探すが、見つからず・・・。

 

ま、10年も前に買った物で、ステーもガタガタだったので致し方無いか・・・。

で、そのまま善波トンネルを超えて宮ケ瀬に向かう。

今回のルートは下図の様な感じ。

Pbstwimgcom_media_dhjt1swuyaa0bvv

伊勢原市から宮ケ瀬に向かい、

宮ケ瀬クリテリウムを観戦。

その後、オギノパンで昼食。

昼食後、半原超えで宮ケ瀬側に戻る。

というルートです。

その他に宮ケ瀬付近にある「あいかわ公園」にも寄り道し、獲得標高を稼いでます。









で、「宮ケ瀬クリテリウム」

「クリテリウムって楽しいのかな?」と思い、調査のために観戦です。

・・・ピュアビギナークラスでもこんなに速いんかい!━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

コースは短いのですが、急な登りと下りも組み込まれており、

 

スプリント状態で走り切るのは大変そうです。

心が折れかけている人も散見されます・・・

Dsc_0001

 

Dsc_0002

 

Dsc_0003

 

Dsc_0020

 

Dsc_0021











































































ちょっとクリテリウムは出なくて良いかな~。

ピュアビギナークラスだけ見て、オギノパンへ移動。

Dsc_0005

クラウンメロン(メロンクリームパン) 左下

焼きそばパン 右下

ハムステーキパン 上

を購入し、そのままテラス席で完食!










で、次は戻るために「半原超え」えです。


5kmで平均斜度は6%ですが、後半2kmは平均斜度 10%を超える坂です。

路面状況は悪く、砂、小石、石、岩のかけら、小枝、枝と、色々落ちています。
下りは飛ばせません・・・。

あと、景色の変化に乏しく、看板等があったりすると「頂上かな?」
と、思ってしまいがちだが坂はなかなか終わらない、
地味にキツイ。
半原超えは国道412号から頂上まで23min程度でした。

と、思いながらも半原超えし、宮ケ瀬湖の麓に戻ります。

今日の走行距離は89km。
獲得標高は2,247mでした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

- 自転車 - 自転車 - イベント - 自転車 - メンテ・改造 - 自転車 - レース(ヒルクライム) - 自転車 - 練習 - 自転車 -- ZWIFT - 自転車 -- ZWIFT - イベント - 自転車 -- ZWIFT - グループライド - 自転車 -- ZWIFT - ミートアップ - 自転車 -- ZWIFT - レース - 自転車 -- ZWIFT - ワークアウト - 自転車 -- ちゃり飯 - 自転車 -- ちゃり飯 - 500円以下 - 自転車 -- ちゃり飯 - 750円以下 - 自転車 -- ちゃり飯 - カレー - 自転車 -- ちゃり飯 - ファミレス - 自転車 -- ちゃり飯 - ファーストフード - 自転車 -- ちゃり飯 - 丼 - 自転車 -- ちゃり飯 - 番外編 - 自転車 -- ちゃり飯 - 麺類 - 自転車 -- ちゃり飲 - 自転車 -- ちゃり飲 - サプリ - 自転車 -- ちゃり飲 - ドリンク -- ラリーカー -- ラリーカー - BMW -- ラリーカー - MG -- ラリーカー - アウディ -- ラリーカー - アルファ ロメオ -- ラリーカー - オペル -- ラリーカー - シトロエン -- ラリーカー - シュコダ -- ラリーカー - スズキ -- ラリーカー - スバル -- ラリーカー - セアト -- ラリーカー - ダイハツ -- ラリーカー - トヨタ -- ラリーカー - ニッサン -- ラリーカー - ヒュンダイ -- ラリーカー - フィアット -- ラリーカー - フォルクス ワーゲン -- ラリーカー - フォード -- ラリーカー - プジョー -- ラリーカー - プロトン -- ラリーカー - ポルシェ -- ラリーカー - マツダ -- ラリーカー - ミツビシ -- ラリーカー - ミニ -- ラリーカー - ランチア -- ラリーカー - ルノー -- ラリーカー -- F2 キットカー -- ラリーカー -- S1600 -- ラリーカー -- S2000 -- ラリーカー -- その他 -- ラリーカー -- グループ4 -- ラリーカー -- グループA -- ラリーカー -- グループB -- ラリーカー -- グループR -- ラリーカー -- ワールドラリーカー -- ラリーカー ---ラリー ベース車候補 --- 出張 --- 自動車 --- 食事 --- 食事 - ラーメン --- 食事 - 手料理 ---- その他 ---- パソコン ----- ポイント小遣い ----- ポイント小遣い -- AMAZON ----- ポイント小遣い -- 現金 ----- ポイント小遣い -- Tポイント ----- 列車・電車・汽車 ----- 安スマ ----- 安スマ - docomo通信