カテゴリー「 - 自転車 - イベント」の17件の記事

ヒルクライム レースやロングライド、スタンプラリー等のイベント参加

2022/10/05

🌟箱根ヒルクライム 2022 (2年振り 4回目)

去年は仕事で海外出張に行っていたため参加できなかった、
「箱根ヒルクライム」
に参戦。

前日受付はいつも通り"ヒルトン 小田原"
ホテルに行きつくまでに結構 登るので車で行く。
立地的に熱海方面に抜ける道を通るので、
なかなかの渋滞😅
Dsc_0013

駐車場は激込みだったが何とか停めて受付を行う。
参加賞は小さいタオルとゴールの大観山で使える300円のクーポン。
サイクルキャップの"サイクロン"さんが出店していたので、
青くて猫なキャップを買う。
Dsc_0016
受付会場を出ると、何やら募金活動をやっていたので少し協力。

ヒルクライムは自動車専用道の「箱根ターンパイク」で今年も道路を閉鎖し、
年1回限りのタイムアタック。
距離は13.8km
平均斜度は7.2%ですが、
10kmまでの平均斜度が9%。
実際は8-10%の斜度。
10~11.5kmは下りと平坦。

その後、斜度 10%で800m登り、500mほど加速用の下りがあり、
ゴール付近は斜度 5-8%で300mの登坂スプリント。

ゴールが左車線から右車線に変更になったため、
最後の登りが今までより少し急になった。

スタート地点からモリモリ登ります。
Dsc_0018

体重は去年より6kgも重い72kg程度と、
過去、最高に重い。
体脂肪率は13%程度と、
怠慢しすぎて絞りきれていない状態。

ヘルメットはOGKカブトの"エアロ R2"
アイウェアはティフォージの"RAIL"(フレームレス)
ジャージは"NICO-OZ"
で参戦。
Aeror2 Rail

Ihg086

ドリンクはアミノバリューを薄めず、
スタート前に500mlは飲んでおき、
走行中の給水を最小限にする。

山頂荷物を預けてボーッとしていると
Twitter繋がりのBASSさんを発見し、
声を掛ける。
骨折で長らくレースに出ていらっしゃらなかったが、
いよいよ復活の様だ。

キャラヒル クラス(コスプレして走るクラス)もあり、
ムキムキ 女装 うま娘レイヤーが多数。
人の多様性は奥深く、やり切る感が尊敬できる。

リアル ドラえもん も居たし、
何のコスプレなのか良く分からない全身タイツも居る。

スタート地点へ自転車を移動している時に気付いたが、
サドルバック(携帯工具、チューブ、クリートカバー、パンク修理キット、ファーストリスポーン入り)と携帯空気入れを外し忘れている・・・。
体重が重い上に+2kg 上乗せ😅

ま、どーしよーも無いので気にせずスタート❗

パワーは260w(3.6w/kg)を目途に維持。

一昨年はリア27tで260wが出せたが、
今年は30tで260wが出てしまう位、ペダルが重く、
同じパワーでもスピードは10km/h付近と遅くなっており、
重くなった事を実感。

前述のBASSさんも5分遅れスタートなのに、
23分(3.5km付近?)位に抜かれてしまう。
*BASSさんの車載動画
(動画の左側を走っているのが私です)

登坂区間 (0-10km)の平均速度は11.3km/h
パワーは248w(3.4w/kg)。

パワー自体は一昨年と同等だが重くなったのでパワーウェイトレシオは-0.4w/kg 低下しており、
速度は-2km/hも遅くなり、重さの重要性を知る。

その後の平坦区間はアウターで飛ばす。

ゴール付近は動画があって、
ウォークライド公式動画 ゴール手前

の一番左で疾走。

ゴール付近はスプリント(720w 10w/kg)してゴール😃
ゴール動画も公式であります

時間は1h1mと一昨年 +8mと、
当然ながら不甲斐ない結果。
順位は77位/189人

富士ヒルクライム後に気が抜けてサボり過ぎました😖

中間地点での死にかけ状態の写真(by @yuki_asato)
Dsc_8539

でも、ゴール地点では復活👍(by @Taguchi_oto)
Dsc0627

この悔しさを忘れずに、
来年にむけてコツコツ ですね😃

ゴール会場では富士山がクッキリ🗻
Dsc_0021

ゴール会場では"ダム トラックス カフェ"で300円クーポンを使い、
チーズドッグ ドリンク ラージとフライドポテトで昼食。
Dsc_0023
昼食中にNICO-OZの人からオーストラリア土産を頂き、
NICO-OZの"むー"さんとリアルミートアップ😀

その後、表彰式会場で
YoutuberでTwitterでフォローしているEMUのにんにんさん(30代 優勝😄)、
レイヤーでTwitterでフォローしている美架さん(スパイファミリーのヨルさんコスプレで走って最高に奇麗でした)に声掛けする。

他に、Twitterでフォローしているしろたえさんを見る。

写真より現実の方がみなさんカッコ良く奇麗。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2022/06/13

🌟Mt. 富士ヒルクライム 2022 (2年連続 6回目)

去年に引き続き、
今年、最初のヒルクライムレース「Mt.富士ヒルクライム」に参戦しました。(6/12 開催)
去年、参加出来たヒルクライムレースは「富士ヒルクライム」のみなので、
1年のトレーニング成果が確認出来ます。

去年のブログはこちら
http://se555.cocolog-nifty.com/blog/2021/06/post-471396.html

今年は何を血迷ったかゴールド狙いの人が多い6:40スタートの第3グループで申し込む。
6/10の時点で体重は昨年と同じ69kg。

前日(6/11)はサイクルエキスポが開催されており、
飲食店は無いものの、去年より物販が増えている。
ピナレロ ブースで次期チャリ候補の"プリンス FX ディスク"を持ってみる。
が、そこまで軽くは無い。
ホイールがディープ アルミのせいかな?
Fujihc1
他にオンヨネのバックポケット付きTシャツ(3,000円)とカルノパワー 5日分(500円)を購入。
Fujihc2

参加受付を行い参加賞を受け取る。
Fujihc3
パラチノース、AZチェーンルブ、ネックゲイター、吉田うどん
パラチノースはレース中用ドリンクに入れる。

雨で試乗の出来なかったので、
山頂荷物を預けたら駐車場で昼飯のおにぎり5個を食べて早々にホテルへ向かう。

夕飯は"なか卯"
Fujihc4
親子丼 大盛(738kcal, たんぱく質 : 30.6g, 脂質 : 12.4g, 炭水化物 : 120.9g) - 550円、
はいから うどん 並(319kcal, たんぱく質 : 8.1g, 脂質 : 7.2g, 炭水化物 : 55.6g) - 290円、
京風つけもの(7kcal, たんぱく質 : 0.6g, 脂質 : 0g, 炭水化物 : 1.4g) - 80円 
で、低脂質、高炭水化物なカーボローディング。

帰りにマックスバリューやセブンイレブンに寄って、
明日の朝食を買いあさる。

21:00に就寝。

今年は5/30より禁酒。
木曜(6/9)まではいつも通りトレーニングを行い、
金・土(6/10,11)はフルレストとカーボローディングを実施。
土曜の夜に「カルノパワー」を摂取。

そして当日。
3:00に目覚ましで起き、
前日に買ったイオンの生カップうどん(電子レンジ調理)と、
セブンイレブンで買ったおにぎり4個。
ザバス ミルクプロテインを食べて4:00過ぎにホテルを出発。
駐車場に向かうまでは雨。

ジャージ、ビブ、インナー、アームウォーマー、レッグウォーマーを装着。

シチズン時計の駐車場に車を停めて、
富士スバルライン料金所付近までウォーミングアップで走り、
一旦、車に戻る
雨はやむ。

車に戻ったらレッグウォーマーと反応してくれない心拍計を外して、
ガッツギアゼリー、カルノパワー、アミノ酸パウダーを食べてスタートに向かう。

スタート会場でトイレに寄り、
スタート時刻である6:40から少し遅れてスタート。
計測開始地点まで人が一杯だったので遅れの影響は無さそう。

計測開始地点からパワーを上げて走行開始。
トレインはうすうす感じていたがゴールド狙いなのか速くて付いて行けない😭

これ以降は何回か追いついて来た速い人やトレインにくっつこうとするものの、
みなさん速くて付いて行けない😶

目標ペースは20kmまで1km/3分を目途に走ろうとしたが、
そんなに速くは走れず。

大体、単独走だったのでパワーメーターをチラ見しながら、

登坂でも緩斜度でも怠けない様に気を付ける。

登坂でも"距離が短い"もしくは"斜度 4%程度"と判断したらフロント アウターで踏み抜く。

第3ウェーブでのメリットは渋滞が発生しない事。
但し、後方確認 無しで進路を変える人は多いので注意は必要。

キツメの斜度が無いので、ひたすら踏み踏み。

4合目あたりで足に力が入りにくくなり限界っぽい感じになって来る。
20km地点で1時間7分程度とシルバー目途の1時間4分には届かず。
ゴールまでの緩斜度区間では少しトレインに入るが、
足は限界に近く、終盤の登坂でパワーがFTP程度までしか上げられない😖

ゴール登坂もスプリント出来るパワーは残っていなく、
フロントアウターのまま必死に登ってゴール👍

時間は1時間17分11秒
クラス順位 : 153位 / 984人(上位 : 16%)
総合順位 : 972位 / 6,617人(上位 : 14.7%)

去年より2分56秒 短縮。
通算5個目のブロンズ🥉

遂に20代に記録した自己ベスト1時間18分を越えたけど、
シルバーには届かなかった😭
でも、40代になってもトレーニングすれば速くなる😃
継続は力なり。

区間毎の時間、速度、パワーウェイトレシオは以下の通り(去年比)
料金所~1合目(距離 : 4.6km 平均斜度 : 6.8%)
: 時間 : 18m4s(-1m23s), 平均速度 :15.4 km/h(+1.1km/h), 平均パワー 3.65w/kg(+16w)

1合目~2合目(距離 : 3.4km 平均斜度 : 5.4%)
: 時間 : 11m12s(-43s), 平均速度 : 18.4km/h(+1.1km/h), 平均パワー 3.55w/kg(+15w)

2合目~3合目(距離 : 3.7km 平均斜度 : 5.2%)
: 時間 : 11m59s(-32s), 平均速度 : 18.5km/h(+0.7km/h), 平均パワー 3.5w/kg(+8w)

3合目~4合目(距離 : 5km 平均斜度 : 4.9%)
: 時間 : 15m49s(-35s), 平均速度 : 19.1km/h(+0.9km/h), 平均パワー 3.43w/kg(+5w)

4合目~ゴール(距離 : 6.7km 平均斜度 : 5.3%)
: 時間 : 19m37s(+43s), 平均速度 : 20.6km/h(-0.8km/h), 平均パワー 3.5w/kg(+7w)

全平均速度 : 18.7km/h(+0.6km/h)
全平均パワー : 3.5w/kg(去年より+0.2w/kg)
実際のパワーだと平均+10w程度。
4合目~ゴール区間は風が強かったせいか、平均パワーは高いのにスピードは伸びず40秒以上遅くなってる。

5合目は寒いので写真を撮ってプロテインバーを食べて下山。
Fujihc5

下山装備は
上りのアームウォーマーに加え、
モンベル 上下レインコート
冬用 長袖ジャージ、ロングビブ
イヤーウォーマー
サイクロン サイクルキャップ
冬用ソックス
冬用グローブ
ネックゲイター
で万全。

登り中は気にならなかったが、下りで腰が痛い。

来年こそは銀🥈
YouTubeで自分の映っている動画を探したら、発見!

右側から単独で登場。
抜くときに後方確認してる人。

スタートは第4ウェーブ以降にしよう。

帰りは11:00頃にお土産を買おうと"道の駅 富士吉田"に寄ろうとするが、
駐車場が満杯で停まれなかったのでスルー。
昼前なのに人 多すぎだろ。

明神三国峠を下って帰宅。

次戦、10月の"箱根ヒルクライム"では50分切りが目標。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2022/01/31

★ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー2022 Part.2

去年はコロナ禍で開催されていなかったと思われる、
ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」に参加。

今回は、いつもの実スタンプを台紙に押して集めるのでは無く、
スマホアプリを使ってデジタル スタンプラリー形式になりました。

何時もは1日でやりきるのですが、
今回は2週に分けて実施。

前の週のPart.1はこちら

2週目の1/31は厚木・清川・愛川を走ります。


今日もマッタリ 11:30位に家を出る。
ジャージは先週と同様
MONTON ウィンタージャージ(長袖・フリース素材・青)
MONTON 冬用フリースビブタイツ
を着用。
冬用グローブ、サイクルキャップ、シューズカバー、厚手ソックス、厚手インナーも着用。
(イヤーウォーマーとウィンドブレーカは無し)

まずは、「七沢森林公園」を目指し、善波を越えて伊勢原も越えて走る
1h程度走ったら「七沢森林公園」に到着。
厚木市のデジタルスタンプをゲット。

そこから宮ケ瀬方面に走り、
清川村の「道の駅 清川」に到着。
Dsc_0308
デジタルスタンプは2階の休憩所にある。
パウンドケーキと湘南ゴールドエナジーを食べて出発。

次は「あいかわ公園」へ。
"土山峠"を越えて宮ケ瀬湖の清川村側を愛川町方向へ抜け、
"服部牧場"前を走ってあいかわ公園に到着。
デジタルスタンプはパークセンターにあり。
ここでスタンプラリーが完了し、ステンレス タンブラーをゲット。

帰りは来た道を戻ろうとも思ったが、
ここまで来たら「半原超え」(距離 : 4km, 平均斜度 : 6.1%)を越えよう。
Dsc_0011
私は基本、青い。

"半原越え"は終盤 2kmが斜度10%を越える登坂で良い筋トレになる。
道は自分が登った中では一番 キレイでゴミも少なく湿ってもいない状態。

登ったらベンチにスマホを置いて自撮りして清川村方面へ下る。

七沢温泉から薬師林道へ入り、伊勢原市まで戻る。

後は善波を越えて秦野市に戻り、水無川沿いを走って帰宅。

先週程、腰は痛くないが念のためトクホン張り張り👍

| | | コメント (0)

2022/01/23

★ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー2022 Part.1

去年はコロナ禍で開催されていなかったと思われる、
ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」に参加。

今回は、いつもの実スタンプを台紙に押して集めるのでは無く、
スマホアプリを使ってデジタル スタンプラリー形式になりました。

何時もは1日でやりきるのですが、
今回は2週に分けて実施。

1週目の1/23は秦野・伊勢原を走ります。


マッタリ、 12:30位に家を出る。
ジャージは乗っていない間に購入した、
MONTON ウィンタージャージ(長袖・フリース素材・青)
MONTON 冬用フリースビブタイツ
を着用。
冬用グローブ、イヤーウォーマー、サイクルキャップ、シューズカバー、ウィンドブレーカも着用。

Dsc_0301
まずは、いつも通り戸川公園へ。
3w/kg程度で走る。

公園内は寒いからか登山客も少なく、閑散としている。
公園内のビジターセンターの入り口にデジタルスタンプあり。
ただ、スタンプを撮っても認識せず、
スマホを再起動して再度、撮影したら認識。

公園を下って菩提方向へ走り、
今度はヤビツ峠。
Dsc_0302
蓑毛まではネックゲーターで口元を覆い、
それ以降は口元からズラして走行。
ヤビツも全域で3w/kgで走行。

登っている最中は足先の感覚が無くなっていく・・・。

Dsc_0304
頂上にあるレストハウス内にデジタルスタンプ有り。
相変らずスマホ再起動をしないとスタンプを認識しない。

Dsc_0305
レストハウスでヤビツ焙煎コーヒーを飲む。
コーヒーは何時もならブラックだが、
糖分補給も兼ねてスティックシュガーとフレッシュを入れて飲む。
日替わりっぽいロールケーキも売っていたのでケチらず食べれば良かった😥

下りはやっぱり寒く、
菜の花台にたどり着く前に指先が冷たくなりすぎて一旦 停止。
ちょっと休んだら一気に蓑毛まで下る。
下がれば下がるほど気温は上がるので走りやすくなる。

蓑毛で"MAX COFFEE"を買い、
缶を両手で掴み、ひたすら感覚が戻って来るのを待つ。

感覚が大体 戻ってきたら下って善波を登り伊勢原市へ。

善波を下っって左折し「いせはら塔の山緑地公園」へ登る。
この登りは斜度10%を越える坂がある。

そして「三ノ宮比々多神社」へ到着。
境内内にデジタルスタンプがあるので自転車は外の駐車場へ停める。
人はまばらに居て、御守り売り場もある。

その後、「日向薬師」へ向かおうとするものの、
16:00を過ぎていたので、折り返して帰宅。

久々過ぎる実走で力の入れ方がオカシイのか、
帰ってから腰が痛い😫

風呂に入ってから腰に"トクホン"張り張り🤩

| | | コメント (0)

2021/06/13

★静岡県 小山町 OYAMA2020 Webスタンプラリー

今日は静岡県小山町でしれっと開催されている
「OYAMA 2020 Web スタンプラリー」
に行ってきました🤗
https://oyama2020.jp/

小山町内の10カ所に設置されているQRコードをスマホで読み込み、
Web上でスタンプを集めます。

チェックポイントが走った事の無い箇所が多かったので、
前日に"Ride with GPS"でルートを描いて、
サイコン"Wahoo Element Bolt"に転送しておきます。

ホイールは鉄下駄(Most CHALL クリンチャー)

まずは小山町へ移動。

とりあえず足柄峠を越えます。
パワーを抑えて3w/kg(FTP 80%)程度で登り、
消耗を抑えます。

小山町に着いたらサイコン ルートナビを起動。
始めて使いましたが、
ルートがきちんと描かれていれば結構 正確に案内してくれます。
「○○交差点を右折」とか
「左折まで○○m」とか割と親切😁

ルートは
1.JR 足柄駅

2.小山町総合文化会館

3.道の駅 ふじおやま

4.花のおもてなし観戦ポイント

5.富士スピードウェイ 西ゲート

6.道の駅 すばしり

7.富士浅間神社

8.豊門公園

9.小山町役場本庁舎

10.駿河小山駅前交流センター

足柄峠の下りから富士山が奇麗に見えており、
小山町に入ってからは、何処に居ても富士山が見える🏞
何か見守られている様でいい気分。

1.JR足柄駅
Oyama20201
洒落た作りの建物。
が、何かある訳でもなく休憩所と閉まった観光案内所がある。
バイクラック有り。
QRは休憩所の中に設置されている。
駅前にデイリーヤマザキがある。

スタンプを押したら、
デイリーの脇の道を西に向けて走る。
登ったり下ったりな道で交通量が少なく爽快。
ルートはサイコンのルートナビにお任せ。
ただ、お腹が空いて来たので補給しようと店を探すが何もない・・・。
スマホで店を探してR246沿いにある「セブンイレブン駿東小山町菅沼店」で昼飯。
"オマールソースの小海老トマトクリームパスタ(560kcal)"
"おにぎり 鮭、ツナマヨ(433kcal)"
を食べる。

2.小山町総合文化会館
Oyama20202
目の前にどでかい公園がある。
中に入ってみたが、図書館がある程度。
COVID-19のワクチン集団接種会場の様だ。
バイクラックあり

QRは中では無く「金太郎ホール入り口」と書かれている入り口の脇に張り付けられている。

その後、西へ移動し、R246に入り南下する。

3.道の駅 ふじおやま
Oyama20203
Oyama20204
あちゃ~、レストランやハンバーガー屋がある。
ここで昼飯にすれば良かった・・・😥
しかも、出口から出た所にパン屋まである・・・。
金太郎像もマスクしてる。

QRは向かって右側の入り口から入って直ぐ左にある。

ここから、西に少し出て北上。

4.花のおもてなし観戦ポイント
Oyama20205

Oyama20206
走って行くと"リンガーハット"の小さい看板が見えて来る。
三角頭の建屋があるが、リンガーハットの工場の様だ。

QRはここのT字路
"花の"とあるが、まだ何も咲いていない・・・。

T字路を左に曲がり進んで行くと、
"富士スピードウェイ"の東ゲートのT字路に到着。
ここも左に曲がる。

5.富士スピードウェイ 西ゲート
Oyama20207
しばらく進むと日本では初めて遭遇した"ラウンドアバウト"(環状交差点)
右折するのだが、左周りに走ってから右折。
西ゲートに着く。

が、QRが見当たらない・・・。
辺りをウロウロしながら探すと、
西ゲートに到達する少し前の反対車線のフェンスに括り付けられている❗
気付かないって🤩

そこからは道なりにグングン走る。
基本、ズーーーーっと登り。

6.道の駅 すばしり
Oyama20208
お土産でも買おうかとおもったが、
まだ静岡県だったので"信玄餅"が無いのでお土産は買わず。
代わりに、外の屋台で"富士宮やきそば"を買って食べる。
バイクラックあり

QRは、お土産屋さんの正面奥に行って、
突き当りを左に行った所にある長テーブルの上

7.冨士浅間神社
Oyama20209
「道の駅 すばしり」を出て右に曲がると直ぐある。
駐車場にあるトイレ前にバイクラック有り。
そこに自転車を停めて中に入る。

QRは社殿を右に曲がった先にある授与所にある。

ここから山中湖には行かず、
一気に来た道を富士スピードウェイまで戻り、
東ゲートを直進し明神三国峠入り口まで戻る。
さらに進んでR246付近まで戻る。

8.豊門公園
子供用遊具等は無く、植物の多い公園。
のんびりとした雰囲気で静かなので、本を読むのに適しているかも。

QRは駐車場近くの休憩所

9.小山町役場本庁舎
Oyama202010
ここまで戻って来ると、勝手知ったる的に良く来る場所。

QRは入り口 左にある階段の柵

10.駿河小山駅前交流センター
JR御殿場線沿いを走って駿河小山駅の前にある。
ここは何なのだろうか❓
お土産が一杯、売っている訳でも無い。
"サイクルゲート"と銘打っているのでレンタサイクルがあるみたいだが、
アピールが無い。

QRは中に入って店員さんに聞くと、持ってきてくれます。

これで10カ所制覇👍

帰りは松田町のコンビニで"うまい棒"や"ガリガリ君 梅"を食べてから帰宅。

小山町ってほとんど平坦が無く、
西に行こうとすると登りまくる。
疲れたけど、良い日だった🙆‍♂️

| | | コメント (0)

2021/06/07

★富士ヒルクライム 2021(12年振り 5回目)

去年は開催中止になってしまった、
「富士ヒルクライム」
に12年振りに参加しました。

開催日は6/6(日)

6/3(木)からカーボローディング(炭水化物を多めに摂る)を実施し、
6/4(金)~6/5(土)はフルレストを実施。

しかも御殿場に前泊して当日の移動時間を少なめにする等、
何時も以上に事前準備を行いました。

6/5(土) 前日受付、山頂荷物預かり
ヒルクライム大会の場合、山頂に登ってから下るので防寒具を山頂のゴール地点に運んでもらいます。
普通は当日預かりなのですが、人が集まる事を避けて前日預かりの様です。
当日預かりだとスマホや自動車のカギも預けてしまうのですが、
前日だと無理です。

受付会場は「富士北麓公園 陸上競技場」
駐車場として開放されていた「ドギーパーク」に車を停めて徒歩で会場に向かいます。
1040979s 1040978s
1040977s
色々なお店の並ぶサイクルエキスポが開催されています。
飲食が禁止されているので物販のみ。
人もそこまで多くありません。

ヨネックスのカーボネックスのカットモデルを見たり、
RxLのヒールロックソックスを買ったり、
(去年、Lサイズを買ったのですが、やや大きい。会場で「靴のサイズ-1cmが目安ですよ~」と言っていたのでMサイズを購入。ピッタリ😀)
アミノバイタルの試供品を貰ったり、
篠さん夫婦を見たり、
Tom's cycling夫婦を見たりしながら、
受付を済ませ荷物を預けて離脱。

「道の駅 すばしり」で昼食。
桜海老さつま揚げ うどんとおにぎりでカーボローディング。
Dsc_0108s
レストランから富士山が望めます。
Dsc_0109s
その後、御殿場のホテルへ移動し、
明日の朝飯(カップうどん大盛、おにぎり2個、パン 3個、エナジードリンク)を買い、
夕飯は「はま寿司」で15皿位食べて21:00頃に就寝。

6/6(日) レース当日
3:00に起床し、朝飯を食べる。
4:00出発で会場へ向かい、
5:00頃、指定駐車場の「ドギーパーク」に車を停めて、ウォーミングアップを開始。

周辺に坂しか無いので、ウォーミングアップはしやすいが、
フルレストで休んでいたのと気温が低く、呼吸がキツく心拍も低め。

途中で車に戻りゼリー関係を食べながら、実走 1時間程度で終了。
心拍も呼吸も何とかなって来た。

スタートに向かうためインナーを脱いだが、寒すぎたので再び着る。
アームウォーマーも着用。

このロスと、検温、健康チェックシートの確認、スタート地点まで徒歩移動等あり、
7:15の第5グループスタートには間に合わず、
単独で7:30頃スタート。
周りには誰も居らず、単独走になる。
Hujihill
コースは「富士スバルライン」
料金所の少し手前が計測開始地点になります。
距離 : 25km
平均斜度 : 5.2%(最大斜度 7.8%)

コースとしてはキツメの斜度が無いので、
キッツーーーーな坂は無し。
箱根ヒルクライムに比べるとグングン距離が進む。
ただ、斜度変化が目まぐるしいので変速に次ぐ変速で、
ギアを合わせるのに時間が掛かる。
フロント インナーでリア フルアウターもたまに発生。
パワー 240w以上を意識していたものの、
緩くなる斜度変化にギアチェンジが追従出来ていない場面が散見される状態でパワー維持が難しい・・・。

来年は事前に試走しよう。

走って行くと、最初は汗が滴り落ちるものの、
3合目辺りから、
とても冷たい気温になり、
走っていても寒い((⛄️)) 状態になり汗も止まる。

ここら辺から体幹トレーニング不足なのか、
指が痺れて感覚が無くなって来る。
ただ、触覚が無いだけで、
力は入り、立ち漕ぎも出来る。

空気が薄いのか、
疲れただけなのか、
パワーも出にくくなる😖💦

おまけに風も強くなり、
向かい風を押し通す状態が続く。

雨は4合目を過ぎた辺りでパラツク程度。
ここまで来ると、
指は痺れて目で見て動かさないと、
何やってるか判らない状態😞
変速が素早く出来ない・・・。

やっぱ、筋トレもしないと駄目か😨

とは言え、自身としては目一杯に踏んだので、
これが今の実力なんでしょうね🤔

トレイン関係無くシルバーが取れる様になりたい‼️
Dsc_5656s
結果は、
時間 : 1h20m7s
クラス順位 : 142位/626人(男子 40-45歳, 上位 23%)
総合順位 : 910位4255人(上位 21.4%)

区間タイムは
スタート~1合目(距離 : 4.6km, 平均斜度 : 6.8%) : 19:27 - 236w - 14.3km/h
1合目~2合目(距離 : 3.42km, 平均斜度 : 5.4%) : 11:55 - 230w - 17.3km/h
2合目~3合目(距離 : 3.7km, 平均斜度 : 5.2%) : 12:31 - 233w - 17.8km/h
3合目~4合目(距離 : 5km, 平均斜度 : 4.9%) : 16:36 - 232w - 18.2km/h
4合目~ゴール(距離 : 6.73km, 平均斜度 : 4.1%) : 18:54 - 235w - 21.4km/h

結果、全域で3.4w/kgしか出せず、シルバー獲得ならず・・・。
心拍数は180bpm付近に張り付きっぱなし。
現状のFTPが250w(3.6w/kg)程度なので4w/kgまで行かないとシルバーは無理っぽい。

ゴール地点では写真を少し撮って、売店には寄らず下山。
運営からも「留まらないでくれ~」的な放送がある。
ま、雨 降って来たし寒いし。

で、下山装備は
上りのアームウォーマーに加え、
モンベル 上下レインコート
パールイズミ サーモインナー
レッグウォーマー
イヤーウォーマー
サイクロン サイクルキャップ
冬用ソックス
冬用グローブ
グロータック ネックゲイター
で、足が終盤で少し冷たい程度でした😀

下山荷物はFILAの防水リュックなので、中身は全く濡れず✌

来年に向けては、
1.体幹トレーニングをして、手の痺れを無くす。
2.高強度トレーニングを主体にして、パワーを上げる
3.スタ-トに遅れない

峠 目標としては、
ヤビツ峠、足柄峠を35分代で走る
(自己ベスト -5分だが、トレイン無しでもシルバー摂れる様に)

まだまだ、鍛錬不足ですね😁

今回の費用
エントリー費 : 11,000円
ガソリン代 : 7,000円(帰りに4,000円を御殿場で給油)
宿泊費 : 6,310円(スーパーホテル 御殿場)
前日 昼飯 : 1,150円(道の駅 すばしり)
前日 夕飯 : 2,035円(はま寿司 御殿場)
当日 朝飯 : 1,814円(セブンイレブン 御殿場)
当日 昼飯 : 700円(道の駅 富士吉田)
お土産 : 4,174円(道の駅 富士吉田)
帰り 休憩 : 247円(セブンイレブン 松田)

合計 : 34,430円

結構使ってる😅

| | | コメント (0)

2020/10/05

★箱根ヒルクライム 2020 (3年連続 3回目)

昨年に続き、今年 初にして最後のヒルクライムレース
「箱根ヒルクライム」
に参加しました。

今年はコロナ禍により、4月から7月まで外での実走は行わず、
代わりに急遽、購入したダイレクトドライブ式スマートローラーZwiftを使ったインドアトレーニングが大半を占めました。

ローラーを使った練習ばかりやると、バランス感覚がおかしくなるものの、
"足を追い込む"
には打ってつけで、
ワークアウト機能を使ったパワートレーニング。
実走でやるとスピードが出過ぎて危険な平坦でのハイパワー走行やスプリント。
レースイベント等でFTP付近のパワーを30分~60分 出し続ける。
5時間以上、ノンストップで走り続ける。
等々、色々なトレーニングが短時間でやり易い。

またTSS(トレーニングストレススコア)やFTP(1時間 連続で出せる最大パワー)と言った、
「何となく聞いた事があるかな?」
程度の用語も、
Zwiftで走ると自動で算出してくれるので、
トレーニング指標として使える様になります。

8月からは実走を再開したものの、
雨の日や時間が無い時はローラーを使いトレーニングする事で、
練習量を50~100%程度 上乗せ。
TSSで言うと、3月までは300-400/週だったのが、
ローラーに慣れて来た6月あたりから500-800/週になる。

前置きはここまで、
以下 レースレポート。

場所は「箱根ターンパイク」で今年も有料道路を閉鎖し、年1回限りのタイムアタック。
距離は13.8km
平均斜度は7.2%ですが、
10kmまでの平均斜度が9%。
実際は8-10%の斜度。
10~11.5kmは下りと平坦。

その後、斜度 10%で800m登り、500mほど加速用の下りがあり、
斜度 5-8%で300mのゴールスプリント。
Hakone_hill_20201
前々日の段階で体重は66.4kg。
体脂肪率は11.3%。
箱根ヒルクライム前としては、体脂肪率は過去最少。

今年も自走で9:00頃 スタート会場に到着。
かし原 羊羹を2本食べる。

その後、スタート地点の近くにある"一夜城"の坂を1.5km程度 登ってウォーミングアップ。(斜度は10%程度)

その後、9:40位にスタート会場に戻り、
アミノガッツ x2
エナジハンタータブレット x2
粉飴ジェル x2
メイタン サイクルチャージ x1
Mag-on x1
を摂取。

ドリンクはアミノバリューを薄めず、スタート前に500mlは飲んでおく。
事前に飲んでおくと、レース中にあまり飲まなくても走れる。
(実際、レース中は序盤に2口程度しか飲んでいない)

その後、山頂荷物を預けて待機。

会場をウロウロするものの、Twitter繋がりの人は判別出来ず・・・。
Dsc_1570
で、10:50にスタート!

いつも通り最初から8%程度の坂です。
パワーは260W(3.8w/kg)キープを目指して踏みます。

が、
ギアが合っていないのか、リアが30tだと軽すぎ・・・。
1段 上げて 27tだと やや重い・・・。

要は斜度、パワー、ギア歯数がピシッと合わない。

取り敢えず、リア 27tでケイデンスは80rpm程度で走る。
登坂区間 (0-10km)の平均速度は13km/h、パワーは250w程度。

全体での平均速度は15.1km/hと去年より+3km/h。

パワーは狙いの260wには行かず、平均 250w。
ケイデンスは平均 79rpmと前述の通り低い。

心拍数は1kmあたりから180bpm付近に張り付いたまま。

3km程度を走ると、周りは同じ速度で走る人が2人程度になり、
極めてクリアな状態で走りやすい。

集団は全く形成されないが、
そもそも風よけ(ドラフティング)効果の出る速度では無いので問題は無い。

途中に斜度が5-6%程度になる区間があるが、そこでも休まず踏む。
斜度10%程度を登り続けていると、この5-6%の斜度を平坦と勘違いする(マジ)。

10km登った段階で、付近に同クラスは居ない。
この段階で45分位だったので、目標の50分切りは無理だな・・・。
と、思ったものの自己ベストは間違い無いので踏み続ける。

周辺には自分より前にスタートした他クラスの人達しかおらず、
ゴールスプリントに向けてぶち抜きながら走る。

ゴール前の登坂で国府津にある自転車ショップ"Cycle Days + 湘南ゴールドエナジー"ジャージのファットバイクの方に追いつくが、
最後の登坂スプリントに入ったら急に早くなる。

ここで、Zwiftで培ったガチクソ スプリント(速度 : 54km/h パワー : 600w 9w/kg)でモガク!!!
が、抜けない・・・まま、ゴール!!!


ゴールの動画 by WALKRIDE
ファットバイクの方の左 後ろから登場します。
その時の感覚ではガチクソに踏み込んでいたつもりだったが、そーでもないな・・・。

登坂区間の後、10~13kmの平均速度は26.6km/hでした。

結果、53m15s

昨年に比べ3m57s短縮!

順位は
31位/110人

ゴール後の写真
Dsc_5457
疲労困憊、出し切った感。

去年より結果は良いのでオーライですが、ギアを合わせられればもっと良い結果になったと思います。
ただ、これは出せるパワーを上げられれば解決するので、来年に向けての課題。
もう10w上げてリア 27tでもケイデンス90rpmを目指す。
(事前に出せなかったら28tに換装)

ゴールの大観山で昼食。
箱根に行く = 大観山に登る→「ダムトラックスカフェ」で昼食のルーチーン。
周りの人はカレーを食べている。
が、自分はホットドックが好きなので"チーズチリドック"を食べる。
ドリンクはホットコーヒー 一択。
ポテチと一口ポテサラもあって、手軽に食べられる。
この組み合わせが割と好き。
当然、美味い!

腹ペコ時はホットドッグにフライドポテトかフィッシュ&チップスを追加で。
Dsc_1571

今後の課題としては、
1.10%程度でそこそこ距離のある登坂練習を積む(リア 27tでケイデンス90rpm目標)
2.冬も休まずローラー台で練習
3.フィッティングを受けたい

富士ヒル シルバーを取るまでは、自転車のアップグレードをする気は無いのでエンジン チューン(自己鍛錬)に集中。

帰りは箱根旧道を下って小田原にある自転車ショップ「エンドウ商会」に寄る。
特に何も買わなかったが、スペシャとピナレロを取り扱っている模様。
店員さんの感じが良かったけど、他店で買ったチャリでも整備とかしてくれるのだろうか?
今度、聞いてみよう。

| | | コメント (0)

2020/08/11

丹沢・大山スタンプラリー あいかわ公園(愛川町)→道の駅 清川(清川村)→七沢森林公園(厚木市)→日向薬師(伊勢原市)→戸川公園(秦野市)

今年、2月にも開催されていた「丹沢・大山スタンプラリー」が
8/1~ 人知れず開催されていました。
Dsc_1442

前回は近場から順に走って行ったのですが、
施設が営業中でないとスタンプを押せないため、
近場から行くと最も遠い「あいかわ公園」にたどり着く前に正午を超え、
灼熱地獄になりかねません。
よって、今回は早めの7:30に出発して遠い順から巡ります。

ルートは下図
Photo_20200821220901

5ヶ月振りの実走ロードは最初、バランス感覚が少しおかしく、
若干、左右に揺れます。
半分 過ぎたあたりで安定して来ましたが、
バランスを取る必要の無いローラーに慣れ切ってしまった弊害ですね。
MTBはワイドなフラットバーハンドルなので、ハンドルで無理やりバランスが取れていた模様。

「あいかわ公園」(愛川町) 9:00頃 着
Dsc_1438
宮ケ瀬湖のダムの麓にある公園。
入口が宮ケ瀬湖の向こうにあるので、土山峠(距離 : 2.5km 平均斜度 : 6%)を越えます。
コロナ禍で"じゃぶじゃぶ池"や"ふわふわドーム"等の人気遊具は閉鎖。
人は、かなり少ない。

「道の駅 清川」(清川村) 10:00頃 着
開店が10:00~のはずだが、開店しておらず。
5分位 待って開店。
1階の売店は密状態だったので、2階に行ってスタンプを押す。
本当はここで早めの昼食の予定だったが、食堂が開いていない・・・。
(食堂も10:00開店のはず)
しかた無いので「inバー プロテイン」を食べて、自販機でジュースを買って移動開始

「七沢森林公園」(厚木市) 10:30頃 着
Dsc_1439
山と森の中にある公園です。
古いアスレチック施設や広場、バーベキュー場があります。
特にお店等は無いので、スタンプを押して、さっさと出発。

「日向薬師」(伊勢原市) 11:10頃 着
Dsc_1440
国の重要文化財。
日向林道を登っている途中に駐車場と入り口がある。
(距離 : 3.5km 平均斜度 : 5%)
この後、麓にあるファミマで軽く昼食。

「戸川公園」(秦野市) 13:00頃 着
Dsc_1441
日向薬師から善波トンネル→名古木-旧コンビニを登って、
田原地区を菩提方向にひた走り、
大倉入口交差点から距離 : 2km 平均斜度 : 5%を登って、
戸川公園にゴール。
もう、善波を超えた辺りで気温がミルミル上昇して来て、
参りました・・・。

| | | コメント (0)

2018/05/25

★グランフォンド 丹沢 2018 -7 松田町役場-秦野 カルチャーパーク

「グランフォンド丹沢 その7」

 

 

7回目は「松田町役場 ~ 秦野 カルチャーパーク(ゴール)」

120km以上を走った状態で、最後に待ち受ける短距離登坂区間が数回あります。

 

 

全長は19km。

1.5km程度走ると、最初の登坂。

斜度 7%で700mと斜度 6%で1kmの坂が登場。

エイドから近く、足はまだ有る状態だったのでフルインナーながら登りきる。

その後、下りが4km。

道を秦野方向に曲がって、100~200m程度の斜度 9%程度のこぶ超え。

その後、斜度 10%超えの坂がある区間を1km走る。(平均斜度 6%)
ここら辺から、足がほぼ無くなってしまい、坂でスピードが出せなくなる。

2km程度の平坦路を走って「震生湖」まで斜度 8%の坂を700m走って「震生湖」に到着。
もう、足は残ってないので気力で上る。(但し、スピードは出ない・・・)

「震生湖」では「カルピス」が提供される。

一気飲み!

ここで、3分休憩。

その後、秦野駅周辺まで下って、水無川沿いをカルチャーパーク方向へ移動。

ここも、斜度 2%で2.7kmの緩い坂です。

平均速度は17km/h程度でした。

そして、ゴール地点の「秦野 カルチャーパーク」に到着!

ゴール時間は13:54。

トータル時間は8h54min。

 

 

総走行時間は約7時間

 

 

総休憩時間は113分

順位は無いのですが、写真の撮影順からみると40位あたり。

参加人数はロング 200人程度。(公式からの発表が無いので、松田町のツイートより)

コースを変更して欲しい箇所はあったものの、道案内やエイドの設置個所等はは問題の無い運営でした。


お疲れ様でした!

 

次は、どのイベントに参加しましょうか?

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/24

★グランフォンド 丹沢 2018 -6 丹沢湖 入口~松田町役場

「グランフォンド丹沢 その6」

 

 

6回目は「丹沢湖 入口~松田町役場」

車やトラックの多い「国道246号」から離れて、側道・旧道ルートを通ります。

長い坂も無く、基本 かなり緩い下りの多いルートです。

 

 

 

全長は12km。

246から側道に入って1km位でエイドステーション「一休食堂」に到達(12:05)

ここでは、みたらし団子風の餅とゼリー、冷たい水が提供されました。(8分 休憩)

「一休食堂」は日曜が定休日なのに申し訳ない!

ありがとうございました!

ここでは8分程休憩。

その後、再び下り基調で11km走行し、エイドステーション「松田町役場」に到着(12:41)。

再度「国道 246号」に入る区間がありますが、道幅が広く、あまり苦になりません。(10分休憩)

エイドステーションでは

 

「餡子 たっぷり饅頭」

 

「SHONAN GOLD ENERGY」

 

「レモン飲料」

 

「ぬるい水」

 

が提供されました。

 

ま、下り基調だったので、そこまで体力は削られていなかったのですが、

 

エイドステーション担当のおばあちゃん達の好意に甘えて食べて飲んで気合注入です。

若い人達が、おばちゃん達の好意をサクッと断ってる様には世代を感じました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

- 自転車 - 自転車 - イベント - 自転車 - メンテ・改造 - 自転車 - レース(ヒルクライム) - 自転車 - 練習 - 自転車 - 練習 - 実走 - 自転車 -- ZWIFT - 自転車 -- ZWIFT - イベント - 自転車 -- ZWIFT - グループライド - 自転車 -- ZWIFT - ミートアップ - 自転車 -- ZWIFT - レース - 自転車 -- ZWIFT - ワークアウト - 自転車 -- ちゃり飯 - 自転車 -- ちゃり飯 - 500円以下 - 自転車 -- ちゃり飯 - 750円以下 - 自転車 -- ちゃり飯 - カレー - 自転車 -- ちゃり飯 - ファミレス - 自転車 -- ちゃり飯 - ファーストフード - 自転車 -- ちゃり飯 - 丼 - 自転車 -- ちゃり飯 - 番外編 - 自転車 -- ちゃり飯 - 麺類 - 自転車 -- ちゃり飲 - 自転車 -- ちゃり飲 - サプリ - 自転車 -- ちゃり飲 - ドリンク -- ラリーカー -- ラリーカー - BMW -- ラリーカー - MG -- ラリーカー - アウディ -- ラリーカー - アルファ ロメオ -- ラリーカー - オペル -- ラリーカー - シトロエン -- ラリーカー - シュコダ -- ラリーカー - スズキ -- ラリーカー - スバル -- ラリーカー - セアト -- ラリーカー - ダイハツ -- ラリーカー - トヨタ -- ラリーカー - ニッサン -- ラリーカー - ヒュンダイ -- ラリーカー - フィアット -- ラリーカー - フォルクス ワーゲン -- ラリーカー - フォード -- ラリーカー - プジョー -- ラリーカー - プロトン -- ラリーカー - ポルシェ -- ラリーカー - マツダ -- ラリーカー - ミツビシ -- ラリーカー - ミニ -- ラリーカー - ランチア -- ラリーカー - ルノー -- ラリーカー -- F2 キットカー -- ラリーカー -- S1600 -- ラリーカー -- S2000 -- ラリーカー -- その他 -- ラリーカー -- グループ4 -- ラリーカー -- グループA -- ラリーカー -- グループB -- ラリーカー -- グループR -- ラリーカー -- ワールドラリーカー -- ラリーカー ---ラリー ベース車候補 --- 出張 --- 自動車 --- 食事 --- 食事 - ラーメン --- 食事 - 手料理 ---- その他 ---- パソコン ----- ポイント小遣い ----- ポイント小遣い -- AMAZON ----- ポイント小遣い -- 現金 ----- ポイント小遣い -- Tポイント ----- 列車・電車・汽車 ----- 安スマ ----- 安スマ - docomo通信 - 自転車 --ちゃり飯 - カフェ