カテゴリー「 - 自転車 - イベント」の11件の記事

2020/10/05

★箱根ヒルクライム 2020 (3年連続 3回目)

昨年に続き、今年 初にして最後のヒルクライムレース
「箱根ヒルクライム」
に参加しました。

今年はコロナ禍により、4月から7月まで外での実走は行わず、
代わりに急遽、購入したダイレクトドライブ式スマートローラーZwiftを使ったインドアトレーニングが大半を占めました。

ローラーを使った練習ばかりやると、バランス感覚がおかしくなるものの、
"足を追い込む"
には打ってつけで、
ワークアウト機能を使ったパワートレーニング。
実走でやるとスピードが出過ぎて危険な平坦でのハイパワー走行やスプリント。
レースイベント等でFTP付近のパワーを30分~60分 出し続ける。
5時間以上、ノンストップで走り続ける。
等々、色々なトレーニングが短時間でやり易い。

またTSS(トレーニングストレススコア)やFTP(1時間 連続で出せる最大パワー)と言った、
「何となく聞いた事があるかな?」
程度の用語も、
Zwiftで走ると自動で算出してくれるので、
トレーニング指標として使える様になります。

8月からは実走を再開したものの、
雨の日や時間が無い時はローラーを使いトレーニングする事で、
練習量を50~100%程度 上乗せ。
TSSで言うと、3月までは300-400/週だったのが、
ローラーに慣れて来た6月あたりから500-800/週になる。

前置きはここまで、
以下 レースレポート。

場所は「箱根ターンパイク」で今年も有料道路を閉鎖し、年1回限りのタイムアタック。
距離は13.8km
平均斜度は7.2%ですが、
10kmまでの平均斜度が9%。
実際は8-10%の斜度。
10~11.5kmは下りと平坦。

その後、斜度 10%で800m登り、500mほど加速用の下りがあり、
斜度 5-8%で300mのゴールスプリント。
Hakone_hill_20201
前々日の段階で体重は66.4kg。
体脂肪率は11.3%。
箱根ヒルクライム前としては、体脂肪率は過去最少。

今年も自走で9:00頃 スタート会場に到着。
かし原 羊羹を2本食べる。

その後、スタート地点の近くにある"一夜城"の坂を1.5km程度 登ってウォーミングアップ。(斜度は10%程度)

その後、9:40位にスタート会場に戻り、
アミノガッツ x2
エナジハンタータブレット x2
粉飴ジェル x2
メイタン サイクルチャージ x1
Mag-on x1
を摂取。

ドリンクはアミノバリューを薄めず、スタート前に500mlは飲んでおく。
事前に飲んでおくと、レース中にあまり飲まなくても走れる。
(実際、レース中は序盤に2口程度しか飲んでいない)

その後、山頂荷物を預けて待機。

会場をウロウロするものの、Twitter繋がりの人は判別出来ず・・・。
Dsc_1570
で、10:50にスタート!

いつも通り最初から8%程度の坂です。
パワーは260W(3.8w/kg)キープを目指して踏みます。

が、
ギアが合っていないのか、リアが30tだと軽すぎ・・・。
1段 上げて 27tだと やや重い・・・。

要は斜度、パワー、ギア歯数がピシッと合わない。

取り敢えず、リア 27tでケイデンスは80rpm程度で走る。
登坂区間 (0-10km)の平均速度は13km/h、パワーは250w程度。

全体での平均速度は15.1km/hと去年より+3km/h。

パワーは狙いの260wには行かず、平均 250w。
ケイデンスは平均 79rpmと前述の通り低い。

心拍数は1kmあたりから180bpm付近に張り付いたまま。

3km程度を走ると、周りは同じ速度で走る人が2人程度になり、
極めてクリアな状態で走りやすい。

集団は全く形成されないが、
そもそも風よけ(ドラフティング)効果の出る速度では無いので問題は無い。

途中に斜度が5-6%程度になる区間があるが、そこでも休まず踏む。
斜度10%程度を登り続けていると、この5-6%の斜度を平坦と勘違いする(マジ)。

10km登った段階で、付近に同クラスは居ない。
この段階で45分位だったので、目標の50分切りは無理だな・・・。
と、思ったものの自己ベストは間違い無いので踏み続ける。

周辺には自分より前にスタートした他クラスの人達しかおらず、
ゴールスプリントに向けてぶち抜きながら走る。

ゴール前の登坂で国府津にある自転車ショップ"Cycle Days + 湘南ゴールドエナジー"ジャージのファットバイクの方に追いつくが、
最後の登坂スプリントに入ったら急に早くなる。

ここで、Zwiftで培ったガチクソ スプリント(速度 : 54km/h パワー : 600w 9w/kg)でモガク!!!
が、抜けない・・・まま、ゴール!!!


ゴールの動画 by WALKRIDE
ファットバイクの方の左 後ろから登場します。
その時の感覚ではガチクソに踏み込んでいたつもりだったが、そーでもないな・・・。

登坂区間の後、10~13kmの平均速度は26.6km/hでした。

結果、53m15s

昨年に比べ3m57s短縮!

順位は
31位/110人

ゴール後の写真
Dsc_5457
疲労困憊、出し切った感。

去年より結果は良いのでオーライですが、ギアを合わせられればもっと良い結果になったと思います。
ただ、これは出せるパワーを上げられれば解決するので、来年に向けての課題。
もう10w上げてリア 27tでもケイデンス90rpmを目指す。
(事前に出せなかったら28tに換装)

ゴールの大観山で昼食。
箱根に行く = 大観山に登る→「ダムトラックスカフェ」で昼食のルーチーン。
周りの人はカレーを食べている。
が、自分はホットドックが好きなので"チーズチリドック"を食べる。
ドリンクはホットコーヒー 一択。
ポテチと一口ポテサラもあって、手軽に食べられる。
この組み合わせが割と好き。
当然、美味い!

腹ペコ時はホットドッグにフライドポテトかフィッシュ&チップスを追加で。
Dsc_1571

今後の課題としては、
1.10%程度でそこそこ距離のある登坂練習を積む(リア 27tでケイデンス90rpm目標)
2.冬も休まずローラー台で練習
3.フィッティングを受けたい

富士ヒル シルバーを取るまでは、自転車のアップグレードをする気は無いのでエンジン チューン(自己鍛錬)に集中。

帰りは箱根旧道を下って小田原にある自転車ショップ「エンドウ商会」に寄る。
特に何も買わなかったが、スペシャとピナレロを取り扱っている模様。
店員さんの感じが良かったけど、他店で買ったチャリでも整備とかしてくれるのだろうか?
今度、聞いてみよう。

| | コメント (0)

2020/08/11

丹沢・大山スタンプラリー あいかわ公園(愛川町)→道の駅 清川(清川村)→七沢森林公園(厚木市)→日向薬師(伊勢原市)→戸川公園(秦野市)

今年、2月にも開催されていた「丹沢・大山スタンプラリー」が
8/1~ 人知れず開催されていました。
Dsc_1442

前回は近場から順に走って行ったのですが、
施設が営業中でないとスタンプを押せないため、
近場から行くと最も遠い「あいかわ公園」にたどり着く前に正午を超え、
灼熱地獄になりかねません。
よって、今回は早めの7:30に出発して遠い順から巡ります。

ルートは下図
Photo_20200821220901

5ヶ月振りの実走ロードは最初、バランス感覚が少しおかしく、
若干、左右に揺れます。
半分 過ぎたあたりで安定して来ましたが、
バランスを取る必要の無いローラーに慣れ切ってしまった弊害ですね。
MTBはワイドなフラットバーハンドルなので、ハンドルで無理やりバランスが取れていた模様。

「あいかわ公園」(愛川町) 9:00頃 着
Dsc_1438
宮ケ瀬湖のダムの麓にある公園。
入口が宮ケ瀬湖の向こうにあるので、土山峠(距離 : 2.5km 平均斜度 : 6%)を越えます。
コロナ禍で"じゃぶじゃぶ池"や"ふわふわドーム"等の人気遊具は閉鎖。
人は、かなり少ない。

「道の駅 清川」(清川村) 10:00頃 着
開店が10:00~のはずだが、開店しておらず。
5分位 待って開店。
1階の売店は密状態だったので、2階に行ってスタンプを押す。
本当はここで早めの昼食の予定だったが、食堂が開いていない・・・。
(食堂も10:00開店のはず)
しかた無いので「inバー プロテイン」を食べて、自販機でジュースを買って移動開始

「七沢森林公園」(厚木市) 10:30頃 着
Dsc_1439
山と森の中にある公園です。
古いアスレチック施設や広場、バーベキュー場があります。
特にお店等は無いので、スタンプを押して、さっさと出発。

「日向薬師」(伊勢原市) 11:10頃 着
Dsc_1440
国の重要文化財。
日向林道を登っている途中に駐車場と入り口がある。
(距離 : 3.5km 平均斜度 : 5%)
この後、麓にあるファミマで軽く昼食。

「戸川公園」(秦野市) 13:00頃 着
Dsc_1441
日向薬師から善波トンネル→名古木-旧コンビニを登って、
田原地区を菩提方向にひた走り、
大倉入口交差点から距離 : 2km 平均斜度 : 5%を登って、
戸川公園にゴール。
もう、善波を超えた辺りで気温がミルミル上昇して来て、
参りました・・・。

| | コメント (0)

2018/05/25

★グランフォンド 丹沢 2018 -7 松田町役場-秦野 カルチャーパーク

「グランフォンド丹沢 その7」

 

 

7回目は「松田町役場 ~ 秦野 カルチャーパーク(ゴール)」

120km以上を走った状態で、最後に待ち受ける短距離登坂区間が数回あります。

 

 

全長は19km。

1.5km程度走ると、最初の登坂。

斜度 7%で700mと斜度 6%で1kmの坂が登場。

エイドから近く、足はまだ有る状態だったのでフルインナーながら登りきる。

その後、下りが4km。

道を秦野方向に曲がって、100~200m程度の斜度 9%程度のこぶ超え。

その後、斜度 10%超えの坂がある区間を1km走る。(平均斜度 6%)
ここら辺から、足がほぼ無くなってしまい、坂でスピードが出せなくなる。

2km程度の平坦路を走って「震生湖」まで斜度 8%の坂を700m走って「震生湖」に到着。
もう、足は残ってないので気力で上る。(但し、スピードは出ない・・・)

「震生湖」では「カルピス」が提供される。

一気飲み!

ここで、3分休憩。

その後、秦野駅周辺まで下って、水無川沿いをカルチャーパーク方向へ移動。

ここも、斜度 2%で2.7kmの緩い坂です。

平均速度は17km/h程度でした。

そして、ゴール地点の「秦野 カルチャーパーク」に到着!

ゴール時間は13:54。

トータル時間は8h54min。

 

 

総走行時間は約7時間

 

 

総休憩時間は113分

順位は無いのですが、写真の撮影順からみると40位あたり。

参加人数はロング 200人程度。(公式からの発表が無いので、松田町のツイートより)

コースを変更して欲しい箇所はあったものの、道案内やエイドの設置個所等はは問題の無い運営でした。


お疲れ様でした!

 

次は、どのイベントに参加しましょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/24

★グランフォンド 丹沢 2018 -6 丹沢湖 入口~松田町役場

「グランフォンド丹沢 その6」

 

 

6回目は「丹沢湖 入口~松田町役場」

車やトラックの多い「国道246号」から離れて、側道・旧道ルートを通ります。

長い坂も無く、基本 かなり緩い下りの多いルートです。

 

 

 

全長は12km。

246から側道に入って1km位でエイドステーション「一休食堂」に到達(12:05)

ここでは、みたらし団子風の餅とゼリー、冷たい水が提供されました。(8分 休憩)

「一休食堂」は日曜が定休日なのに申し訳ない!

ありがとうございました!

ここでは8分程休憩。

その後、再び下り基調で11km走行し、エイドステーション「松田町役場」に到着(12:41)。

再度「国道 246号」に入る区間がありますが、道幅が広く、あまり苦になりません。(10分休憩)

エイドステーションでは

 

「餡子 たっぷり饅頭」

 

「SHONAN GOLD ENERGY」

 

「レモン飲料」

 

「ぬるい水」

 

が提供されました。

 

ま、下り基調だったので、そこまで体力は削られていなかったのですが、

 

エイドステーション担当のおばあちゃん達の好意に甘えて食べて飲んで気合注入です。

若い人達が、おばちゃん達の好意をサクッと断ってる様には世代を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★グランフォンド 丹沢 2018 -5 道志 道の駅~山中湖~丹沢湖 入口

「グランフォンド丹沢 その5」

 

 

5回目は「道志 道の駅 - 山中湖 - 丹沢湖 入口」

山中湖まで登り、その後 篭坂峠を超えて、静岡県に突入。
後は、ひたすら下りというコース。

 

 

 

ルート全体としては、
距離:45km

 

登坂平均斜度:4.6%
全体平均斜度:-1.2%

 

獲得標高:940m

 

走行時間:1h53m

 

平均速度:23.89km/h

道志 道の駅を出発してから平均斜度 5%で8.5kmの坂。

相変わらず交通量は多く、ようやく全体の半分の距離に達したあたりなので、

 

無理はせず。

33分で登る。(平均速度:15.45km/h)

その後は下りで、斜度が-8%~3%と徐々に緩くなる坂道を下る。

山中湖付近になると、歩行者が結構 居る。

山中湖の「ゆいの広場ひらり」にエイドステーションが設けられており、10:27に到着。

ここでは、ぬるい水と近くにある「JOY PATIO」のソフトクリームが提供される。

グランフォンドのエイドステーションでのソフトクリームの提供は珍しい。

ここでは19分休憩。


その後、4km程 平坦。

そして、静岡県境の「篭坂峠」へ突入。

平均斜度が5%で2kmの坂を超え、その後、平均斜度 -5%で6kmのダウンヒル。

登りは道の舗装状態が悪く、特に自転車の走行する左側はデコボコでアスファルトも割れまくっている。

下りは舗装状態が良くなるが、今度は道に縦の溝が掘ってあり、タイヤのグリップレベルが良く分からなくなる。

 

 

20C幅のタイヤだと溝にはまりそうです。

 

(自分は23C)

下り坂の途中にチェックポイント「富士浅間神社」があましたが、
気づくのが遅く、一旦 オーバーシュートしたためちょっと戻りました。
到着は11:15。

ここには水も食べ物も無く、トイレに寄って直ぐに出発。(3分 停止)

 

 

その後もダウンヒルは続き、平均斜度:-3%で20km。

途中に信号もちらほらある道で、最後の方は「国道 246号線」の出ます。

「国道 246号」は車の交通量も多く、トラックも多数 走っていたので、ちょっと怖い。

「246」を走っている間に、神奈川県に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/23

★グランフォンド 丹沢 2018 -4 宮ケ瀬 入口~道志 道の駅

「グランフォンド丹沢 その4」

 

 

4回目は「宮ケ瀬 入り口 - 道志 道の駅」

ダム湖である宮ケ瀬湖の脇を軽くUP/DOWNしながら5km程度走行し、

 

登りの平均斜度:3%

 

距離:2.5km

 

の軽い山超え後、道士みちを山中湖に向けて27kmの斜度:2.5%の坂道を疾走する。

途中で神奈川県から山梨県に突入します。

 

 

ルート全体としては、

 

距離:34km

 

登坂平均斜度:4.8%
全体平均斜度:1.2%

 

獲得標高:465m

 

走行時間:1h48m

 

平均速度:18.89km/h

宮ケ瀬入り口を出発する段階で集団がバラケタため、ほぼ単独走行になりました。

宮ケ瀬を超え、道志みちに入ると比較的 整備状態の良い道路で、家も少なく快適な走行となります。

途中で前走している5人程度の集団に追いつきました。

スタートから55km地点にエイドステーション「湯川屋」があり、そこで12分休憩。

かなり塩っ辛いおにぎりが提供されました。


休憩後、出発すると平均斜度:5%で3kmの登りがあり、前走集団に追いつくものの車の走行量もそこそこあるため、追い抜かず走る。

その後はダラダラ緩い坂を上って「道志 道の駅」に9:24に到着。

途中で

 

「やたら、バイクが追い抜いていくな・・・」

 

と、思いましたが「道志 道の駅」はバイクだらけでした。

道志でランチが用意されており、

 

・太巻き寿司

 

・いなり寿司

 

・鶏肉のソテー

 

・ミートボール

 

・大学芋

 

・ランチパック(パン)

 

・SHONAN GOLD ENERGY(エナジードリンク)

 

がビュッフェ形式で用意されており、一通り食べる。
(ランチと言っても9:30ですけどね!)

道志では22分程、休憩。

この後は山中湖までの登りが待っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/22

★グランフォンド 丹沢 2018 -3 ヤビツ峠 頂上~宮ケ瀬 入口

「グランフォンド丹沢 その3」

 

 

3回目は「ヤビツ峠 頂上 - 宮ケ瀬 入り口」

裏ヤビツ ダウンヒルです。

 

 

 

距離:18km

 

走行時間:52分

 

平均速度:20.76km/h

集団走行かつ見通しの悪い道なので、下りにしては遅いペースです。

 

最初の6kmは平均 -5%の下りで、それ以降は平均 2%程度の下り。

「集団になると危険だなぁ~。でもヤビツで分裂するだろうなぁ~」

と、参加前には思っていたんですが、頂上での足止めのおかげで、
バッチリ集団ダウンヒルとなりました。

ただ、配布されたルールブックに

 

「下り・カーブ追い禁」

 

というルールがあり、下りは追い抜き禁止で、自分も含めてほとんどの人はそれを遵守。

見通しの良い直線のみ追い抜きOKとなっていましたが、
裏ヤビツの前半は見通しの良い箇所はほぼ無く、1列の隊列走行だったので、抜いても戻るスペースが無い状態でした。

そんな状況でも数名の違反者が散見されました。


また、6:30~7:30の時間帯だったのですが、車は走っており、

 

宮ケ瀬に向かう車は進行方向が同じで、自転車とすら並走出来ない程 道幅が狭いため、
迷惑を掛けたと思います。

申し訳ない。

 

 

下りきって、宮ケ瀬に到着した所でエイドステーションがあり、10分程休憩。

 

提供されたのは「あらのや珈琲店」謹製のミネストローネ(!)

早朝で、かつ下りで冷え切った体には有難い温かさです!

ありがとう御座いました!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★グランフォンド 丹沢 2018 -2 ヤビツ峠 入口~ヤビツ峠 頂上

「グランフォンド丹沢 その2」

 

 

2回目は「ヤビツ峠入口-ヤビツ峠 頂上」

序盤のヤマ場です。

 

 

 

 

 

平均斜度:6.5%

 

獲得標高:570m

 

距離:9km

 

の峠越えです。

プライベートだったらアタックしたい所ですが、まだ全体の1/10程度の距離なので、

 

足を使わない様に抑えながらの走行です。


峠の途中にある「菜の花台」がチェックポイントとなっています。

菜の花台に到着したのが6:06。

 

スタートから1h06m。

 

ヤビツ峠入り口~菜の花台までの平均速度は12.61km/h。

菜の花台でバナナをもらって3分程度停止。


その後、ヤビツ峠 頂上まで3kmを平均速度 12.82km/hで登る。

頂上に着いたのは6:24。

餡子たっぷり饅頭とエナジードリンク「SHONAN GOLD ENERGY」を貰い、サクッと食べます。


ただ、頂上は裏ヤビツ側で自動車の単独事故があり、出発停止中。

人が増える一方になり、登坂でバラけた集団が再び終結する状態となる。

結局、6:35あたりでフロントがグシャグシャの軽自動車がドナドナされて行き、裏ヤビツのダウンヒルがスタートしました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

★グランフォンド 丹沢 2018 -1 秦野カルチャーパーク~ヤビツ峠 入口

5/20に開催された、神奈川県 秦野市のカルチャーパーク(旧 運動公園)がスタートおよびゴール地点となり、神奈川、山梨、静岡をまたぐロングライド イベントです。

 

 

参加したのは約145kmのロング。

 

獲得標高は2,700m。

 

ある程度、坂のあるコース設定なので登坂練習をしていないと痛い目に合うコース設定です。

 

 

スタート時間は5:00。

朝食は
パン系「チョコクリームパン」「ホイップアンパン」
シリアル系「オールブラン フルーツミックス」
プロテイン系「ウィダー プロテインバー バニラ」「ザバス タイプ2 スピード プロテイン」

携帯ドリンクは「アミノバリュー」を1L。
携帯食料は「かし原 塩羊羹」を22個。
「イオン アミノ酸サプリメント顆粒 2200」を14個。

 

 

前回の「足柄ロングライド」はざっくり100km走行での感想を書いたのですが、今回は多少 細切れに感想を書きます。

 

 

 

 

まずは、「スタートのカルチャーパーク(秦野)~ヤビツ峠 入口」

 

スタート地点から平均1.5%の緩い坂で約4km走行。

 

 

 

登坂ではあるが、傾斜はかなり緩いので足に負荷を掛けない様に走行。

 

 

 

 

その後、平均-3%の下りが2km。

 

 

 

途中途中で、やや急な下り坂が登場し、前走者がブレーキで後輪ロックした時はすこしビビりました。(背後にピッタリ! では無かったので、かわせましたよ!)

 

 

 

下りは誰でもスピードが出せ、相手のレベルが読みにくいので、ロングライドイベントでは車間を十分とりましょう。

 

 

 

 

その後、平均2%の緩い登り。

 

 

 

 

ルートの周辺は住宅と会社が混在する様な所で、道幅は対面で車がすれ違える程度。

 

車が来た際には自転車が邪魔になりますが、早朝という事もあって車は皆無でした。

 

 

 

 

また、スタートから約10kmの走行で登坂もあるので、ヤビツ峠前のウォーミングアップとしては良いかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

★ロゲイニング 丹沢・大山 (神奈川県 秦野市)

11月18~26日に開催される電子スタンプラリー

 

 

 

スマホ片手に神奈川県 秦野市の各チェックポイントを回り、チェックポイント毎に設定されている得点を獲得していき、上位の方にはプレゼントがあります。

 

 

ポイントは行きにくい箇所ほど高くなっています。

 

 

商品は漫画家「鬼頭莫宏」さん(代表作:「なるたる」「のりりん」)のオリジナルイラストの描かれた”ランチバック””手拭い””クリアファイル”等。

 

 

自分は自転車で参加予定で、11/18と11/19しか参加出来ないため、

 

この2日で150km程度を走破する事になります。

 

 

では、1日目の予定ルート

 

 

 

 

初日はこの前、参加した「足柄ロングライド」と同等のヒルクライム装備のロードレーサーで100km程度を走行予定です。

 

途中で「ヤビツ峠」超え(距離:12km 獲得標高:600m程度)があり、傾斜 8%程度で1km程度の急坂も点在するルート。

 

秦野には15年以上住んでおり、自転車乗りになってからも10年は住んでいるのだが、行ったことの無い箇所が多い。

 

 

登っては下って、登っては下って・・・というルートになるので、トレーニングをそこそこしていないと走り切れないルートと思う。

新しいルート開拓には持って来いのイベントかもしれない。


で、2日目はマウンテンバイクかロードの重いホイール仕様に乗り換えて、残りの38kmを走る予定。

 

 

 

 

2日目は秦野市と伊勢原市の間にある「善波トンネンル」が最もキツイ登坂になる。

前日に比べれば異様に”楽”になるが、前日の疲労度合いによってはこれでもキツイかも・・・。

 

 

この日も、何だかんだ登坂は最後まで続くので、要トレーニングです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

- 自転車 - 自転車 - イベント - 自転車 - メンテ・改造 - 自転車 - レース(ヒルクライム) - 自転車 - 練習 - 自転車 -- ZWIFT - 自転車 -- ZWIFT - イベント - 自転車 -- ZWIFT - グループライド - 自転車 -- ZWIFT - ミートアップ - 自転車 -- ZWIFT - レース - 自転車 -- ZWIFT - ワークアウト - 自転車 -- ちゃり飯 - 自転車 -- ちゃり飯 - 500円以下 - 自転車 -- ちゃり飯 - 750円以下 - 自転車 -- ちゃり飯 - カレー - 自転車 -- ちゃり飯 - ファミレス - 自転車 -- ちゃり飯 - ファーストフード - 自転車 -- ちゃり飯 - 丼 - 自転車 -- ちゃり飯 - 番外編 - 自転車 -- ちゃり飯 - 麺類 - 自転車 -- ちゃり飲 - 自転車 -- ちゃり飲 - サプリ - 自転車 -- ちゃり飲 - ドリンク -- ラリーカー -- ラリーカー - BMW -- ラリーカー - MG -- ラリーカー - アウディ -- ラリーカー - アルファ ロメオ -- ラリーカー - オペル -- ラリーカー - シトロエン -- ラリーカー - シュコダ -- ラリーカー - スズキ -- ラリーカー - スバル -- ラリーカー - セアト -- ラリーカー - ダイハツ -- ラリーカー - トヨタ -- ラリーカー - ニッサン -- ラリーカー - ヒュンダイ -- ラリーカー - フィアット -- ラリーカー - フォルクス ワーゲン -- ラリーカー - フォード -- ラリーカー - プジョー -- ラリーカー - プロトン -- ラリーカー - ポルシェ -- ラリーカー - マツダ -- ラリーカー - ミツビシ -- ラリーカー - ミニ -- ラリーカー - ランチア -- ラリーカー - ルノー -- ラリーカー -- F2 キットカー -- ラリーカー -- S1600 -- ラリーカー -- S2000 -- ラリーカー -- その他 -- ラリーカー -- グループ4 -- ラリーカー -- グループA -- ラリーカー -- グループB -- ラリーカー -- グループR -- ラリーカー -- ワールドラリーカー -- ラリーカー ---ラリー ベース車候補 --- 出張 --- 自動車 --- 食事 --- 食事 - ラーメン --- 食事 - 手料理 ---- その他 ---- パソコン ----- ポイント小遣い ----- ポイント小遣い -- AMAZON ----- ポイント小遣い -- 現金 ----- ポイント小遣い -- Tポイント ----- 列車・電車・汽車 ----- 安スマ ----- 安スマ - docomo通信