カテゴリー「 - ラリーカー - ミツビシ」の5件の記事

2016/07/31

★ ミツビシ ランサー ワールドラリーカー

1年間の参戦休止を経て、2004年に再びWRCに戻ってきた三菱。

Lancer042

そして、装いも新たに生まれ変わったラリーカー
を投入する。
チーム体制、開発体制を一新し、これまでの日本主体からチーム主体へと切り替わる。
エンジンは「ランサー エヴォリューション WRC」のものを流用したため、
十分なパワーとトルクを持っていた。
また、リアスポイラーはボディの後端では無く、後輪の直上に設置され、
リアのダウンフォースが効率良く後輪に掛かる様になっている。
しかし、体制変更とマシン開発を1年で全て行うのには無理があったのか、
アクティブデフは未搭載でテストも不十分な状態で参戦を開始する。
案の定、完走も間々ならないほどメカトラブルが頻発し、
マニファクチャラーポイントはダントツの最下位。
終盤の参戦を休止し、開発に注力する事になる。

Lancerwrc051


2005年になり、ワイドボディ化、セミAT、アクティブデフ、新型サスペンションを搭載した、
に進化する。
メカトラブルは多少ながら発生していたが、
戦闘力は向上し、入賞圏内。さらには表彰台を獲得する等、
着実な進化を果たす。

しかし、2005年の最終戦後に三菱はWRCからの撤退を突如発表し、
ランサーの開発はストップ。
それでも2007年頃まで、プライベーターに使用され、入賞および3位 表彰台を獲得する等、活躍する。

開発が続けられていたら優勝も可能だったと思われるマシンであった。

続きを読む "★ ミツビシ ランサー ワールドラリーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/27

★ ミツビシ ギャラン VR-4 Gr.A

三菱が1988年投入した4WD + 2.0L ターボエンジンを搭載したマシン

Garant_vr4_3

三菱がWRCへの本格参戦を狙って開発されたマシンであり、
参戦2年目の1989年に、2回の優勝を勝ち取る。
1991年は優勝2回。2位が3回と活躍し、三菱は年間総合3位となる。
1992年になると、ワークスは次期マシンである「ランサー エヴォリューション」の開発に注力し、活躍は出来なかったが、
篠塚 建次郎がコート・ジボアールで優勝を果たす。
戦闘力は高かったものの最後まで全戦参戦は行わず、
1993年より後継の「ランサー エヴォリューション」にその座を譲る。

続きを読む "★ ミツビシ ギャラン VR-4 Gr.A"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/20

★ミツビシ ランサー エヴォリューション WRC

グループAの限界を感じたミツビシが2001年。

Lancer_wrc2

遂に投入したワールドラリーカー。
ランサー エヴォリューション VI」からエンジンを受け継ぎ、
ベースは市販車のモデルチェンジに合わせて、CS2A型 ランサー セディアとなる。
エンジンも強化され、最大トルクのアップ。
最大出力、最大トルクの発生回転数の引き下げによる扱いやすさの向上がされた。
しかし戦闘力は低く、入賞すら出来ない程、下位に沈む。
2002年にステップ2へ進化し、
ツインスクロールターボの搭載やブレーキの強化を実施する。
ベストタイムを記録するまで進化したが、安定性、コントロール性は相変わらず悪く、
リタイアおよびメカトラブルが頻発し、停滞。
ミツビシは次期ラリーカーの開発のため、1年の参戦休止となる。

続きを読む "★ミツビシ ランサー エヴォリューション WRC"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/14

★ミツビシ ランサー エヴォリューション Gr.A

ミツビシが1993年よりWRCに投入しているラリーカー
年を重ねる毎に改良モデルが投入される。
・エヴォリューション I (1993年)
大衆車であるランサーのエンジンを「ギャラン VR-4 Gr.A」譲りの4G63に換装。
前置きインタークーラーや大型リアウィングを装備し、
エンジンパワーは300psに迫り、上位に食い込むものの、
優勝は叶わなかった。

・エヴォリューションII (1994年)
「I」のエンジン以外の強化版。
トランスミッション、サスペンションの強化を行う。
念願の総合優勝を達成する。

・エヴォリューションIII (1995年、1996年)

Lanevo3

フロントバンパーの改良およびリアウィングの大型化。
シーケンシャルトランスミッションを投入。
1996年に6勝を上げ、遂にトミ・マキネンがドライバーズタイトルを獲得。

・エヴォリューションIV (1997年、1998年 前半)
市販車のモデルチェンジに合わせて、全面改良。
エンジンの改良により、トルクが増大。
アクティブデフの投入により、WRカーに引けを取らない戦闘力を発揮する。
1997年に4勝を上げ、ドライバーズタイトルを獲得。

・エヴォリューションV (1998年)
更なるエンジントルクの向上。
フロントバンパーの変更による冷却性能の向上とダウンフォースの向上。
リアウィングの大型化。
ワイドボディー化を実施。
年間7勝を上げ、ドライバーズタイトルの防衛はもちろん、
遂にマニファクチャラー タイトルを獲得。
WRC制覇を達成する。

・エヴォリューションVI (1999年から2001年)

Lan

改良はバンパーとリアウィングの形状変更に留まる。
1999年は4勝を上げ、マキネンがドライバーズタイトルの4連覇を達成。
マニファゥチャラータイトルはトヨタに敗れ、防衛失敗となる。
2000年はWRカーと性能差が浮き彫りになり、1勝に留まる。
2001年に特例としてグループAの改造範囲を超える

「エヴォリューションVI+」を投入。
3勝を上げるものの、WRカーの性能進化に着いていく事が出来ず、
後継の「ランサー エヴォリューション WRC」にバトンタッチする。

Lanevo6_2

最後まで市販車ベースのグループAにこだわり、
最強ので最後のグループA ワークスマシンとなった。

続きを読む "★ミツビシ ランサー エヴォリューション Gr.A"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/05

★ ミツビシ ミラージュ R5

三菱スウェーデンが開発したミラージュのR5仕様マシン

Mirager5s_2

ミラージュ R5」(海外名:スペーススター)

「ランサー エヴォリューション X」の4B11をモデファイし、
排気量を1,620ccまでダウンさせて搭載している。
主戦場はイギリス国内選手権のナショナルカップ。
2016年には優勝を果たし、毎戦 表彰台に登る活躍を見せる。
現状ではホモロゲの関係でWRCへは参戦不可だが、
三菱よ、戻って来い!

続きを読む "★ ミツビシ ミラージュ R5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

- Google+ | - パソコン | - ポイント小遣い | - ポイント小遣い - 現金 | - ポイント小遣い - Tポイント | - ポイント小遣い- AMAZON | - ラリーカー | - ラリーカー - BMW | - ラリーカー - MG | - ラリーカー - アウディ | - ラリーカー - アルファ ロメオ | - ラリーカー - オペル | - ラリーカー - シトロエン | - ラリーカー - シュコダ | - ラリーカー - スズキ | - ラリーカー - スバル | - ラリーカー - セアト | - ラリーカー - ダイハツ | - ラリーカー - トヨタ | - ラリーカー - ニッサン | - ラリーカー - ヒュンダイ | - ラリーカー - フィアット | - ラリーカー - フォルクス ワーゲン | - ラリーカー - フォード | - ラリーカー - プジョー | - ラリーカー - プロトン | - ラリーカー - ポルシェ | - ラリーカー - マツダ | - ラリーカー - ミツビシ | - ラリーカー - ミニ | - ラリーカー - ランチア | - ラリーカー - ルノー | - ラリーカー -- F2 キットカー | - ラリーカー -- S1600 | - ラリーカー -- S2000 | - ラリーカー -- その他 | - ラリーカー -- グループ4 | - ラリーカー -- グループA | - ラリーカー -- グループB | - ラリーカー -- グループR | - ラリーカー -- ワールドラリーカー | - 列車・電車・汽車 | - 安スマ | - 安スマ - docomo通信 | - 自動車 | - 自転車 | - 自転車 - ちゃり飯 | - 自転車 - ちゃり飯 - 500円以下 | - 自転車 - ちゃり飯 - 750円以下 | - 自転車 - ちゃり飯 - カレー | - 自転車 - ちゃり飯 - ファミレス | - 自転車 - ちゃり飯 - ファーストフード | - 自転車 - ちゃり飯 - 丼 | - 自転車 - ちゃり飯 - 番外編 | - 自転車 - ちゃり飯 - 麺類 | - 自転車 - ちゃり飲 | - 自転車 - ちゃり飲 - サプリ | - 自転車 - ちゃり飲 - ドリンク | - 食事 | - 食事 - ラーメン | - 食事 - 手料理 | その他