カテゴリー「 - ラリーカー - スズキ」の6件の記事

2017/01/02

★ ラリーベース車候補 - 4 スズキ スイフト (2017年~)

「ワールドラリーカー」や「R5マシン」のベース車になりそうだけど参戦していないマシンを紹介する。

「ラリー ベース車候補」

4回目はスズキの「スイフト」

1990年代後半にAPRC(アジアパシフィックラリー選手権)に「カルタス クレセントワゴン F2 キットカー」および「バレーノ F2キットカー」で参戦し、クラスタイトルを獲得。


2002年以降はJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)へ「イグニス スーパー1600」「イグニス スーパー1600 '2004」「スイフト スーパー1600」で参戦しクラスタイトルを獲得。


2008年にはトップカテゴリーに参戦するため「SX4 ワールドラリーカー」を製作するものの、リーマンショックによる不景気の到来により1年限りで撤退してしまう。


その後はラリーの参戦母体であった「スズキ スポーツ」の消滅(実際は「スズキスポーツ」の前身である「タジマモーターコーポレーション」に戻り、モータースポーツ活動は継続し、アクションカムの「GoPRO」の国内代理店を務める。)


ただ、ベース車がコンパクトカーとなったWRCにおいて、コンパクトなスポーツカーが苦手な日本メーカーが多い中、スズキだけは得意な様だ。

「スイフト」は1.6Lターボエンジン搭載車こそ無いものの、1.0Lターボエンジン(102bhp)を搭載するグレード「RSt」がある。

100bhp/1.0Lを達成するコンパクトカーは日本では絶滅危惧種だ。
ボディサイズは欧米勢より少しコンパクトだが、"R3T"のある「フィアット 500」よりは大きい。

いざ、ラリーカーを作るとなると問題なのはエンジンで、スズキだと唯一「エスクード」に搭載されている自然吸気1.6Lエンジンが唯一の選択肢となる。

このエンジンがターボ付加やハイパワー化に耐えられないと、そこで手詰まり・・・。

-- ベース車候補 --
・グレード :RSt
・寸法
 全長 : 3,840mm
 全幅 : 1,695mm
 ホイールベース : 2,450mm
・エンジン
 排気量 : 996cc
 パワー : 102bhp
 トルク : 150Nm
・ボディ : 5ドア ハッチバック


ラリー参戦時にも存在しなかったが、欧州メーカーの様にエンジンも別物を載せたスポーツグレードを作って欲しい。

続きを読む "★ ラリーベース車候補 - 4 スズキ スイフト (2017年~)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/11

★ スズキ バレーノ キットカー

スズキが1999年にアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)へ投入したマシン

それまで、ホモロゲーションの関係でワゴンボディのマシンで参戦していたが、

Bar

元々の本命は、このセダンボディ。
ワゴンに比べ、
・重心が車体中央寄りになる
・空力特性の改善
・ワイドボディ化
を実現。
APRCにて2001年、2002年と2輪駆動部門の年間タイトルを獲得。
WRCへはAPRCと併催のイベント(ニュージーランド、チャイナ等)のみへ参戦する。
その後、ワールドラリーカーへの進化が計画されていたが、
時期尚早と判断し、スーパー1600でのWRC参戦計画へとシフトして行く。

続きを読む "★ スズキ バレーノ キットカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/09

★スズキ スイフト スーパー1600

先代「イグニス スーパー1600」で2004年のJWRCタイトルを獲得したスズキ。

Swifts1600_00

スズキは開発の手を緩めず、2015年に新規設計のマシン
をJWRCに投入する。
ディフェンディングチャンピオンとして迎えた2015年。
マシンとしての戦闘力は高く、優勝および表彰台の常連であったが、
ドライバータイトルしかないJWRCではドライバーの安定性も重要。
優勝するも安定性に欠けたスズキ ワークス ドライバーは
シトロエン「C2 スーパー1600」を駆るダニ・ソルドに敗北。
2006年も同様で、優勝するも不安定という状態が続き、
ルノー「クリオ スーパー1600」を駆るパトリック・サンデルに敗北。
2007年になるとエース格の「パー・ガンナー・アンダーソン」が
安定した走りを見せ、タイトルを獲得。
スーパー1600 最終年の2010年にも「アーロン・ブカート」がタイトルを獲得する。
世界に誇れるスーパー1600マシンであった。

続きを読む "★スズキ スイフト スーパー1600"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/23

★スズキ カルタス クレセント ワゴン キットカー F2

(14:39あたりで登場)

スズキのカルタス クレセント ワゴンをベースに製作されたF2キットカーCul3
カルタス クレセント ワゴン キットカー
APRC(アジア パシフィック ラリー選手権)を主戦場とし、
1997,1998年のAPRC F2タイトルを獲得。
APRC併催のWRC(オーストラリア等)でWRCにも出場。

重量や空力で劣るワゴンでの参戦になった理由は、
単純にセダンでのホモロゲーションが取得できなかったからで、
後々、セダンタイプのキットカーも登場する。

続きを読む "★スズキ カルタス クレセント ワゴン キットカー F2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/17

★スズキ イグニス スーパー1600

スズキが作り上げたWRCのJWRC参戦用Super 1600マシン
イグニス スーパー1600
2002年に登場したが、当初はあまり戦闘力を発揮できず・・・。
エンジン改良等を行った2003年にクラス初優勝を成し遂げる。


ベース車のモデルチェンジに伴い、Super 1600もモデルチェンジ。Iguniss1600_04
2004に登場したのが、
イグニス スーパー1600 '04 (別名:スーパーイグニス)
前モデルの戦闘力を受け継ぎ、
さらなる改良を行ったイグニスは初年度から戦闘力を発揮。
2004年 クラス総合タイトルを獲得するという、大活躍を見せつけ、
プライベーターにも広く使われる名車となった。

続きを読む "★スズキ イグニス スーパー1600"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/28

★スズキ SX4 WRC

2007年に登場したスズキ謹製のワールドラリーカーSx4wrc_3
SX4 ワールドラリーカー
満を持した参戦であったが、戦闘力は乏しく、
フル参戦となった2008年ではメカトラブルが頻発。
ベストタイムを刻む事もあったが、最上位は5位に留まる。

初期のマシンでは良くある状態であり、
これから本番とも言える状態であったが、
スズキ本体のリーマンショックによる影響をもろに受けて、
僅か1年の本格参戦で撤退してしまう。

もう少し、スズキの本気を見たかったな・・・。

続きを読む "★スズキ SX4 WRC"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

- Google+ - パソコン - ポイント小遣い - ポイント小遣い - 現金 - ポイント小遣い - Tポイント - ポイント小遣い- AMAZON - ラリーカー - ラリーカー - BMW - ラリーカー - MG - ラリーカー - アウディ - ラリーカー - アルファ ロメオ - ラリーカー - オペル - ラリーカー - シトロエン - ラリーカー - シュコダ - ラリーカー - スズキ - ラリーカー - スバル - ラリーカー - セアト - ラリーカー - ダイハツ - ラリーカー - トヨタ - ラリーカー - ニッサン - ラリーカー - ヒュンダイ - ラリーカー - フィアット - ラリーカー - フォルクス ワーゲン - ラリーカー - フォード - ラリーカー - プジョー - ラリーカー - プロトン - ラリーカー - ポルシェ - ラリーカー - マツダ - ラリーカー - ミツビシ - ラリーカー - ミニ - ラリーカー - ランチア - ラリーカー - ルノー - ラリーカー -- F2 キットカー - ラリーカー -- S1600 - ラリーカー -- S2000 - ラリーカー -- その他 - ラリーカー -- グループ4 - ラリーカー -- グループA - ラリーカー -- グループB - ラリーカー -- グループR - ラリーカー -- ワールドラリーカー - ラリーカー ---ラリー ベース車候補 - 列車・電車・汽車 - 安スマ - 安スマ - docomo通信 - 自動車 - 自転車 - 自転車 - ちゃり飯 - 自転車 - ちゃり飯 - 500円以下 - 自転車 - ちゃり飯 - 750円以下 - 自転車 - ちゃり飯 - カレー - 自転車 - ちゃり飯 - ファミレス - 自転車 - ちゃり飯 - ファーストフード - 自転車 - ちゃり飯 - 丼 - 自転車 - ちゃり飯 - 番外編 - 自転車 - ちゃり飯 - 麺類 - 自転車 - ちゃり飲 - 自転車 - ちゃり飲 - サプリ - 自転車 - ちゃり飲 - ドリンク - 食事 - 食事 - ラーメン - 食事 - 手料理 その他 出張