« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の7件の記事

2020/06/28

★ZWIFT レース - GRANFONDO KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride

グループライド イベント「GRANFONDO KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」を8週間実施し、
遂に本番「GRANFONDO KOMORO feat Long Rider Stories Enjoy Ride」のレースイベントが開催です。
(グループライドもレースも同名)

6/28 「GRANFONDO KOMORO feat Long Rider Stories Enjoy Ride (B)」 - 距離 : 48.5km 獲得標高 : 896m
Granfondo-komoro-feat-lrs-enjoy-ride0628
コースは「THREE SISTERS」

今までのユルユルライドから一変して、レース形式での開催。
しかも、登坂の多いコース設定でのレースとなります。

自分はBクラスへ参加しましたが、
Aクラスのコースは「The Mega pretzel」 距離 : 107km 獲得標高 : 1,642m
Cクラスのコースは「Volcano Flat」 距離 : 12km 獲得標高 : 46m
も、ありました。
Aクラスは100kmを超える山岳 長距離ライド。
私の参戦したBクラスの「THREE SISTERS」を走りきってから折り返し、
同じコースを逆走するコースレイアウト。

さて、私の参戦したBクラスは
序盤にある軽い登坂のZWIFT KOMの後、
「Epic KOM」およびラジオタワーからなる12kmで500mちょいの登坂区間があります。

最後に「Volcano KOM」という距離 4km、平均斜度 3%のあるコース。

ペースは
平坦 : 3.2w/kg
登坂 : 3.5-3.8w/kg
で走行。

参加人数が600人程度。

「Epic KOM」で前走者を抜きまくって順位を上げ、
登坂終了後から、ほぼ自分と同程度のパワーの人たちと集団が形成される。

そのまま前走集団を2つほど抜く。

最後の登坂となる「Volcano KOM」では自分の周りは自分と同程度のパワー集団となっていたため、
順位変動はほとんど無し。

この段階で、集団最後尾でも上位10%となる60位以内は確定していたが、
最後はスプリントして、集団トップに出てからの、何時も通りゴール前で抜かれて
53位/608人でゴール!

バーチャルでもレースは燃える!
Granfondo-komoro-feat-lrs-_0628_3 Granfondo-komoro_06282

| | コメント (0)

2020/06/27

★ZWIFT グループライド - Forster & Mezgec Group Ride // SCOTT Week Stage 3 (MTB)

前回のSCOTT week stage2に続いて、stage3への参加。
今回はMTB "SPARK RC"に乗ります。

6/27 「Forster & Mezgec Group Ride // SCOTT Week Stage 3 (MTB)」(60分間走)
Scottweekstage3mtb1
Scottweekstage3mtb2

コースは「Road to Ruins」(1周 距離 : 29.6km 獲得標高 : 274m)
自分の脚力だと、60分だとほぼ1周。

今回は機材トラブルが多かった。
何時ものパワーメーターを見失うのは当然ながら、
ケイデンスセンサーも居なくなる(電池切れ)
そして、ローラー台の自動負荷調整が効かなくなり、一定負荷状態になる・・・。
自動負荷調整が効かないと、ワークアウトモードの様な状態になり、
元々、それ程は無い 走っている感が、ほぼ無くなる・・・。
ただ、淡々と走り続ける・・・。
Scottweekstage3mtb3

| | コメント (0)

2020/06/25

★ZWIFT グループライド - Morrison & Edmondson Group Ride // SCOTT Week Stage 2 (Tri)

前回のSCOTT week stage1に続いて、stage2への参加。
今回はタイムトライアル/トライアスロン用バイク"PLASMA"に乗ります。

6/25 「Morrison & Edmondson Group Ride // SCOTT Week Stage 2 (Tri)」(60分間走)
Scottweekstage2tric1
Scottweekstage2tric2
コースはヨークシャーの「2019 UCI WORLDS HARROGATE CIRCUIT」(1周 距離 : 13.8km 獲得標高 : 240m)

自分の脚力の場合、1時間だと2周半程度。

走行パワーは
平坦と緩めの登坂は3w/kg
急坂登坂は3.8~4w/kg倍程度のパワーで走る。
2周 終わったら残り時間はクールダウンに切り替えてマッタリ。

例によって、最初の登りでパワーメーターを2回 見失う・・・
Scottweekstage2tric3



| | コメント (0)

2020/06/22

★ZWIFT グループライド - Albasini & Scotson Group Ride // SCOTT Week Stage 1 (Road) (C)

今週はzwiftのSCOTT weekなので、イベントに参加。
今回は、SCOTTの軽量ロードバイク"FOIL"に乗り、
SCOTTの契約ライダーも一緒に走ります。

6/22 「 Albasini & Scotson Group Ride // SCOTT Week Stage 1 (Road) (C)」(60分間走)
Scottweekstage1roadc1
Scottweekstage1roadc2
コースは「INNSBRUCKRING」(1周 距離 : 8.8km 獲得標高 : 72m)を60分間 周回。
1周に掛かる時間は15分程度

走行パワーは、
平坦 3w.kg
登坂 3.8w/kg
下り 2w/kg 程度で走行。
2w/kgでダラダラ踏むよりも、3w/kg以上でセコセコ踏む方が性に合う。

3周目は登坂での踏み込み以外に前走集団に追いつくためにブリッジを3.8w/kg程度で2回実施し、
最後のスプリント区間は疲れているなりに全力(6.6w/kg)

イベント中は全員、おそろいの姿になる
Scottweekstage1roadc3

| | コメント (0)

2020/06/21

★ZWIFTグループライド - GRANFONDO KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride

今年はCOVID-19の影響で自転車イベントの中止が相次ぎました。
長野県小諸市で開催予定だった、ロングライドイベント「グランフォンド小諸 2020」も、その一つ。

漫画「ろんぐらいだぁ すとーりーず!」とタイアップしているイベントで、
"グランフォンド"と銘打ってはいますが、距離は短くて 100km、
ただ獲得標高は高めで2,270mと言うクライマー向けイベント。

日本でのグランフォンドはレースでは無く、順位も無し。
途中にエイドステーションと言う、補給所があり食べ物や飲み物が補給でき、
完走を目的とするイベントです。

ZWIFTでは5月初旬より週1でイベント「GRANFONDO KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」を開催し、
9周目にレースイベントが開催され、6/7より参加しました。

6/7 「GRANFONDO KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」 - 距離 : 35.4km 獲得標高 : 309m
Granfondo-komoro-feat-long-rider-storiesGranfondo-komoro-feat-lrs-enjoy-ride0607
コースは「INNSBRUCKRING」(1周 距離 : 8.8km 獲得標高 : 77m)を4周。

途中に短距離の登坂がありますが、いたって平坦なコース。

周の最後にスプリントポイントがあります。

イベントが"2w/kg"と言う、低負荷指定だったため、ものすごくまったりしたライド。

3周目までは登坂とスプリントだけ頑張り、
4周目は、低負荷に飽きてきたので3w/kgで走行し、登坂もスプリントも頑張る。
スプリントは8w/kgが限界。

6/14 「GRANFONDO KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」 - 距離 : 46.7km 獲得標高 : 638m
Granfondo-komoro-feat-lrs-enjoy-ride0614 Granfondo-komoro-feat-lrs-enjoy-ride_061
コースは「DUCHY ESTATE」(1周 距離 : 3km 獲得標高 : 41m)を15周。

ちょっと登って、ちょっと下って、最後にスプリントなコース。

例によってイベントが"2w/kg"と言う、低負荷指定だったため、まったりライド。

前回より距離が長くなっているのと、周回数が多いのでスプリントは5周に1回だけ頑張る。、
この日は3時間前に1時間程度の別イベントに参加していたので、
ずーーーーーーっと低負荷で走行。

低負荷時間が長いこともあり、スプリントは8.8w/kgと先週より高い。

6/21 「「GRANFONDO KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」 - 距離 : 53.3km 獲得標高 : 196m
Granfondo-komoro-feat-lrs-enjoy-ride_062 Granfondo-komoro-feat-lrs-enjoy-ride0621
コースは「WATOPIA'S WAISTBAND」(1周 距離 : 25.5km 獲得標高 : 95m)を2周。

極めて平坦なコース。

何時も通り、"2w/kg"と言う低負荷指定ライド。

ただ、低負荷すぎると飽きるので1周目は2.6w/kg、2週目は2.8w/kgで走る。
前回より距離は長くなるが、周回数が2周と少ないため、1周目の周回ゴールのみ頑張る。

周回ゴールスプリントは8.8w/kgと先週と同じ。

低負荷で走ると言うLSDの様なイベントだが、
LSDにしては時間が短い。

カロリー消費イベント?

| | コメント (0)

2020/06/07

★ZWIFT レース - Virtual Mt.Fuji Hill Climb Race

ZWIFTにもレースイベントがあります。
グループライドでも走行中に順位が表示されるイベントもありますが、
ゴール後に順位を見る事が出来ません。

レースイベントはスマホの"ZWIFTコンパニオン アプリ"から順位の確認が出来ます。

また、FTPの大きさに応じてカテゴリ分けがされている事が多く、
同時にスタートする周りの人たちは自分に近いパワーである事が多く、
直ぐに集団が形成されます。

参加したのは中止となった「Mt.富士ヒルクライム」のバーチャルレース。

6/6 「Virtual Mt.Fuji Hill Climb Race」 - 距離 : 17.6km 獲得標高 : 1,046m
Virtual-mt-fuji-hill-climb-race
Virtual-mtfuji-hill-climb-race2 Virtual-mtfuji-hill-climb-race3
コースは「ROAD TO SKY」

ヒルクライム大会らしく、「Alpe du Zwift(距離 : 12.2km 獲得標高 : 1,036m 平均斜度 : 8%)」を登ります。

タイム計測はスタートから山頂ゴールまで。
最初の平坦 5kmは 3.0w/kg で走行。
そこから「Alpe du Zwift」は FTP値 3.5w/kg で走行。
ここからは何時ものヒルクライムレースの様な感じになる。
他人とぶつかる心配が無いので、ペダリングに集中出来ます。
最終的に「Alpe du Zwift」は55:49
トータルタイムは1:04:27
順位は186位/762人でした。

 

翌日、6/7も同イベントが開催されているので、参加。

ただ、昨日の疲れが残っているのと、3時間程まえに1時間ちょい走っており、
昨日よりパワーが出ません。
Virtual-mtfuji-hill-climb-race4
最初の5km 平坦は 2.5w/kg
「Alpe du Zwift」は3.2w/kg
と、軒並みパワーダウン・・・。

最終的に「Alpe du Zwift」は1:01:08
トータルタイムは1:09:25
順位はBカテゴリ 105位/129人
と、不甲斐ない状態・・・。

レースに調子を合わせるのも大事だなぁ~・・・。

| | コメント (0)

2020/06/03

★ZWIFTワークアウト -Mt.FUJI Hill Climb Dojo #5-7

ZWIFTには"ワークアウト"と呼ばれる、
"△△パワーを〇〇分維持しその後、レスト□□分!"
の様に、自身のFTP以上の負荷を体に掛けるトレーニングメニューがあります。
スマートローラーだと実際の斜度に関係無く、
常に一定の負荷になり、ギアとケイデンスで要求されるパワーに対応出来ます。


実走で同じことをしても良いのですが、平坦で行うとスピードが早くなりすぎるので注意です。

今回は、3月より行われていた、対 富士ヒルクライム用トレーニングを行う
「Mt.FUJI Hill Climb Dojo」に参加です。

5/6 「Mt.FUJI Hill Climb Dojo #5」 - 時間 : 68分 TSS : 74
Mtfuji-hill-climb-dojo-5_20200710212701  
ワークアウト内容は
7min ウォームアップ(ランプアップ - 徐々に要求パワーが上がる)
30sec 260w(FTP x1.1)
3min 120w(FTP x0.5)
30sec 260w(FTP x1.1)
4min 120w(FTP x0.5)
4min 180w(FTP x0.75)
4min 195w(FTP x0.8 ケイデンス 65rpm)
3min 225w(FTP x0.95 ケイデンス 110rpm)
1min 260w(FTP x1.1)
3min 225w(FTP x0.95 ケイデンス 110rpm)
4min 195w(FTP x0.8 ケイデンス 65rpm)
4min 180w(FTP x0.75)
4min 120w(FTP x0.5)
4min 180w(FTP x0.75)
4min 195w(FTP x0.8 ケイデンス 65rpm)
3min 225w(FTP x0.95 ケイデンス 110rpm)
1min 260w(FTP x1.1)
3min 225w(FTP x0.95 ケイデンス 110rpm)
4min 195w(FTP x0.8 ケイデンス 65rpm)
4min 180w(FTP x0.75)
3min 120w(FTP x0.5)

ウォーミングアップで2回ほど FTP超えのパワーを30秒出して足を刺激。
その後、山を描く様に段々パワーを上げて行き、
段々パワーを下げていくメニュー。
ただ、各パワー毎にケイデンス(ペダルの回転数)が指定され、
低パワーでは低回転。
FTP程度のパワーは高回転。
が指示されます。

110rpmは回した事が無く、初めは戸惑いましたが、
やれば出来る物で、高回転で回せば同じギアでもパワーは上がるし、
1段 ギアを上げて同じパワーを出すのとは、
疲れ方が少し違う事を感じました。
(疲れ方が違うだけで、高回転→低回転→高回転→低回転→・・・と、交互にやると使う筋肉が違うのか、疲労しにくい)

内容としては、パワーや持久力の向上と言うよりは、ペダリングの練習でした。

5/14 「Mt.FUJI Hill Climb Dojo #6」 - 時間 : 70分 TSS : 90
Mtfuji-hill-climb-dojo-6
7min ウォームアップ
30sec 260w(FTP x1.1)
3min 120w(FTP x0.5)
30sec 260w(FTP x1.1)
5min 120w(FTP x0.5)
3min 275w(FTP x1.15 ケイデンス 60rpm)
3min 70w(FTP x0.3 ケイデンス 90rpm)
3min 275w(FTP x1.15 ケイデンス 60rpm)
3min 70w(FTP x0.3 ケイデンス 90rpm)
3min 275w(FTP x1.15 ケイデンス 60rpm)
3min 70w(FTP x0.3 ケイデンス 90rpm)
15min 195w(FTP x0.8)
3min 275w(FTP x1.15 ケイデンス 60rpm)
3min 70w(FTP x0.3 ケイデンス 90rpm)
3min 275w(FTP x1.15 ケイデンス 60rpm)
3min 70w(FTP x0.3 ケイデンス 90rpm)
3min 275w(FTP x1.15 ケイデンス 60rpm)
3min 70w(FTP x0.3 ケイデンス 90rpm)
5min 95w

ウォーミングアップで2回ほど FTP超えのパワーを30秒出して足を刺激するのは前回同様。
その後、低ケイデンスでのFTP超えのパワーを出した後、
通常ケイデンスで一気にパワー下げる。
これを3set行い、
15分もの長いレスト
そして、再度 上記のメニューを3set。

斜度変化時にケイデンスが下がった際のトルク上昇を狙ったトレーニングに見えます。

ペダルは回転数が速いと、慣性が働いて足にそこまで力を入れなくても漕げるのですが、
ケイデンスが低い60rpmだと、1踏1踏 力を込めて漕ぐ事になるので、ほぼ筋トレ。

しかも70wでケイデンス90rpmはフロントインナーでリアもインナー寄りになり、
現実では使う事の無い世界。
低負荷だが、出しにくいパワー。

110rpmは回した事が無く、初めは戸惑いましたが、
やれば出来る物で、高回転で回せば同じギアでもパワーは上がるし、
1段 ギアを上げて同じパワーを出すのとは、
疲れ方が少し違う事を感じました。
(疲れ方が違うだけで、高回転→低回転→高回転→低回転→・・・と、交互にやると使う筋肉が違うのか、疲労しにくい)

6/3 「Mt.Fuji Hill Climb Dojo #7」 - 時間 : 60分 TSS : 67
Mtfuji-hill-climb-dojo-7
6min 105w(FTP x0.45) ウォーミングアップ
10min 107w-238w (ランプアップ - 徐々に要求パワーが上がる)(FTPまで上げる)
5min 120w (FTP x0.5)
3min 250w(FTP x1.05)
2min 180w(FTP x0.75)
1min 215w(FTP x0.9)
1min 165w(FTP x0.7)
1min 215w(FTP x0.9)
1min 165w(FTP x0.7)
1min 215w(FTP x0.9)
4min 180w(FTP x0.75)
10min 179-238w (ランプアップ - 徐々に要求パワーが上がる)(FTPまで上げる)
5min 180w(FTP x0.75)
3min 260w(FTP x1.1)
7min 95w

最初の250wがスタート想定。
その後、斜度変化に応じてパワーが上下し、
最後は260wでゴール想定。
と、言うワークアウト。
タイミングが実際のレース直前想定だったので、
調整期間の様な緩めなパワー配分。

特に何も感じないワークアウトだった。

結局、実際のレースはCOVID-19の影響で中止となり、「Mt.FUJI Hill Climb Dojo」は予定通り終了。

その後、富士ヒルクライムはZWIFT上でバーチャルレースが開催される事となる。


| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »