« ★ 日本とアメリカの自動車 貿易摩擦 | トップページ | ★ arrows M03 SDカードの端末ストレージ化 -2 - スマホ設定編 - »

2017/03/06

★ arrows M03 SDカードの端末ストレージ化 -1 - PC設定編 -

Android 6.0.1を搭載するSIMフリースマホ「arrows M03」。

格安スマホとしてMVNO向けに提供されています。
ただ、この「M03」。
内部ストレージは9.5GB程度で、それほど多くありません。
「SDカードを使ってそれをメインで使えばOK」
って言われそうですが、どうやらAndroid 6.0はアプリをSDカードに移動する事が出来ない仕様で、自分は3か月で「容量不足」の警告が表示されメールの受信すら出来ない状態になりました。


しかし!
「SDカードを内部ストレージとして使える方法が無いか?」
と情報を探った結果、何とかなりました。
ただ、やり方は複雑でスマホ単体では出来ないという異様な仕様なので自己責任になります。
では、やり方を紹介。
●用意する物
・PC(Windows搭載)・・・自分はWindows10で実施
・arrows M03
・USBケーブル・・・スマホとPCを接続
●やり方 (結構、長いです)
1. PCに「ANDROID STUDIO」をインストール

1

ページを開いてすぐにある「ANDROID STUDIO FOR WINDOSをダウンロード」をクリックし、インストールします。
本来はAndroidアプリの開発用ソフトですが、SDKの一部機能を使うのでインストールが必要になります。
2. 「Android studio」を開き、「SDK Manager」を起動

2

3

上部にあるアイコン(マウスを載せると「SDK Manager」と表示されるもの)をクリックするか、
メニューの「Tools」→「Android」→「SDK Manager」をクリック。
3. 「SDK Manager」を設定する
「SDK Tools」タブ内の「Android SDK Platform - Tools」にチェックを入れ、右下の「Apply」をクリックし、インストールする。
また、上部に表示される「Android SDK Location」に書かれているパスをメモする。

4_2



4. Windowsの設定変更
4-1. Windowsの「コントロールパネル」を開き「システム」を開く。

5



4-2. 「システムの詳細設定」をクリックし「詳細設定」タブ内の下部にある「環境変数」をクリック

6

7



4-3.「環境変数」の下部「システム環境変数」の中から「Path」を選択し「編集」をクリック

8



4-4. 「変数値」の最後に";"(セミコロン)を追記し、さらに3. でメモッた「Android SDK Location」を追記し、最後に"platform-tools"を付ける。

9



5. 富士通のホームページより「ADB USBドライバ」をダウンロード
http://spf.fmworld.net/oss/driver/adb/data/download.html

10

PCでの設定は以上です。

この後、「スマホの設定」、「PCとスマホを接続してからの操作」に続きます。

 

|

« ★ 日本とアメリカの自動車 貿易摩擦 | トップページ | ★ arrows M03 SDカードの端末ストレージ化 -2 - スマホ設定編 - »

- 安スマ」カテゴリの記事

- 安スマ - docomo通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533035/64978104

この記事へのトラックバック一覧です: ★ arrows M03 SDカードの端末ストレージ化 -1 - PC設定編 -:

« ★ 日本とアメリカの自動車 貿易摩擦 | トップページ | ★ arrows M03 SDカードの端末ストレージ化 -2 - スマホ設定編 - »