« ★ シュコダ オクタビア キットカー F2 | トップページ | ★ フォード エスコート RS2000 Gr.A & Maxi kit car F2 »

2016/07/10

★ シュコダ オクタビア WRC

1999年に投入されたシュコダ初のワールドラリーカー

Oct

白鯨と呼ばれる程、当時としては大柄なマシンであった。(全長 4.5m以上)
エンジンはワールドラリーカーで唯一、1シリンダーあたり5バルブを搭載し、
ロングストロークな2.0L ターボエンジンを搭載。
当初は信頼性の確保に苦しみ、メカトラブルが頻発。
2000年にエンジン強化を行い、戦闘力の向上を果たしたが、
信頼性は相変わらず悪いまま。
2001年に3位表彰台を獲得し、今後を期待させたが、
結局、2003年までこれが最上位となり上位進出は果たせなかった。
2003年の後半戦より後継となる「ファビア WRC」にその座を譲る。
WRCでは活躍しきれなかったが、ドイツおよび母国チェコの国内選手権で活躍し、
年間タイトルを獲得している。
 

|

« ★ シュコダ オクタビア キットカー F2 | トップページ | ★ フォード エスコート RS2000 Gr.A & Maxi kit car F2 »

-- ラリーカー」カテゴリの記事

-- ラリーカー - シュコダ」カテゴリの記事

-- ラリーカー -- ワールドラリーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★ シュコダ オクタビア WRC:

« ★ シュコダ オクタビア キットカー F2 | トップページ | ★ フォード エスコート RS2000 Gr.A & Maxi kit car F2 »