« ★ フィアット プント S1600 | トップページ | ★ ニッサン マイクラ キットカー F2 »

2016/07/21

★ シトロエン クサラ WRC

2001年にテスト参戦を開始した、シトロエン初のワールドラリーカー

Xsara

同じPSAグループのプジョーに配慮し、参戦する、しないで揉めた時期もあったが、
最終的に参戦を開始する。
テスト参戦であった2001年であったが、イタリアで2位。フランスで1位となり、
当時、王者であったプジョーに真っ向勝負を挑む。
2002年もテスト参戦を続けるが、ターマックでは速く、モンテカルロで2位。
ドイツで1位となるが、グラベルでの戦闘力は低く下位に沈む。

Xsara03

2003年より本格参戦となり、
リアスポイラー、エンジン、ターボ、インタークラー等に改良し、トルクが増大した、
クサラ WRC '03」へ進化する。
苦手であったグラベルでも戦闘力が向上し、コンスタントな入賞を果たす。
ターマックでは相変わらず早く、年間3勝を上げマニファクチャラーズタイトルを獲得する。
2004年。
エースのセバスチャン・ローブが覚醒し、ターマック、グラベル問わず、
表彰台の常連となる。
ローブが1位を6回。2位を6回 獲得し、ドライバーズ、マニファクチャラータイトルの
ダブルタイトルを獲得する。
2005年。
ローブの速さが異次元レベルとなり、年間10勝を上げ、圧倒的なパフォーマンスを発揮。
ダブルタイトルを連覇する。
2006年。
次期ラリーカー開発のため、シトロエンは参戦を休止。
しかし、セミワークスであるクロノス レーシングより参戦を継続する。
12戦のみの参戦にも関わらず、8勝を上げ、4回の2位を獲得し、
ローブがドライバーズタイトルを維持する。
2007年より新型「C4 WRC」へその座を譲るが、この時期のベストラリーカーと言える。
スペイン国内選手権でも2002年に年間タイトルを獲得している。
 

| |

« ★ フィアット プント S1600 | トップページ | ★ ニッサン マイクラ キットカー F2 »

-- ラリーカー」カテゴリの記事

-- ラリーカー - シトロエン」カテゴリの記事

-- ラリーカー -- ワールドラリーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★ シトロエン クサラ WRC:

« ★ フィアット プント S1600 | トップページ | ★ ニッサン マイクラ キットカー F2 »