カテゴリー「- 自転車」の251件の記事

2024/05/13

🌟富士いち #サイクルボール

昨年から走ろう走ろうと思っていながら走らなかった"富士いち"に挑戦

ルーツ・スポーツ・ジャパンが主催する"サイクルボール"に参加し、公開されているルートを使用する

ルートは静岡県小山町の"小山町総合文化会館"発着を選択し、サイクルコンピューターに読み込ませ、
車でスタート地点まで移動

サイクルボール用のスマホアプリ"TraVelo"もスタートしスタート地点でチェックインし、8:30にスタート
ドリンクはエネルギー補給を考慮して"アミノバリュー"と"トップバリュー スポーツドリンク"を1袋づつ混ぜた物を1.2L 準備する
服装は半袖ジャージ、ショートビブ、アームウォーマー、ActLeg、指切りグローブを着用
ジレとネックウォーマーを持っていく

最初は富士山方向へ走り第1チェックポイント"道の駅 すばしり"を目指す
途中に東京オリンピックのモニュメントがある
Dsc_1568s

いきなり登り基調で急斜度は無いものの11km登り"道の駅 すばしり"に到着
ここではアプリのチェックインとトイレを済ませ"アミノガッツ"と"かし原 羊羹"を食べたら出発
正面から建物を見て、右側にサイクルラックあり

出発したら"籠坂峠"を登る
"籠坂峠"も急斜度は無く、7km程度登り、ちょっと下ると"山中湖"に到着
Dsc_1569s Dsc_1570s
最初は縁に自転車を引っ掛けて撮影しようと思ったが、
風が強く、池ポチャしたらたまったものでは無かったのでヘルメットを使って撮影

この段階で10時
18kmの登りは時間を使う

次は"河口湖"を目指して北上
この区間は車が多い

途中で6~7人程度の自転車 集団に追いつくがペースが遅い
緩い下り基調だったので車の車間が開くタイミングを見計らって、ハイパワーで一気に追い抜く

"山中湖"から10km走って、第2チェックポイント"道の駅 富士吉田"(29km地点)に到着
ここではアプリのチェックインを済ませ"アミノガッツ"と"かし原 羊羹"を食べたら出発

次は"河口湖"を目指します

ここから車が少なくなり、走りやすくなります

途中でコンビニに寄り、おにぎり2個を食べ、"アクエリアス"で"アミノバイタル クエン酸チャージ ウォーター"を作り、
以降の補給用に"ミニあんぱん(5個入り)"をバックポケットに突っ込む
"河口湖"に到着する前にあるコンビニが、これ以降に続く大自然ゾーンを超えるまでの最終 コンビニになります
Dsc_1571s
富士山が良く見える

"道の駅 富士吉田"から、ほぼ平坦を13km程度 走って"河口湖"付近にある第3チェックポイント"道の駅 かつやま"に到着
ここではアプリのチェックインを済ませ"アミノガッツ"を食べたら出発

ここから"西湖"を抜けて富士山 西側に入りますが、
対面2車線でカーブが多く、車は少ないものの自分を抜くタイミングの悪い車が散見されだすので、
こちらも注意し車が自分を抜けるタイミングを作り出す必要があります

"西湖"を越え"富岳風穴"と"鳴沢氷穴"を越えたら、大自然ゾーンに突入
周囲に建物が無くなり、草原や林のみのエリアに入ります
Dsc_1574s
めちゃめちゃ大自然で富士山が見える

"道の駅 かつやま"から30km走って第4チェックポイント"COW RESORT IDEBOK in 富士山高原"(72km地点)に到着

入り口に馬が居て、サイクルラックもある

チェックインだけではもったいないのでソフトクリームを食べる
Dsc_1576s
濃厚で旨い😋

この時点で12時40分

アイスを食べて"アミノガッツ"も食べたら、トイレを済ませ出発

ここから 何というか何も無いゾーンに入ります
もう、何も無く ひたすら走ります
道路幅は広いので走りやすい

終盤で少し登りますが、33km走って第5チェックポイント"裾野市 5輪モニュメント"(105km地点)に到着
Dsc_1578s Dsc_1582s
雲が出てきて富士山が見えない・・・

この時点で14時半
アプリのチェックインを済ませ"アミノガッツ"と"かし原 羊羹"を食べたら出発

後はゴール地点"小山町総合文化会館"を目指します

下り基調になり、見た目で路面状態が良かったので高速で下ったのですが、
見た目で判りにくい"凹"が多く、かなりの衝撃が来るので、 ゆっくり下った方が良いです

下った後は車と信号の多い御殿場市を抜けて
ゴール地点"小山町総合文化会館"に15時半に到着

距離 : 127km, 獲得標高 : 1,825m 走行時間 : 5時間13分
となりました。

富士山に西側からの絶景が素晴らしいライドでした

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2024/03/05

🌟サガミハライド(ミドルライド 中級) "Instagramで見覚えアリ?相模原絶景サイクリング" コース実走

秦野発で#サガミハライド
https://rarea.events/features/ride_sagamihara
のミドルライド コースを走る
コースのスタートは橋本駅だが、秦野からだと行きにくいのでコースのスタートから10kmは無し
宮ケ瀬周辺からコースに入ります

朝飯は
ミューズリー(200g, 706kcal, たんぱく質 18.8g, 脂質 9.8g, 炭水化物 145.4g)
ノンンフライ カップうどん(73g, 248kcal, たんぱく質 5.9g 脂質 1.8g 炭水化物 53g)
で、しっかり炭水化物を摂って 9:00頃スタート
ドリンクは"アミノバリュー"
(90kcal, アミノ酸 5g, クエン酸 2.5g)

<STRAVA>

宮ケ瀬到達前に"道の駅 清川"でトイレに寄り、
アミノ酸パウダー"アミノガッツ 4000"を飲む
(19.4kcal, アミノ酸 4g)

宮ケ瀬の"やまびこ大橋"を愛川町 半原方向へ抜け、
国道412号を北上し相模原に入ります

秦野から40kmあたりで"食堂 愛津屋"で昼食
時間は11:15頃
11:00開店だが、この時点でカウンター1席のみ空き
席について"豚ステーキライス(大盛)" 1,300円を注文。
15分位で着皿
肉は適度に柔らかく、味は醤油ベースでニンニクが効いており旨い。
大盛の白飯が進む進む。
Dsc_1284s
この後、ルート的に長い無補給区間があるが、
これでバッチリ エネルギーが補給が出来る
paypayが使用可能でバイクラック有り
トイレも済ます

食べ終わったら相模湖方向へ北上
"車、混んでいるのかな?"
を思ったが、寒い時期は込まないっぽく快適

相模湖駅を左に曲がり国道20号を西へ
曲がって早々、コンビニ "セブンイレブン 相模湖インター店"でトイレに寄って食料を補給
他にあんぱんとおにぎり 2個を買い、バックポケットに突っ込み、
アクエリアス 500mlに"アミノバイタル クエン酸チャージ"を溶かしボトルに入れる
(128kcal, アミノ酸 1g, アミノ酸 3,330mg程度)

持ってきた"かし原 塩羊羹"(57kcal タンパク質 0.5g)とアミノ酸パウダー"アミノガッツ"(19.4kcal, アミノ酸 4g)も食べる

さらに西へ進み、
藤野駅を過ぎたら左折し、田舎ゾーンへ突入していく

走行後に気付いたが、藤野駅以降 約19km
自分の脚力だと1時間20分はトイレが全く無いので、
藤野駅 近くの"藤野PA"でトイレに寄った方が良い


田舎ゾーンは登ったり下ったりを無数に繰り返す

道路脇には芸術的なモニュメントが点在し、
序盤にある"シュタイナー学園"前に景観の良い場所がある
Dsc_1286s Dsc_1287s

登っても下っても、たまに民家があるだけで何もない
トイレに行きたいが無い
路面は全て舗装されているが、凸凹状態の区間がそこそこ登場し、
登坂斜度は10%超えもちょいちょいあるが、概ね8%以下
車はほとんど来ないが路面状態に気を使う必要があるので、
サイコンは見ずに坦々と自分の走りに集中した方が無難

走り続けていると山区間の終盤に道志ダム
Dsc_1289s

これを過ぎると道志道(国道413号)に入って宮ケ瀬へ向かう

結局、相模湖のコンビニから21km走ってコンビニ "セブンイレブン 相模原津久井青野原店"に到着

トイレを済ましてホット カフェラテを買い、
山区間で食べなかった、相模湖のコンビニで買ったあんぱんとおにぎり 2個(鮭・梅)と一緒に食べる
(合計 274+175+165=614kcal, タンパク質 7+4.8+2.9=14.7g, 脂質 4.8+1.8+0.7=7.3g)
Dsc_1291s
あんぱんが旨い

宮ケ瀬に戻ったら一路 秦野へ

この #サガミハライド コースは獲得標高こそ1,500mを超えるが、
一気に登る"峠"は無いので走り切るのは そこまで高難度ではない印象
ただし、斜度 10%超えの坂はちょいちょい登場するので
最低でもFTP 3w/kg程度のパワーウェイトレシオは欲しいところ

体力はZwiftのZwift Gran Fondo(距離 98km 獲得標高 1,200m 程度)をノンストップで走り切れれば問題ない

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

続きを読む "🌟サガミハライド(ミドルライド 中級) "Instagramで見覚えアリ?相模原絶景サイクリング" コース実走"

| | | コメント (0)

2024/03/03

🌟 ちゃり飲 - 34 味の素 アミノバイタル クエン酸チャージ ウォーター

Dsc_1282s

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

34回目は携行用スポーツドリンク「アミノバイタル クエン酸チャージ ウォーター」

- 価格(1.0Lあたり) : 130円
- カロリー : 66kcal
- アミノ酸 : 2,000mg
- クエン酸 : 6,600mg
- タイプ : ハイポトニック

Dsc_1283s

500ml用スティック 20本/箱で売っている。

コストパフォーマンスとエネルギー補給としては、
トップバリュ スポーツドリンク パウダー」が良いのだが、
アミノ酸量は6倍、クエン酸量は3.3倍と高い事、
実走では1L用パウダーは使いにくいため購入

味はとても酸っぱいが、
走行中だと丁度良い

実際、実走で使ってみると、
疲労回復効果が高いのか足が続く。

エネルギーはプロテインバーや羊羹、食事でも補充できるのでアミノ酸とクエン酸量が多いのは、
効果があるのかもしれない。

 

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2024/02/14

🌟 ちゃり飲 - 33 武内製薬 THE PROTEIN ソイ リッチチョコ風味

Dsc_1252s

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

33回目は朝食時のタンパク質補給用プロテイン「THE PROTEIN ソイ (リッチチョコ風味)」(武内製薬)

5~6時間で吸収される"ソイタンパク"を主とし、
1食(20g)でタンパク質 15.4g

エネルギーは76kcal、脂質 1.0g、炭水化物 1.5g 食塩 0.5g

他に量は不明ながら
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンD、
乳酸菌、ナイアシン、パテント酸、葉酸も入っており、
ビタミン等も摂れるプロテインです。

味は"リッチ"と銘打っているものの、それほど濃厚では無いが、
割と美味しい"チョコっぽい味"がし、口当たりも良く飲みやすい。

ただ、溶けにくいのでシェイカーは必須。
タンブラーでかき混ぜるだけだと溶けません

Dsc_1253s

- 価格(1食 20g 付属スプーンすりきり2杯あたり) : 45.6円 (50食分で2,280円くらい)

- カロリー : 76kcal
- タンパク質 : 15.4g 

タンパク質量の割に安価で、
ビタミン等も含まれておりコストパフォーマンスは高い

風味展開は4種類から選べる。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2024/01/14

🌟 ちゃり飲 - 32 武内製薬 THE PROTEIN ホエイ ココア風味

Dsc_1254s 

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

32回目は夜練後のタンパク質補給用のプロテイン「THE PROTEIN ホエイ (ココア風味)」(武内製薬)

1~2時間で吸収される"ホエイタンパク"を主とし、
1食(30g)でタンパク質 22.4g

エネルギーは120kcal、脂質 2.1g、炭水化物 3.0g 食塩 0.2g

他に公式ホームページによると、
ビタミンC 50mg、ビタミンE 5.1mg、ビタミンB2 0.6g、ビタミンB6 0.6g、ビタミンB1 0.5mg、ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンD、
ナイアシン 8.5mg、パテント酸 2.5mg、葉酸も入っており、
ビタミン等も摂れるプロテインです。

味はココアとしては甘味も苦みも薄めだがココア感はちゃんとあって口当たりは良く飲みやすい。

ただ、溶けにくいのでシェイカーは必須。
タンブラーでかき混ぜるだけだと溶けません
Dsc_1255s

- 価格(1食 30g 付属スプーンすりきり3杯あたり) : 65円 (33食分で2,150円くらい)

- カロリー : 120kcal
- タンパク質 : 22.4g 

タンパク質量が20gを超えており、
少し過剰なので、自分は2/3の量で飲みます。
この場合、

- 価格(1食 20g 付属スプーン すりきり2杯あたり) : 43円 (50食分で2,150円くらい)

- カロリー : 80kcal
- タンパク質 : 14.9g 

夜練前に同じ武内製薬の"THE EAA"(タンパク質 8.8g [EAA : 7,160mg])を飲んでいることもあり、
1~2時間程度の夜練後なら十分なタンパク質量が摂れます

風味展開は多く、15種類(AMAZONでは)から選べる。

価格は安いがタンパク質 一辺倒プロテインではなく、
ビタミン等も含まれておりコストパフォーマンスは高い

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2023/10/16

🌟 ちゃり飲 - 31 武内製薬 THE EAA パイナップル風味

Dsc_1142s

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

31回目は運動前、運動後の短時間吸収のアミノ酸 補給用のサプリ「THE EAA パイナップル風味」(武内製薬)

必須アミノ酸をスプーン1杯(20g)で9,547mg
(バリン:1,667mg, ロイシン:3,333mg, イソロイシン:1,667mg, リジン:835mg, ヒスチジン:144mg, フェニルアラニン:864mg, スレオニン:749mg, メチオニン:202mg, トリプトファン:86mg, アルギニン, グルタミン:350mg)
他に、βアラニン(疲労抑制):100mg、カルニチン(脂質代謝促進):58.5mg、ポリフェノール(抗酸化作用):49mg、ガルニシアエキス(脂質代謝促進)、クエン酸:42mg
を摂取出来ます。
*パッケージのアミノ酸量とHP掲載のアミノ酸量が異なっているため、パッケージのアミノ酸量を記載。アミノ酸以外はHP掲載の量

Dsc_1143s

"EAA"は日本語で言うと「必須アミノ酸」。
"必須アミノ酸"だと"BCAA"(バリン、ロイシン、イソロイシン)が有名ですが、
これらは体内に十分なタンパク質がある場合にのみ働く様なので、
夕食 30分後の練習だと、夕食で食べたタンパク質の吸収前なので、
それを補うために購入。

実際、体感的に練習開始前はヤル気が出やすく、
練習中はパワーが出やすく維持しやすくなる。

"BCAA"も6,667mg 含まれています。

味は、以前購入した"スポーツドリンク風味"が不味かったが、
パイナップル味は酸味が結構 強い。
甘味は丁度良く、甘すぎない。
ただ、かき混ぜただけでは溶けにくいので、シェイカー必須
*"スポーツドリンク風味"は既に販売中止

- 価格(1食 20gあたり) : 113.6円 (50食分で5,680円くらい *2022年7月から800円 値下げされました)

- カロリー : 78kcal
- タンパク質 : 11.7g (EAA : 9,547mg)

1食が付属スプーン 山盛り1杯も入れると酸味が強すぎるので、
付属スプーン スリ切り 1杯(15g) で使用

この場合、

- 価格(1食 15gあたり) : 86円 (66食分で5,680円くらい)

- カロリー : 58.5kcal
- タンパク質 : 8.8g  (EAA : 7,160mg)

となるが、EAAは十分 摂れる。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2023/10/03

🌟箱根ヒルクライム 2023 (5回目)

去年に引き続き"箱根ターンパイク"で開催される
「箱根ヒルクライム」に参加
Hakonehill1s

受付は"ヒルトン 小田原"という高級ホテル
参加賞は去年同様、大観山で使える300円クーポンとハンドタオル

コースは距離 : 13.8km
平均斜度は7.2%ですが、
10kmまでの平均斜度が9%。
実際は8-10%の斜度。
10~11.5kmは下りと平坦。

その後、斜度 10%で800m登り、500mほど加速用の下りがあり、
ゴール付近は斜度 5-8%で300mの登坂スプリント。

体重は2022年が72kg、自己ベストを出した2020年が66kg
今年、2023年は71kgと、70kgを切れない減量失敗状態。

マシンは"ピナレロ FP5"から、
今年 購入した"BMC Teammachine SLR"にスイッチ
ホイールは"DT-SWISS PRC 1100 DICUT MON CHASSERAL"

他は去年と同じで
ヘルメットはOGKカブトの"エアロ R2"
ジャージは"NICO-OZ"

スタートは去年より1時間 早くなり、
40代クラスは9:50スタート


<WALKRIDE オフィシャル スタート動画>
割と前に陣取っていたので映っております

パワーは270w(3.8w/kg)を目途に走る

9月中旬から仕事が忙しくなり、
トレーニング頻度が下がったものの、
現状維持は出来た様で思いのほか足は回る

相変らず最初からモリモリの登り
フロント インナーでリアは軽い側から3枚程度を多用しながら登る

途中で足の合う人が居たので後ろに付くが、
斜度的に風よけ効果は無い

途中で5分遅れスタートの"VIVA 雑兵"のBASSさんに抜かれる
抜かれた際に何か話しかけられたっぽかったがハッキリ聞こえない
BASSさんの動画を見ると、
「一緒に行こう、もうすぐ平坦だ」と言われていた・・・


10km 登り切ったら平坦と下り区間に突入
ここら辺は無我夢中で記憶があまり無い。

平坦区間で飛ばして最後のゴール登坂に突入


<WALKRIDE オフィシャル ゴール直前>

最後は足がピキピキ(つりそう)ながらZwift仕込みのスプリントクライムでゴール!


<WALKRIDE オフィシャル ゴール動画>

タイムは58分 (自己ベスト +5分)
順位は44位/128人

自己ベストと比較すると、

区間 今年 自己ベスト
0-1km 4:52 277w 3.9w/kg 4:33 258w 3.9w/kg
1-2km 5:03 283w 3.98w/kg 4:47 257w 3.89w/kg
2-3km 5:12 284w 4w/kg 4:53 263w 3.98w/kg
3-4km 4:50 278w 3.91w/kg 4:31 244w 3.69w/kg
4-5km 4:59 272w 3.83w/kg 4:38 254w 3.84w/kg
5-6km 5:46 273w 3.84w/kg 5:22 248w 3.75w/kg
6-7km 4:46 263w 3.7w/kg 4:24 241w 3.65w/kg
7-8km 4:26 252w 3.54w/kg 3:56 246w 3.72w/kg
8-9km 4:57 260w 3.66w/kg 4:29 241w 3.65w/kg
9-10km 5:34 261w 3.67w/kg 5:04 246w 3.72w/kg
10-Goal 8:45 241w 3.39w/kg 7:27 241w 3.65w/kg
Total

58:13 266w 3.74w/kg

53:15 249w 3.77w/kg

う~む、全体的には自己ベストと似たパワーウェイトレシオだったが、
5分も遅くなるとは・・・

風の影響とは言われていますが、
全体的に速度の割には涼しい状態だったので、
風が吹いていたのかもしれません
Hakonehill2s
レース後に"FTP 272w(3.83w/kg)に上がったよ!"
と言われる

パワーを維持して痩せれば4w/kgに到達できるハズ

ゴール後に"ダムトラックス カフェ"でホットドッグに食らいつき、
"NICO-OZ"のKennyさんと写真を撮ったりして下山。
Hakonehill3s
チーズチリドッグ、プレーンドッグ、ホットコーヒー 美味いね😋

下りは速度が遅く、フロントブレーキが唸る。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2023/08/16

🌟BMC Teammachine SLR THREE 2023

Dsc_1017s

15年振りにロードバイクを購入しました。

"BMC Tehammachine SLR 2023"

きっかけは、
1月にY's Roadが味の素スタジアムで開催していた試乗会にて完成車に乗る。
(他にはウィリエール ゼロ SLR、ピナレロ パリス、トレック エモンダ SLRに試乗)
Wilier_s
<ウィリエール ゼロ SLR>

Emonda_s
<TREK エモンダ SLR>

Paris_s
<ピナレロ パリス>

Teammachine_s
<BMC チームマシーン SLR ONE>

漕ぎ出しの軽さはトレック エモンダ SLRが抜きん出ていたが、
踏み込みでの反応の速さはBMC Teammachine SLRがずば抜けて良く、
踏み込んだら踏み込んだだけ加速する。
漕ぎ出しの軽さも、自分的には申し分ない。

と、なり新車の最有力候補となる。

1月中にBMC取り扱いの小田原の"Cycle days"さんに注文に行く。

が、オーダーストップと言われ、Y's Roadに在庫有無を問い合わせたが在庫無し。
最終的に輸入代理店の"フタバ"にメールで直談判。
「取り扱いの多いお店を紹介してくれ!」
と、問い合わせたら
「"Cycle days"殿からも問い合わせがあり、まだオーダーが可能である旨を伝えました。」
と、連絡があり納期未定ながら2月1日に無事にオーダー成立。
サイズは51で、1月の試乗時に確認済。

納期未定だったので「今シーズンは来ないかな~」と思っていましたが、
富士ヒル前日のBMCブースで
「7月にコンテナが来るので、その中にあれば・・・」
と話しを聞く。

『まぁ、でも来ないっしょ』
と思っていたら6月末に「7月12日までに納品予定」と連絡あり。

ここから急転直下でペダル、パワーメーター、ヒルクライム用ホイールを何にするか決めて行きます。
実際、これらの部品はオーダーした2月から調査は実施しており、
購入店の取り扱いメーカーや在庫部品と調査結果がマッチし、
完成車と共に一挙に購入となりました。

さて、購入した"BMC Teammachine SLR"
BMCのオールラウンドタイプとしてはセカンドグレードですが、
最上位の"Teammachine SLR01"と同形状、同剛性ながら、
カーボンのグレードが異なるため少し重い。

フレームは空気抵抗を減らすため、
あらゆる後面をフラットとしたカムテール形状を徹底している。
Dsc_1015s
写真のフレーム後端面に丸みが無く、平らな形状がカムテール形状。

剛性確保のためか、ダウンチューブやトップチューブは太い。
フォーク周り、シートポスト周りはトップチューブをさらに太くして剛性を確保。
ボトムブラケット周りはシートチューブが太くなっておりゴツイ。

コンポーネントはシマノ アルテグラ R8100系
自身初の無線変速 Di2、リア 12s、油圧ディスクブレーキ

ペダルはデュラエースを購入。
今までアルテグラを使っていたのですが、回転抵抗がそこそこあるので軽軽のデュラエースを選択。
手で回してハッキリ判る位、アウテグラより軽く回転する。
Dsc_1054
<シマノ デュラエース ペダル>

パワーメーターはグロータックが代理店のMagene(マージーン) PES-P505 クランク長 170mmを購入。
購入店が在庫していた物。
チェーンリングはMageneを使わず、完成車のアルテグラ 52-36Tを移植。
パワーメーター本体にチェーンリングを取り付けるスパイダーアームタイプなので、
左右 両側計測。
ケイデンスも計測可能。

充電端子(下の写真のクランクアーム上部にある金色の〇 2つの部分)がむき出しなのが気になるが、
防水性能は"IPX7"。
Dsc_1055
<Magene PES-P505>

完成車ホイールは、
リム XRD-552、ハブ XRD-522と言う、ディープリムでも無いBMC完成車用のアルミホイールで前後セットで1,900g程度の重量。
前車"ピナレロ FP5"の完成車ホイール"MOST CHALL"(1,650g)より重い。

これだとヒルクライムレースでキツイので、
極めてラッキーなめぐり合わせで購入店が在庫しており、かつメーカー在庫処分価格となっていた、
"DT-SWISS PRC 1100 DICUT MON CHASSERAL"を購入。
重量は前後セットで1,266gと極めて軽く、
前車"ピナレロ FP5"のヒルクライム用ホイール"カンパニョーロ シャマル ウルトラ 2Way-Fit"(前後 : 1,475g)よりも軽い。

これに、スプロケは完成車の"アルテグラ" 11-34T(345g)を移植し、
ブレーキローターもシマノ "SM-MT800"(前後 : 196g)を移植。
タイヤは"MAXXIS HIGH ROAD SL 25c"(前後 : 340g)
チューブは"Magene EXAR TPUチューブ"(前後 : 72g)を組み合わせ決戦用ホイールの完成。

走った感じでは、
漕ぎ出しは抜群に軽く、平坦なら30km/hまでは一気に加速。
ただ、軽くて慣性力が小さいためか、35km/hあたりで加速しにくくなり、
維持するにもある程度のパワー維持が必要。

半面、完成車ホイールは加速は かなり鈍いが、
一旦、速度を上げてしまえば維持はしやすい感じ。
Dsc_0996 Dsc_0997
<DT-SWISS PRC 1100 DICUT MON CHASSERAL>

完成車ホイールはディスクローターにシマノ SM-CL800(前後 : 210g)

スプロケはシマノ "105" 11-34T(361g)を装着し練習用とする。

6月末の納品連絡から引き渡しの7月末までに理想の構成まで揃えきれたのは、
かなりラッキー。
特に、ホイールは割引無しなら50万円超えの代物ですが、
メーカーの在庫処分で半額以下で購入できたのは幸運すぎる。

おまけにサービスでシュアラスターのシャイニーシールドコーティングを施工してもらう。

<実走>
納車から1週間後の広域農道"やまゆりライン"往復を含んで、
距離 : 52km、獲得標高 : 999mを走る。

7月の体調不調(咳、痰、のどの痛み)により、ろくにトレーニング出来ていない状態ながら、
軽さのせいか、割と普通に走れる。
斜度10%でも足が回せたので、ホイール周りはかなりの軽さ。

次は完成車に付いているホイールで足柄峠を走る。
軽量の"DT-SWISS PRC 1100 DICUT MON CHASSERAL"に比べ、
ホイール周りの重量が前後で600g以上重く、
走ってみると、フレームの持ち味である
"踏み込んだら、即加速"
が消える。

が、フレーム自体の"たわみ"が少なくパワー逃げが少ないのか、
今までよりも平坦ではパワーの割には速度が出る印象。
今までの"ピナレロ FP5 + MOST CHALL"に近いフィーリングだが、
重いので登坂はパワーの割にはスピードが出ない。
また、アルミ製なので振動吸収性は皆無で、
凹凸で"グッ"と衝撃が来る。

う~む、
練習用としては重くて良いけど、いかんせん軽快では無く楽しくはない。
タイヤだけでも軽くした方が良いかも。

ただ、リムが重い分 慣性が働きやすいのか、
一度、速度を上げてしまえば速度維持は楽。

ともあれ、
これで、もう富士ヒル シルバーが取れなかった場合の理由は、
自身の鍛錬不足のみ

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2023/05/27

🌟 ちゃり飲 - 30 THE EAA スポーツドリンク風味

Eaa2

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

30回目は運動前、運動後の短時間吸収のアミノ酸 補給用のサプリ「THE EAA スポーツドリンク風味」(武内製薬)

アミノ酸をスプーン1杯(20g)で9,314mg
(バリン:1,082mg, ロイシン:2,120mg, イソロイシン:1,048mg, リジン:1,520mg, ヒスチジン:508mg, フェニルアラニン:1,318mg, スレオニン:772mg, メチオニン:772mg, トリプトファン:194mg, アルギニン, グルタミン)
他に、βアラニン(疲労抑制)、カルニチン(脂質代謝促進)、緑茶ポリフェノール(抗酸化作用)、ガルニシアエキス(脂質代謝促進)
を摂取出来ます。
Eaa1

"EAA"は日本語で言うと「必須アミノ酸」。
"必須アミノ酸"だと"BCAA"(バリン、ロイシン、イソロイシン)が有名ですが、
これらは体内に十分なタンパク質がある場合にのみ働く様なので、
夕食 30分後の練習だと、夕食で食べたタンパク質の吸収前なので、
それを補うために購入。

"BCAA"も4,250mg 含まれています。

味は、スポーツドリンク風味と言うものの薄く、
後味に苦みが来ます。

- 価格(1食 20gあたり) : 129.6円 (50食分で6,480円くらい)


- カロリー : 76kcal
- タンパク質 : 11.4g 

グロング EAA」の方が脂質代謝促進成分が含まれていないものの、
美味しく、コストパフォーマンスが良いので微妙。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2023/05/26

🌟 ちゃり飲 - 29 WINZONE ホエイ プロテイン パーフェクトチョイス 爽快サワーパイン味

Winzone1

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

29回目は夜練前の夕食におけるタンパク質補給用のプロテイン「WINZONE ホエイ プロテイン パーフェクトチョイス 爽快サワーパイン味」(日本新薬)

特徴は、
主原料は1~2時間で吸収される"ホエイタンパク"。
BCAA(分岐鎖アミノ酸)を含みEAA(Essential Amino Acid = 必須アミノ酸)を配合。

タンパク質 20.7g、炭水化物 4.6g カルシウム 277mg
他にビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、葉酸 、パテント酸、ナイアシン、鉄、亜鉛、マグネシウムを加え、
量は少ないですがビタミンとミネラルも摂れるプロテインです。

アミノ酸は
<BCAA,EAA>
バリン : 1,293mg
ロイシン : 2,375mg
イソロイシン : 1,386mg

<EAA>
スレオニン : 1,543mg
リジン : 2,059mg
メチオニン : 473mg
フェニルアラニン : 705mg
トリプトファン : 392mg
ヒスチジン : 435mg

<非必須アミノ酸>
グリシン : 389mg
アラニン : 1,125mg
セリン : 1,114mg
アスパラギン酸 : 2,329mg
アルギニン : 548mg
シスチン : 516mg
チロシン : 650mg
プロリン : 1,386mg
グルタミン酸 : 3,886mg
(合計 : 22.6gになり、成分表示の"たんぱく質 : 20.7g"を越えてしまう・・・。
 と、言うかアミノ酸パウダーなのか?)

味は最初にパイン風味。
後味はカルーアミルクからアルコールを除き、薄めた様な味。
サッパリしていて飲みやすい。

水には溶けやすいが、300mlタンブラーでかき混ぜると若干 ダマが出来ます。
Winzone2

- 価格(1食 30g 付属スプーン2杯あたり) : 89円 (35食分で3,132円くらい)

- カロリー : 116kcal

- タンパク質 : 20.7g 

アミノ酸が大量に摂れるので、
夕食時に飲めば、夜練の持続が楽になる!?

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

- 自転車 - 自転車 - イベント - 自転車 - イベント - レース(ヒルクライム) - 自転車 - メンテ・改造 - 自転車 -- 練習 - 自転車 -- 練習 - 実走 - 自転車 -- 練習 -- ZWIFT - 自転車 -- 練習 -- ZWIFT - イベント - 自転車 -- 練習 -- ZWIFT - グループライド - 自転車 -- 練習 -- ZWIFT - ミートアップ - 自転車 -- 練習 -- ZWIFT - レース - 自転車 -- 練習 -- ZWIFT - ワークアウト - 自転車 --- ちゃり飯 - 自転車 --- ちゃり飯 - 500円以下 - 自転車 --- ちゃり飯 - 750円以下 - 自転車 --- ちゃり飯 - カフェ - 自転車 --- ちゃり飯 - カレー - 自転車 --- ちゃり飯 - ファミレス - 自転車 --- ちゃり飯 - ファーストフード - 自転車 --- ちゃり飯 - 丼 - 自転車 --- ちゃり飯 - 番外編 - 自転車 --- ちゃり飯 - 麺類 - 自転車 ---- ちゃり飲 - 自転車 ---- ちゃり飲 - サプリ - 自転車 ---- ちゃり飲 - ドリンク -- ラリーカー -- ラリーカー - スバル -- ラリーカー - トヨタ -- ラリーカー - ヒョンデ -- ラリーカー - フォード -- ラリーカー - シトロエン -- ラリーカー - シュコダ -- ラリーカー - スズキ -- ラリーカー - セアト -- ラリーカー - ニッサン -- ラリーカー - フィアット -- ラリーカー - フォルクス ワーゲン -- ラリーカー - プジョー -- ラリーカー - プロトン -- ラリーカー - ミツビシ -- ラリーカー - ランチア -- ラリーカー -- BMW -- ラリーカー -- MG -- ラリーカー -- アウディ -- ラリーカー -- アルファ ロメオ -- ラリーカー -- オペル -- ラリーカー -- ダイハツ -- ラリーカー -- ポルシェ -- ラリーカー -- マツダ -- ラリーカー -- ミニ -- ラリーカー -- ルノー -- ラリーカー --- F2 キットカー -- ラリーカー --- S1600 -- ラリーカー --- S2000 -- ラリーカー --- グループ4 -- ラリーカー --- グループA -- ラリーカー --- グループB -- ラリーカー --- グループR -- ラリーカー --- ワールドラリーカー -- ラリーカー ---- その他 -- ラリーカー ----ラリー ベース車候補 --- 食事 --- 食事 - ラーメン --- 食事 - 手料理 ---- パソコン ---- 出張 ---- 自動車 ----- その他 ----- ポイント小遣い ----- ポイント小遣い -- AMAZON ----- ポイント小遣い -- 現金 ----- ポイント小遣い -- Tポイント ----- 列車・電車・汽車 ----- 安スマ ----- 安スマ - docomo通信