カテゴリー「 - 自転車」の58件の記事

2018/07/15

★秦野ライド 戸川公園-白泉寺-ヤビツ峠

Temporary_file2043317614767608215今日は、7/29に開催される「東京ヒルクライムOKUTAMA」での走行ペースおよび自身の実力を見るために、

かなり久々に「ヤビツ峠」のタイムアタックを敢行しました。

8:30に国道246号の名古木をスタート!!

もう暑いです。

蓑毛まではほぼ日陰の無い坂なのは当然の事ながら、蓑毛通過後も日陰はあるのですが、体感気温は変化無し・・・。

途中、途中でボトルの水を頭と首に掛けながらの走行で、

結局、満タンだったボトル1本(500ml)は全て水掛に使用。


タイムは名古木~ヤビツ峠 山頂までで46分・・・。(サイコンは先週の走行で紛失したので、Stravaの走行データから)

ん~、手元の時計ではもっと早かったんですが、良く分かりません。
(8:31発で9:11着だったハズなのに・・・。)

ま、取り合えずサイコンを買って、もう少し涼しい9月か10月に再計測してみよう。

また、ヤビツに行く前にウォーミングUPとして、戸川公園、菩提付近を走行。

ヤビツ後も再び菩提を上って、戸川公園まで行って帰宅。

戸川公園もちょっとしたヒルクライム(距離 : 2km 平均斜度 : 4.5%)になっており、
ここもタイムアタックして5分11秒でした。

総走行距離は61.7km
獲得標高は1,701mでした。

暑いねι(´Д`υ)アセアセ

続きを読む "★秦野ライド 戸川公園-白泉寺-ヤビツ峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/12

★ ちゃり飲 - 12 ウィダー in バー プロテイン バニラ

Protein1

Protein2

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

12回目は運動前、運動後およびロングライド中のエネルギーとタンパク質補給用の「ウィダー in バー プロテイン バニラ)」(森永)

薄いチョコ味のウエハースにバニラ風味のクリームがサンドされた物です。

大きさはやや大きく、口先でサクサク食べると言うより、ガシッと噛み切る大きさです。

形状も味もお菓子なのですが、タンパク質が10.5g入っています。

エネルギーも194kcalとそこそこあるためネルギー補給も可能。

栄養バランスは粉状のプロテインに寄せてあり、ビタミンB系と葉酸が含まれています。

ただ、含まれているタンパク質はアミノ酸では無いので、吸収にはある程度の時間が掛かります。
ロングライド用の補給食として使った方が無難。

ただ、ウエハースなので、口に入れると水分を持っていかれるので、
走行中に食べる物では無く、小腹の空いた休憩中等に食べるのが適切かと思います。

持ち運びはジャージのポケットに入る大きさなので、昼を挟む自転車トレーニング時に持っていけば、応急的な昼食として使えます。

味はチョコとバニラなので、薄いチョコチップ バニラアイスの様な味で、
癖も無く、普通のお菓子です。

- 価格(1食 1本あたり) : 160円 (12本入りの箱買い)

- カロリー : 194kcal
- タンパク質 : 10.5g

コストは少し高めですが、タンパク質の量が多くロングライドには持って来いの補給食です。

ちなみに、「乾燥したウエハースは嫌!」

という方には、「板かまぼこ」が同等のタンパク質があり脂質が低い食材として、あります。

ただ、常温で長時間の保存には対応していないので、食べる時にスーパー等買う必要がありますが、脂質が低くカロリーも半分なので、かまぼこの都度購入が苦で無い人にはお勧め!

Kamaboko1

Kamaboko2

続きを読む "★ ちゃり飲 - 12 ウィダー in バー プロテイン バニラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/08

★蓑毛(ヤビツ峠 入口)→宮ケ瀬湖→半原超え 神奈川県

今日は「クリテリウムとは何か?」を探しに「宮ケ瀬クリテリウム」の会場となる宮ケ瀬湖へ向かいました。

ヤビツ峠を越えて裏ヤビツを下るルートが一番近いと思い、

ヤビツを登り始めましたが、蓑毛にある電光掲示板で
「塩水橋より先 通行止め」
と表示されており、裏ヤビツはまだ通行止めの様。

今日の目的は宮ケ瀬なので蓑毛で折り返し、国道246号に向かう。

が、途中の凸凹でサイクルコンピューターが吹き飛ぶo(;△;)o
行ったり来たりしながら周辺を探すが、見つからず・・・。
ま、10年も前に買った物で、ステーもガタガタだったので致し方無いか・・・。

で、そのまま善波トンネルを超えて宮ケ瀬に向かう。

今回のルートは下図の様な感じ。

Pbstwimgcom_media_dhjt1swuyaa0bvv

伊勢原市から宮ケ瀬に向かい、

宮ケ瀬クリテリウムを観戦。

その後、オギノパンで昼食。

昼食後、半原超えで宮ケ瀬側に戻る。

というルートです。

その他に宮ケ瀬付近にある「あいかわ公園」にも寄り道し、獲得標高を稼いでます。









で、「宮ケ瀬クリテリウム」

「クリテリウムって楽しいのかな?」と思い、調査のために観戦です。

・・・ピュアビギナークラスでもこんなに速いんかい!━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

コースは短いのですが、急な登りと下りも組み込まれており、
スプリント状態で走り切るのは大変そうです。

心が折れかけている人も散見されます・・・

Dsc_0001

Dsc_0002

Dsc_0003

Dsc_0020

Dsc_0021











































































ちょっとクリテリウムは出なくて良いかな~。

ピュアビギナークラスだけ見て、オギノパンへ移動。

Dsc_0005

クラウンメロン(メロンクリームパン) 左下

焼きそばパン 右下

ハムステーキパン 上

を購入し、そのままテラス席で完食!










で、次は戻るために「半原超え」えです。


5kmで平均斜度は6%ですが、後半2kmは平均斜度 10%を超える坂です。

路面状況は悪く、砂、小石、石、岩のかけら、小枝、枝と、色々落ちています。
下りは飛ばせません・・・。

あと、景色の変化に乏しく、看板等があったりすると「頂上かな?」
と、思ってしまいがちだが坂はなかなか終わらない、
地味にキツイ。
半原超えは国道412号から頂上まで23min程度でした。

と、思いながらも半原超えし、宮ケ瀬湖の麓に戻ります。

今日の走行距離は89km。
獲得標高は2,247mでした。

 

続きを読む "★蓑毛(ヤビツ峠 入口)→宮ケ瀬湖→半原超え 神奈川県"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

★足柄峠 神奈川県南足柄市 ヒルクライム + 渋沢丘陵

今日は神奈川県南足柄市にあるヒルクライムポイント

「足柄峠」

と、

神奈川県秦野市の「渋沢駅」南に広がる「渋沢丘陵」でトレーニングです。

まずは、「足柄峠」

伊豆箱根鉄道の「大雄山駅」付近からヒルクライムスタートです。
(上の地図だと12km地点がスタート)

距離:11km
標高差:700m
平均斜度:6%

最初の8kmは平均斜度 5%で上り、後半3kmは平均斜度が10%になる峠で、
後半は九十九折カーブが多くなり、左カーブの内側は斜度がドギツイので注意。

平均斜度は「ヤビツ峠」とほぼ同じだが、
ヤビツ峠は「ほぼずっと6%の坂を登り続ける峠」

足柄峠は「2/3までほぼヤビツ。残り1/3が地獄」

となり、最後の3km 10%の坂を心折れずに登り切れるか?

が、鍵になります。
道幅は広く、車も走っているが数は少ないので走りやすい峠です。


今日は30℃を超える気温だったので、なるべく発熱しない様に、
足を使ってガシガシ踏み込まない様に気を付けながら走行。

・・・しかし、生暖かい風もそこそこ吹いていて、
「以外とノンストップで行けるかな?」
と、思ったのも束の間。

風があるといっても、無風になる事もあり、道は山肌に作られているため日陰も無く、
例によって後半3kmの途中でオーバーヒート気味になり、日陰で一旦停止。
なんか、足は元気だけど頭が熱くなりすぎて音を上げる状態でした。

それでも登り切って、頂上付近にある金太郎の石像を超えて「足柄城址」に到着!

Dsc_0002

Dsc_0001





























でも、体力的には不完全燃焼な感じ・・・。

夏の峠には頭からかぶる用の"水"を持っていくべきだったと痛感しました。

その後、下りの途中で100円のスポーツドリンクを購入し、
「渋沢丘陵」へ向かいます。

Dsc_0003

BCAAが入ってるっぽいですが、
60mg / 500ml
程度しか入っていないので、気休め程度。

他に
アルギニンが 40mg / 500ml

グルタミン酸が 20mg / 500ml

入っています。


















上の地図の41.5km付近から「渋沢丘陵」に入ります。

最初の3kmが斜度 5%程度で、その後の坂は斜度 3%程度になり、全体で5km程度の坂になります。

・・・でも、やっぱり暑い・・・。

今日の走行距離は50km。
獲得標高は1,000m
でした。

続きを読む "★足柄峠 神奈川県南足柄市 ヒルクライム + 渋沢丘陵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/10

★大山寺 - 日向渓谷 神奈川県伊勢原 ヒルクライム 2/2

今日は自転車乗りとしては「富士ヒルクライム」に参加したい所ですが、

エントリーしていないので、7月末に開催される「東京ヒルクライム 奥多摩」に向けて練習です。
行ったのは、神奈川県伊勢原市にある大山と日向渓谷。

2回目は日向渓谷の紹介です。
日向薬師やマス釣場、バーベキュー場、キャンプ場のある自然豊かな渓谷です。

上の地図だと39km地点がゴール。

国道246号からだと
距離:8.5km
平均斜度:3.5%
のヒルクライムになります。

道幅は終盤は狭くなりますが、それまでは対面2車線で、交通量もそこまで多くないので、比較的 走りやすい道です。
舗装も問題無いです。


今回は大山から日向渓谷に行ったので、上の地図だと34km地点から
距離:4km
平均勾配:7.5%
のヒルクライムでした。

しかし、序盤 2kmは平均斜度:3.5%で、残りの2kmが平均斜度:10%の登りになります。

で、最後の最後で登場するのが恐怖の看板

Img_20180609_114913

斜度:16% 看板の登場です!

ここからドギツイ坂に豹変し、
フルインナーでもケイデンス 50程度まで低下。
もう、力尽くで登るしかなくなります・・・






Img_20180609_114247

でも何とか通行止めのゲートまで到達。
これより先も、少し登りがあるみたいですが、
もう、気力が無くなっていたため、ここで撤退。
急斜面のダウンヒルは苦手なんですが、
「ブレーキーシューとリムの隙間を広くすると、ブレーキが握りやすくなって、制動力も高まる」
とい、言う記事を参考にブレーキ調整をした事もあり、ブレーキバッチリでした。

総走行距離:60km
獲得標高:1,270m
人も車も少ないので、お勧めなヒルクライムポイントです。

続きを読む "★大山寺 - 日向渓谷 神奈川県伊勢原 ヒルクライム 2/2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/09

★大山寺 - 日向渓谷 神奈川県伊勢原 ヒルクライム 1/2

今日は自転車乗りとしては「富士ヒルクライム」に参加したい所ですが、

エントリーしていないので、7月末に開催される「東京ヒルクライム 奥多摩」に向けて練習です。
行ったのは、神奈川県伊勢原市にある大山と日向渓谷。

今回は大山の紹介です。
ケーブルカーに乗れば大山阿夫利神社まで行けますが、
自転車だとその下の「大山寺」まで阿夫利林道を登る事になります。

上の地図だと24km地点がゴール。

国道246号からだと
距離:10km
平均斜度:5%
のヒルクライムになります。

交通量もそこまで多くないので、比較的 走りやすい道です。


国道246号から4kmは平均斜度 3.5%程度で登り、
後半、6kmは平均斜度:6%の林道(舗装あり)です。

Img_20180609_100818

これが、阿夫利林道の入り口。
おみやげや軽食の食べられる「清水屋」さんの駐車場に入り口があります。
大山はケーブルカー乗り場付近までは何度か行った事がありましたが、こんな隠しルートがあるとは思ってもいませんでした。





ここからは、平均斜度が6%になりますが、途中で平坦や軽い下りが点在するので、
坂自体の斜度は8~10%程度はある模様。

ただ、坂→平坦→坂の繰り返しになるので、ひたすら登り続けるわけでは無いのが救い。

路面は舗装されていますが、所々、地面に穴が開いていたり、木の枝が落ちていたり、少し大きい石が落ちていたり、車やバイクが走ってたりするので、周囲にも道路にも注意を払う必要があります。


で、グイグイ登っていくと・・・

Img_20180609_103638

目の前にトンネルが出現し、道が無くなります。

頂上付近には車が数台 停まっているので、車が見えてきたら、もうすぐゴールです。

ここから「大山寺」に歩いて行く事が出来ます。





ただ、大山寺に行くには・・・

Img_20180609_104756

トオネルの脇にある道を歩いて下っていく必要があり、自転車を担いで取り合えず下りました。









Omamori


「大山寺」には自転車にも付けられる、交通安全のお守りが売っています。

1個 800円

今回は自分と妻用に2個購入しました。

(カラフルな方が妻用。夜になると光る方が自分用)

大山寺自体は別ルートを徒歩で登ってくる人もそこそこいて、大山阿夫利神社の参拝登山の中継地点になっている様ですね。


次回は、来た道を戻り、次は「日向渓谷」ヒルクライムに向かいます!

続きを読む "★大山寺 - 日向渓谷 神奈川県伊勢原 ヒルクライム 1/2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/27

★寄 神奈川県松田町 ヒルクライム

神奈川県松田町にあるヒルクライムポイント

「寄(やどりき)」
国道246号から終点までの距離は9kmと短いですが、勾配のキツイ箇所が複数あるヒルクライム ポイントです。

平均斜度:3.4%
登坂平均:6.5%

一旦 登り、下ってから再度登るコースです。

初っ端から平均斜度:7%で1.2kmの坂。

その後、多少 緩くなって平均斜度:6%で1.3lm。

その後はコブの様な急斜度はあれど、平坦な道が1.4kmあり、
一旦 下ります。

下った後は再度 坂が登場し、平均斜度 5%で1kmあり、
再度、平坦が1.5km。

ここまでは路面は良い。

再度、登坂となり平均斜度 6%で2kmを走破する。

所々 斜度 10%超えの坂があり、路面状況は凸凹になっており、走りにくい。

ダウンヒル時は斜度が急で路面状況の悪い箇所は自転車を引いて下る。

ヤビツ峠より斜度のキツイ区間があるので、何回か往復すると高斜度トレーニングになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/25

★グランフォンド 丹沢 2018 -7 松田町役場-秦野 カルチャーパーク

「グランフォンド丹沢 その7」

7回目は「松田町役場 ~ 秦野 カルチャーパーク(ゴール)」

120km以上を走った状態で、最後に待ち受ける短距離登坂区間が数回あります。

全長は19km。

1.5km程度走ると、最初の登坂。

斜度 7%で700mと斜度 6%で1kmの坂が登場。

エイドから近く、足はまだ有る状態だったのでフルインナーながら登りきる。

その後、下りが4km。

道を秦野方向に曲がって、100~200m程度の斜度 9%程度のこぶ超え。

その後、斜度 10%超えの坂がある区間を1km走る。(平均斜度 6%)
ここら辺から、足がほぼ無くなってしまい、坂でスピードが出せなくなる。

2km程度の平坦路を走って「震生湖」まで斜度 8%の坂を700m走って「震生湖」に到着。
もう、足は残ってないので気力で上る。(但し、スピードは出ない・・・)

「震生湖」では「カルピス」が提供される。

一気飲み!

ここで、3分休憩。

その後、秦野駅周辺まで下って、水無川沿いをカルチャーパーク方向へ移動。

ここも、斜度 2%で2.7kmの緩い坂です。

平均速度は17km/h程度でした。

そして、ゴール地点の「秦野 カルチャーパーク」に到着!

ゴール時間は13:54。

トータル時間は8h54min。
総走行時間は約7時間
総休憩時間は113分

順位は無いのですが、写真の撮影順からみると40位あたり。

参加人数はロング 200人程度。(公式からの発表が無いので、松田町のツイートより)

コースを変更して欲しい箇所はあったものの、道案内やエイドの設置個所等はは問題の無い運営でした。


お疲れ様でした!
次は、どのイベントに参加しましょうか?

続きを読む "★グランフォンド 丹沢 2018 -7 松田町役場-秦野 カルチャーパーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/24

★グランフォンド 丹沢 2018 -6 丹沢湖 入口~松田町役場

「グランフォンド丹沢 その6」

6回目は「丹沢湖 入口~松田町役場」

車やトラックの多い「国道246号」から離れて、側道・旧道ルートを通ります。

長い坂も無く、基本 かなり緩い下りの多いルートです。

全長は12km。

246から側道に入って1km位でエイドステーション「一休食堂」に到達(12:05)

ここでは、みたらし団子風の餅とゼリー、冷たい水が提供されました。(8分 休憩)

「一休食堂」は日曜が定休日なのに申し訳ない!

ありがとうございました!

ここでは8分程休憩。

その後、再び下り基調で11km走行し、エイドステーション「松田町役場」に到着(12:41)。

再度「国道 246号」に入る区間がありますが、道幅が広く、あまり苦になりません。(10分休憩)

エイドステーションでは
「餡子 たっぷり饅頭」
「SHONAN GOLD ENERGY」
「レモン飲料」
「ぬるい水」
が提供されました。
ま、下り基調だったので、そこまで体力は削られていなかったのですが、
エイドステーション担当のおばあちゃん達の好意に甘えて食べて飲んで気合注入です。

若い人達が、おばちゃん達の好意をサクッと断ってる様には世代を感じました。

続きを読む "★グランフォンド 丹沢 2018 -6 丹沢湖 入口~松田町役場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★グランフォンド 丹沢 2018 -5 道志 道の駅~山中湖~丹沢湖 入口

「グランフォンド丹沢 その5」

5回目は「道志 道の駅 - 山中湖 - 丹沢湖 入口」

山中湖まで登り、その後 篭坂峠を超えて、静岡県に突入。
後は、ひたすら下りというコース。

ルート全体としては、
距離:45km
登坂平均斜度:4.6%
全体平均斜度:-1.2%
獲得標高:940m
走行時間:1h53m
平均速度:23.89km/h

道志 道の駅を出発してから平均斜度 5%で8.5kmの坂。

相変わらず交通量は多く、ようやく全体の半分の距離に達したあたりなので、
無理はせず。

33分で登る。(平均速度:15.45km/h)

その後は下りで、斜度が-8%~3%と徐々に緩くなる坂道を下る。

山中湖付近になると、歩行者が結構 居る。

山中湖の「ゆいの広場ひらり」にエイドステーションが設けられており、10:27に到着。

ここでは、ぬるい水と近くにある「JOY PATIO」のソフトクリームが提供される。

グランフォンドのエイドステーションでのソフトクリームの提供は珍しい。

ここでは19分休憩。


その後、4km程 平坦。

そして、静岡県境の「篭坂峠」へ突入。

平均斜度が5%で2kmの坂を超え、その後、平均斜度 -5%で6kmのダウンヒル。

登りは道の舗装状態が悪く、特に自転車の走行する左側はデコボコでアスファルトも割れまくっている。

下りは舗装状態が良くなるが、今度は道に縦の溝が掘ってあり、タイヤのグリップレベルが良く分からなくなる。
20C幅のタイヤだと溝にはまりそうです。
(自分は23C)

下り坂の途中にチェックポイント「富士浅間神社」があましたが、
気づくのが遅く、一旦 オーバーシュートしたためちょっと戻りました。
到着は11:15。

ここには水も食べ物も無く、トイレに寄って直ぐに出発。(3分 停止)
その後もダウンヒルは続き、平均斜度:-3%で20km。

途中に信号もちらほらある道で、最後の方は「国道 246号線」の出ます。

「国道 246号」は車の交通量も多く、トラックも多数 走っていたので、ちょっと怖い。

「246」を走っている間に、神奈川県に戻ります。

続きを読む "★グランフォンド 丹沢 2018 -5 道志 道の駅~山中湖~丹沢湖 入口"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

- Google+ | - パソコン | - ポイント小遣い | - ポイント小遣い - 現金 | - ポイント小遣い - Tポイント | - ポイント小遣い- AMAZON | - ラリーカー | - ラリーカー - BMW | - ラリーカー - MG | - ラリーカー - アウディ | - ラリーカー - アルファ ロメオ | - ラリーカー - オペル | - ラリーカー - シトロエン | - ラリーカー - シュコダ | - ラリーカー - スズキ | - ラリーカー - スバル | - ラリーカー - セアト | - ラリーカー - ダイハツ | - ラリーカー - トヨタ | - ラリーカー - ニッサン | - ラリーカー - ヒュンダイ | - ラリーカー - フィアット | - ラリーカー - フォルクス ワーゲン | - ラリーカー - フォード | - ラリーカー - プジョー | - ラリーカー - プロトン | - ラリーカー - ポルシェ | - ラリーカー - マツダ | - ラリーカー - ミツビシ | - ラリーカー - ミニ | - ラリーカー - ランチア | - ラリーカー - ルノー | - ラリーカー -- F2 キットカー | - ラリーカー -- S1600 | - ラリーカー -- S2000 | - ラリーカー -- その他 | - ラリーカー -- グループ4 | - ラリーカー -- グループA | - ラリーカー -- グループB | - ラリーカー -- グループR | - ラリーカー -- ワールドラリーカー | - ラリーカー ---ラリー ベース車候補 | - 列車・電車・汽車 | - 安スマ | - 安スマ - docomo通信 | - 自動車 | - 自転車 | - 自転車 - ちゃり飯 | - 自転車 - ちゃり飯 - 500円以下 | - 自転車 - ちゃり飯 - 750円以下 | - 自転車 - ちゃり飯 - カレー | - 自転車 - ちゃり飯 - ファミレス | - 自転車 - ちゃり飯 - ファーストフード | - 自転車 - ちゃり飯 - 丼 | - 自転車 - ちゃり飯 - 番外編 | - 自転車 - ちゃり飯 - 麺類 | - 自転車 - ちゃり飲 | - 自転車 - ちゃり飲 - サプリ | - 自転車 - ちゃり飲 - ドリンク | - 食事 | - 食事 - ラーメン | - 食事 - 手料理 | その他 | 出張