★se555 World Rally Car - セゴ ワールドラリーカー - (セゴ)ろぐ


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2023/01/21

🌟Y'sロード スポーツ バイク デモ

今日はスポーツサイクル専門店「Y'sロード」主催の試乗会
「スポーツ バイク デモ」
に参加。

試乗があるので服装は迷ったが、
上半身は内側から"おたふく手袋"のインナー
"モントン"のウィンタージャージ
"モアザン"のウィンタージャケット
下半身は内側から"アディダス"のウィンタータイツ
"アディダス"のウィンドブレーカ

試乗用に
サイクリングシューズ、ヘルメット、ウィンターグローブ、アンクルバンドを持っていく。

場所は調布市にある"味の素スタジアム"の"あじペン広場"

入って直ぐに"MAVICカー"
Dsc_0078s
スバル レヴォーグ

今回は試乗する事が目的なので、メーカーブースへ

試乗の感想は、今回 試乗した4台を乗り終わった後での感想になります。
試乗をあまりした事が無いので、感想は軽快感(≒ペダリングの軽さ)と加速感(≒パワーを掛けた際のレスポンス)のみ。
試乗時はなるべくパワーを出す様に走行。
体感的に7~w/kgで加速しています。

最初は"ウィリエール"
"ゼロ SLR"に試乗する。
Wilier_s
奇麗な青
ペダルはフラペ
コンポはアルテグラ Di2

軽快感、加速感のバランスが良い。
軽量でペダリングが軽く、パワーを入れればグイッと加速する。
フレームが固い感じは受けない、高次元でバランスが良い。

次は"トレック"
"エモンダ SLR"
Emonda_s
受けっとった際にビビッと来たが、
アホみたいに軽い。
上記の"ウェリエール ゼロ SLR"と比べても、持っただけで判るくらい軽い。

ペダルはSPD-SL

とにかく漕ぎが軽く、自身の乗っている"ピナレロ FP5"でこれに勝るのはキツイな~。とか思う。
軽さは試乗した中でNo.1
パワーをグッと入れた時の反応は"ウェリエール ゼロ SLR"には劣る感がある。

次は"BMC"
"Teammachine SLR"
Teammachine_s
スイス BMCのセカンドグレード"SLR"
持った感じでは"ウィリエール ゼロSLR"、"トレック エモンダ SLR"よりも重いが、
僅差の様な気がする。

ペダルはSPD-SL

漕ぎ出しは軽い。
特に良いのは加速感。

パワーを入れた際の反応が凄く早く、
グッと入れたらグワッと加速する。
この反応の速さは素晴らしく、自分の好みに合う。
走って楽しい。

次は"ピナレロ"
”パリス”
Paris_s
"プリンス FX Disc"に乗りたかったが、
人気がありすぎて乗れず・・・。

ペダルはSPD-SL

グレードとしては3rd。
持った感じでは自分の"ピナレロ FP5"より軽い気がする。

軽快感、加速感 共に、今 乗っている"ピナレロ FP5"とあまり変わらない。

今回乗った試乗車の中では一番もっさりしていて、
加速も鈍い。

他に、"プリンス FX Disx"と"DOGMA F"を持ち上げさせてもらったが、
次号機でピナレロは無いな。

最有力は"BMC"

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2022/11/03

🌟AMD PC 改造

2016年に自作した現デスクトップPC
スペックは
CPU  : AMD 「A8-7600
メモリ  : 16GB (DDR3-2400 G.SKILL「RipJawsX」 )
マザーボード  : ASRock 「A88M-G/3.1」
SSD  : Crucial「CT250MX200SSD4 
m.2-SATA変換:ProjectM 「M.2 - SATA変換ボード 
HDD  : ウェスタンデジタル「WD10EZRX
ブルーレイ : パイオニア「BDR-209XJBK/WS2」
電源 : 玄人志向「KRPW-PB300W/85+」
ケース : CORSAIR「Carbide 88R CC-9011086-WW」
キーボード・マウス : Logicool 「MK240BK」
モニタ : イイヤマ「ProLite XB2481HSU
と、現行PCに比べたら非力ですがZwiftが可能でWeb、メール、動画鑑賞は問題無く行えてました。

改造に至った事の発端は2021年3月くらいから発生していた

"Zwift中にPCが落ちる"

でした。
この時は同じ現象が発生している方が多く、
Zwiftのアップデートで落ちる頻度が低下したので、そのまま使用していました。

が、それ以降は"Zwift中でなくとも落ちる"事があり、
いよいよ何かの部品が寿命っぽい感じになって行きました。

最初にメモリとSSDを交換。
メモリはDDR3-1600の4GB x2枚にスペックダウン(今時、DDR3-2400なんて売っていない)
SSDはm.2 PCIe接続の500GB

これでしばらくの間は落ちなくなったのですが、
結局は落ち始める。

落ちる頻度は下がったので、そのまま使っていたら、
今度は落ちた後に電源ボタンを押してもハードディスクアクセスランプのみが点灯し、
起動しない状態が頻発しだす。
"夏だし熱暴走かな~?"
とも思い、BIOSでファン速度を速くしてみたり、
CPUを低発熱モードにしてみたりしたが解消せず。

色々調べてみたが、
・GPU内臓CPUはメインメモリをGPU用として使うので、負荷が高くなると不安定になる
・電源が寿命だと突然、電源が落ちる
・CPUの故障
・マザーボードの故障
と、落ちる原因は多岐に渡るので、
取り敢えず
"GPUボードの追加"
"電源ユニットの交換"
を実行に移す。
念のためCPUファンも交換する。

<CPUファン>
CRYORIG : H7 V2
Dsc_0776s
サイドフローでTDP 150W対応
ヒートシンクが今までCPU付属ファンの5~6倍あり、
取り付けはクリップ留めではなく専用のバックプレートを使ったネジ留め。
ヒートシンクがデカすぎて作業性は悪い
ファン口径が大きいので音は静か。
5,000円程度

<GPUボード>
MSI : GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV1
Dsc_0777s

Nvidia製 GEFORCE GTX 1650を搭載した、
外部電源が必要なグラフィックボード。
接続はPCIe 3.0 16x
Zwiftの推奨環境を満たすスペックを持つ
23,000円程度

<電源ユニット>
玄人志向 : KRPW-BK650W/85+

改造前は300Wだったのですが、
今時、そんな低容量な物はほとんどなく、
GPU追加も考えて+350Wの650W仕様。
プラグイン式なので必要な電線のみを電源ユニットに接続して使う。
7,200円程度

上記の改造後は電源落ちる現象が発生しなくなる。
ZwiftもフルHDモードで動作する様になる。

下の画像は左が"HD画質"
右が改造後"フルHD画質"
Gcn4_220407 Zwift_20221103001001
全体的にぼやけている感が無くなり、
輪郭がクッキリし、動きもヌルヌル化します。
他に影が表示され光の当たり具合も精細になります。

改造後のスペックは、メモリを元々の高速で容量の大きい物に戻し、
CPU  : AMD 「A8-7600
メモリ  : 16GB (DDR3-2400 G.SKILL「RipJawsX」 )
マザーボード  : ASRock 「A88M-G/3.1」
SSD  : Crucial「CT500P1SSD8
GPU    : MSI 「 GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV1 
HDD  : ウェスタンデジタル「WD10EZRX
ブルーレイ : パイオニア「BDR-209XJBK/WS2」
電源 : 玄人志向「KRPW-BK650W/85+」
ケース : CORSAIR「Carbide 88R CC-9011086-WW」
キーボード・マウス : Logicool 「MK240BK」
モニタ : イイヤマ「ProLite XB2481HSU

これでFF XVベンチマークのフルHD 標準画質で4,000程度

安定動作を祈る。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2022/10/05

🌟箱根ヒルクライム 2022 (2年振り 4回目)

去年は仕事で海外出張に行っていたため参加できなかった、
「箱根ヒルクライム」
に参戦。

前日受付はいつも通り"ヒルトン 小田原"
ホテルに行きつくまでに結構 登るので車で行く。
立地的に熱海方面に抜ける道を通るので、
なかなかの渋滞😅
Dsc_0013

駐車場は激込みだったが何とか停めて受付を行う。
参加賞は小さいタオルとゴールの大観山で使える300円のクーポン。
サイクルキャップの"サイクロン"さんが出店していたので、
青くて猫なキャップを買う。
Dsc_0016
受付会場を出ると、何やら募金活動をやっていたので少し協力。

ヒルクライムは自動車専用道の「箱根ターンパイク」で今年も道路を閉鎖し、
年1回限りのタイムアタック。
距離は13.8km
平均斜度は7.2%ですが、
10kmまでの平均斜度が9%。
実際は8-10%の斜度。
10~11.5kmは下りと平坦。

その後、斜度 10%で800m登り、500mほど加速用の下りがあり、
ゴール付近は斜度 5-8%で300mの登坂スプリント。

ゴールが左車線から右車線に変更になったため、
最後の登りが今までより少し急になった。

スタート地点からモリモリ登ります。
Dsc_0018

体重は去年より6kgも重い72kg程度と、
過去、最高に重い。
体脂肪率は13%程度と、
怠慢しすぎて絞りきれていない状態。

ヘルメットはOGKカブトの"エアロ R2"
アイウェアはティフォージの"RAIL"(フレームレス)
ジャージは"NICO-OZ"
で参戦。
Aeror2 Rail

Ihg086

ドリンクはアミノバリューを薄めず、
スタート前に500mlは飲んでおき、
走行中の給水を最小限にする。

山頂荷物を預けてボーッとしていると
Twitter繋がりのBASSさんを発見し、
声を掛ける。
骨折で長らくレースに出ていらっしゃらなかったが、
いよいよ復活の様だ。

キャラヒル クラス(コスプレして走るクラス)もあり、
ムキムキ 女装 うま娘レイヤーが多数。
人の多様性は奥深く、やり切る感が尊敬できる。

リアル ドラえもん も居たし、
何のコスプレなのか良く分からない全身タイツも居る。

スタート地点へ自転車を移動している時に気付いたが、
サドルバック(携帯工具、チューブ、クリートカバー、パンク修理キット、ファーストリスポーン入り)と携帯空気入れを外し忘れている・・・。
体重が重い上に+2kg 上乗せ😅

ま、どーしよーも無いので気にせずスタート❗

パワーは260w(3.6w/kg)を目途に維持。

一昨年はリア27tで260wが出せたが、
今年は30tで260wが出てしまう位、ペダルが重く、
同じパワーでもスピードは10km/h付近と遅くなっており、
重くなった事を実感。

前述のBASSさんも5分遅れスタートなのに、
23分(3.5km付近?)位に抜かれてしまう。
*BASSさんの車載動画
(動画の左側を走っているのが私です)

登坂区間 (0-10km)の平均速度は11.3km/h
パワーは248w(3.4w/kg)。

パワー自体は一昨年と同等だが重くなったのでパワーウェイトレシオは-0.4w/kg 低下しており、
速度は-2km/hも遅くなり、重さの重要性を知る。

その後の平坦区間はアウターで飛ばす。

ゴール付近は動画があって、
ウォークライド公式動画 ゴール手前

の一番左で疾走。

ゴール付近はスプリント(720w 10w/kg)してゴール😃
ゴール動画も公式であります

時間は1h1mと一昨年 +8mと、
当然ながら不甲斐ない結果。
順位は77位/189人

富士ヒルクライム後に気が抜けてサボり過ぎました😖

中間地点での死にかけ状態の写真(by @yuki_asato)
Dsc_8539

でも、ゴール地点では復活👍(by @Taguchi_oto)
Dsc0627

この悔しさを忘れずに、
来年にむけてコツコツ ですね😃

ゴール会場では富士山がクッキリ🗻
Dsc_0021

ゴール会場では"ダム トラックス カフェ"で300円クーポンを使い、
チーズドッグ ドリンク ラージとフライドポテトで昼食。
Dsc_0023
昼食中にNICO-OZの人からオーストラリア土産を頂き、
NICO-OZの"むー"さんとリアルミートアップ😀

その後、表彰式会場で
YoutuberでTwitterでフォローしているEMUのにんにんさん(30代 優勝😄)、
レイヤーでTwitterでフォローしている美架さん(スパイファミリーのヨルさんコスプレで走って最高に奇麗でした)に声掛けする。

他に、Twitterでフォローしているしろたえさんを見る。

写真より現実の方がみなさんカッコ良く奇麗。

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2022/09/15

🌟 ちゃり飲 - 27 ウィダー マッスルフィット プロテイン 森永ラムネ味

Dsc_0680s

サイクリング中に飲むパウダータイプのアミノ酸系スポーツドリンクやサプリ等を紹介する

「ちゃり飲」

27回目は夜練前の夕食におけるタンパク質補給用のプロテイン「ウィダー マッスルフィット プロテイン(森永ラムネ味)」(森永・ウィダー)

しばらくの間、練習前 夕食用としては「グロング ホエイ プロテイン 100 ベーシック(スイートミルク風味)」を飲んでいましたが、
以前から気になっていた"ラムネ味"プロテインが安くなっていたので購入。

特徴は、
1~2時間で吸収される"ホエイタンパク"と"ソイタンパク"より長い7~8時間で吸収される牛乳由来の”カゼインタンパク”を配合。
筋肉の生成推進や抗酸化作用のある「Eルチン(酸化処理ルチン)」を配合。

タンパク質 20g、炭水化物 6.7g カルシウム 300mg
他にビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸 、パテント酸を加え、
量は少ないですがビタミンも摂れるプロテインです。

他のマッスルフィット プロテインに比べると、
カロリーは同等ですが、タンパク質量が約3g 少なく、
炭水化物が約4g多く、鉄分が配合されていません。
(他のマッスルフィット プロテインは「★ ちゃり飲 - 14 ウィダー マッスル フィット プロテイン」参照)

味は確かに"森永ラムネ"
飲料のラムネでは無く、タブレット錠のラムネ味。
甘酸っぱいが酸っぱさの方が強い。
他に例えると、粉っぽい飲む酢。
粉っぽさが気にならなければサッパリ味で飲みやすい。

初めて飲んだ一口目は"ラムネ味=ガリガリ君 ソーダ味"と勘違いしており、
飲んだ瞬間「何これ?ソーダじゃない。何味これ?」でした。

酸味は"クエン酸"で出し、
炭水化物が多いので、ほぼ ぶどう糖のラムネ味に近づけるため、
ぶどう糖も他のマッスルフィット プロテインよりは多いと思う。
(他のマッスルフィット プロテインにはクエン酸は入っていません)

水には溶けやすく、300mlタンブラーで抵抗無く飲めます。
Dsc_0681s

- 価格(1食 30g 付属スプーン3杯あたり) : 100円 (30食分で3,000円くらい)

- カロリー : 114kcal

- タンパク質 : 20.0g 

ちなみに2/3の量で飲んだ場合、

- 価格(1食 20g 付属スプーン 2杯あたり) : 67円 (45食分で3,000円くらい)
*注意 : スプーン 2杯(20g) 水多めで飲むと、甘味が弱く酸っぱいだけで美味しくないので、おすすめしません。

- カロリー : 76kcal
- タンパク質 : 13.3g 

疲労軽減効果のあるクエン酸が摂れるので、
夕食時に飲んで1日の疲労を軽減してからレッツ トレーニング!

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

2022/06/29

🌟2021年の「富士ヒル」から2022年の「富士ヒル」まで、どの位 練習したのか?

タイトル通り、
1年間でどの程度の練習を行ったのかを振り返ってみる。

2021年の富士ヒルで42歳、
FTP 3.6w/kgです。

実走、バーチャル含めて、
"走行距離","獲得標高","走行時間","TSS"の順に週単位で書き出してみる。

<2021年>
6/7 - 6/13 : 226.2km, 2,713m, 9h14m, 431
6/14 - 6/20 : 195.4km, 3,769m, 8h54m,437
6/21 - 6/27 : 173.6km, 2,385m, 7h35m, 328
6/28 - 7/4 : 246.6km, 3,226m, 8h59m, 499
7/5 - 7/11 : 288.8km, 3,227m, 10h12m, 536
7/12 - 7/18 : 300.3km, 2,690m, 11h22m, 482
7/19 - 7/25 : 152.1km, 2,483m, 6h24m, 372
7/26 - 8/1 : 167.7km, 2,571m, 7h0m, 305 - ワクチン 1回目接種
8/2 - 8/8 : 119.8km, 1,216m, 4h10m, 199 - 調子を崩す
8/9 - 8/15 : 210.4km, 1,670m, 6h4m, 372
8/16 - 8/22 : 35.0km, 343m, 1h7m, 87 - ワクチン 2回目接種 トレーニング自粛
8/23 - 8/29 : 136.6km, 675m, 5h7m, 228 - 低負荷トレーニング再開、海外出張で箱根ヒル参加不可 確定でヤル気ダウン
8/30 - 9/5 : 112.7km, 1,900m, 4h58m, 263
9/6 - 9/12 : 197.9km, 2,004m, 7h47m, 292
9/13 - 9/19 : 78.1km, 206m, 2h4m, 112 - 翌週から海外出張なので、やる気無し
9/20 - 9/26 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
9/27 - 10/3 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
10/4 - 10/10 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
10/11 - 10/17 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
10/18 - 10/24 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
10/25 - 10/31 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
11/1 - 11/7 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
11/8 - 11/14 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 海外出張
11/15 - 11/21 : 5.8km, 52m, 0h41m, 3 - 帰国、そして弱体化判明
11/22 - 11/28 : 12.1km, 185m, 0h41m, 15 - 弱体化し過ぎていて、乗る気にならない
11/29 - 12/5 : 60km, 822m, 2h33m, 90 - 低負荷ローラー再開。心肺機能の低下が著しく1時間 漕げない
12/6 - 12/12 : 28km, 185m, 0h50m, 38
12/13 - 12/19 : 66.2km, 549m, 1h59m, 99
12/20 - 12/26 : 115.3km, 1,573m, 3h48m, 183
12/27 - '22 1/2 : 53.1km, 350m, 1h30m, 82 - 正月休暇に入り怠ける

2021年はワクチン接種の副作用による体調不良により、
7月末から練習量が減って行き、
9/20から8週間の海外出張で
海外出張中はプランク ワークアウト(アプリ)や縄跳び(ジャンプロープ アプリ)で30分程度の運動はしていたのですが、
走ってみると特に心肺機能が弱体化しすぎていて年内は復調しきれず。

<2022年>
1/3 - 1/9 : 53.9km, 346m, 1h32m, 78 - 正月は怠ける
1/10 - 1/16 : 159.4km, 1,655m, 4h50m, 245 - 正月から乗る人多くて、やる気が出て来る
1/17 - 1/23 : 223.8km, 2,946m, 8h22m, 416 - 7か月振りに通常練習量に戻る
1/24 - 1/30 : 238.8km, 2,762m, 7h52m, 408
1/31 - 2/6 : 231.2km, 3,770m, 8h32m, 448 - 実走再開(4ヶ月振り)
2/7 - 2/13 : 285.2km, 3,373m, 9h44m, 477
2/14 - 2/20 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - 国内出張
2/21 - 2/27 : 249.4km, 3,172m, 9h33m, 477 - 1週空いても、そこまで弱体化はしない
2/28 - 3/6 : 177.2km, 3,097m, 7h17m, 382 - 3/6にギックリ腰 発動
3/7 - 3/13 : 0km, 0m, 0h0m, 0 - ギックリ腰で走れない
3/14 - 3/20 : 186.2km, 1,724m, 6h22m, 286 - ギックリ腰明けリハビリ
3/21 - 3/27 : 170.4km, 1,486m, 5h24m, 297 - まだリハビリ負荷
3/28 - 4/3 : 206.7km, 2,387m, 6h19m, 346 - ハイパワー出せるかな走行テスト
4/4 - 4/10 : 254.9km, 3,199m, 9h45m, 520
4/11 - 4/17 : 118.2km, 1,260m, 4h4m, 232 - 昇格+残業 増大で困る
4/18 - 4/24 : 215.1km, 2,604m, 8h15m, 408
4/25 - 5/1 : 114.9km, 870m, 3h27m, 196 - 残業多く、Zwiftイベントに参加出来ず困惑中
5/2 - 5/8 : 308.2km, 5,182m, 13h40m, 670 - GWは実走中心
5/9 - 5/15 : 165.2km, 1,317m, 5h33m, 311 - 終始、クリート位置出しに費やす
5/16 - 5/22 : 214.5km, 2,508m, 7h12m, 441 - ZwiftでEMU,NICO ME、実走でヤビツTT
5/23 - 5/29 : 145.3km, 917m, 4h14m, 261
5/20 - 6/5 : 230.6km, 2,198m, 7h19m, 474
6/6 - 6/11 : 126.4km, 826m, 3h39m, 253

2022年は年初からツイッターでフォローしている方々が走りまくっているのを見て、
早々にモチベーションが上がってトレーニングを再開したが、
3月初めのギックリ腰で1週間は全くトレーニング出来ず。
ギックリ腰後の3週間は低負荷トレーニングで様子見。

2021年の富士ヒル以降、
計21週間(約5ヶ月)トレーニングが出来ないか練習量を少なくせざるを得ない時期がありましたが、
それでも今年の富士ヒル前でFTPは3.8w/kgまで上がっており、
自己ベストの"1h17m"が出た。

トレーニングが出来なかった海外出張およびギックリ腰の後に極端に練習量が増えている訳では無いので、
事前に出したFTPはトレーニングを再開すれば割と早く元の状態に戻ると感じました。

よって、トレーニング量の積み上げは大事。

地道にコツコツ。


にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| | | コメント (0)

«🌟スバル レヴォーグ 1.6 GT-S プラウド エディション 購入